脱・植民地根性 | geneumiのブログ

geneumiのブログ

【少数民族の楽園】


テーマ:

脱・植民地根性

 

アメリカンファーストのトランプ大統領。

ロシアファーストのプーチン大統領。

フィリピーノファーストのドゥテルテ大統領。

 

では、集金ペイは何ファースト?

イマイチ中国人民ファーストではないところがミソ。

 

植民地根性が残存するエリアに多くの中央集権国家がうごめいている。

早い話がハザールマフィアの残像に振り回されている国々。

 

 

残像と言っても、実態も少しは残っている。

長年染み付いた慣習がそう簡単に剥がれないのは理解できなくもないが、このような国々の問題は為政者、というよりも国民の側にある。

根強い植民地根性(寄らばなんとやら)が抜けないのである。

 

その最たる国家がNIPPONである。

嗚呼、情けない・・・。www

 

考えるまでもない。

防衛省は墜落だ不時着だ、と言葉遊びをしている場合ではない。

「地位協定」見直しをトランプに突きつけたらどうか?

沖縄の自然破壊をどうしてくれる。

北部訓練場の返還なんて意味が無い。

 

 

地位協定に於ける日本側の主張を認めないなら、どうぞ、出て行ってください。

で、いいんじゃないの?

 

ウジテレビでさえ・・・

 

ま、そんな事をされたら、困るのは奴隷官僚と乞食政治家と、ものもらい経団連のお歴々。

ざまア、見ろ。

 

それ以前の問題もある。

いい加減関東の制空権を取り戻せよ。

横田基地完全返還。

 

制空権、72年ぶりに日本に取り戻す。

どういう因果関係か知らないが、これで茨城県の突風、竜巻は激減する。

 

何しろ、横田に米軍の偉いさんが来る度に、横田周辺の雨雲を蹴散らしている、と、言う噂を聞いた事がある。

すると巡り巡って、東京都東部から茨城県に掛けて、強いダウンバーストが発生する。

太平洋を越えて飛来したお偉いさんの飛行機は雲の切れ間から有視界飛行。

その後は、野となれ山となれ。

 

 

おい、トランプ大統領、いい加減に横田を返し上がれ!!!

・・・くらいの啖呵が切れる政治家も官僚もいないわな~、だって乞食根性まるだしだもの・・・。

 

罪務大臣も情けない。

さっさと詐欺信用創造金融を止めたらどうか?

自業自得の借金で首が回らない振りをして八百長増税、嘘八百。

 

 

テメイらで発議して、圧倒的与党国会で議決したらすぐに可能な煮血銀国有化。

やる気ゼロ。

そりゃそうだ、貧乏神罪無大臣じゃ、逆立ちしても手に負えない。

 

で、ロシアとアメリカの蜜月の陰で中国が暴れだすシナリオ。

そりゃ大変だ・・・。

 

当ブログ管理者はぜ~んぜん心配してない。

何度も言うが、全ては意識がつくっている。

 

中国の軍備(戦闘能力)では太刀打ちできない。

それは軍事専門家なら誰でも知っている。

なにしろ鉄鋼の強さがお話しにならないレベルである。

 

一番分かりやすいのが潜水艦。

お隣の韓国が完璧な潜水艦の設計図をドイツから譲り受けて自力で建造したが、何度修正しても微振動が止まらなかった。

潜水艦が振動を発したら数秒後にはミサイルが飛んで来る。

居場所を絶対に知られてはならないのに、船体の振動が止まらない。

なぜか?

鉄鋼の強度が弱いからである。

 

鉄の強度はニュートンで顕す。

日本やアメリカ、後はごく一部の国の鉄は800ニュートンを上回る。

その他の国はⅠ/3程度の強度。

 

ドウタヌキは1200ニュートン・・・

 

中国が軍事強国なのはロシア製の武器を使っているからである。

しかし、航空機にしろ船舶にしろ、自前でアメリカに対抗できる武器をつくる基礎的な技量がない。

従って、指導者が余程馬鹿でなければ、ロシアとアメリカとの協調路線は変えない。

 

だが、世界には信じられない馬鹿がいる。

安心は出来ないと有識者なる金魚の糞が危機感を煽る。

それが植民地根性の性。

 

安心できないなら、いつもビクビクして生きなければならない。

それは為政者が馬鹿だから。

明日の保証も明後日の希望もない。

裏返せば、そんな阿呆の支配下に甘んじている国民が情けない。

話は至って簡単。

 

脱、植民地根性

 

親世代は植民地根性のまま死にました。

と、子孫に言われたら死んでも死にきれない。

だが、虫けら一匹、心は日本晴れ。

植民地根性をキレイさっぱり捨て去った。


 

トランプでも花札でも持ってきやがれ!

基地なんていらねえよ。

とっとと返しやがれ、この泥棒め!!!

 

実際、この先、戦闘機だの攻撃型空母だのは無用の長物である。

ロシア国境にいくら戦車がいても、ミサイルでパー。

あんなのパフォーマンス。

 

サード?

韓国にミサイル防衛システム、サード?

意味ないじゃん。

 

戦争のカタチはゲームチェンジ済みである。

もはやミサイルの時代でもない。

 

まして、鬼畜米英・竹槍挺身隊・・・。w

 

かといって、次なる兵器を使うかどうかは、地球型人類の意識が決めるのである。

 

今しばらく、世界は緊張を求めている。

なぜなら、20世紀的植民地があちらこちらに残存しているからである。

コイツらを泳がせて、浮かび上がらせて、一匹残らず退治するには、今しばらく時間がかかる。

 

その間、その他大勢が心がけるべきは、1秒でも早く植民地根性を脱ぎ捨てることである。

 

・・・
Mind of the Earth Batangas
【NGO : マインドオブデァース・バタンガス】
https://goo.gl/photos/jdqpimnqk8ssQmkC7


【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html


電子を放出/世界初!空間還元型空気清浄機。
【e-bless】
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html

geneumiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス