GENETOバッジ2020年モデルの発表 | GENETO

GENETOバッジ2020年モデルの発表

GENETOとアーティストとのコラボレーション事業であるGENETOバッジの2020年モデルの発表を致します。

 

13回目となる今回はコンセプチュアルアーティストをされている大野涼菜さんをキュレーションしました。

 

GENETOバッジを毎年作っている理由は、大きく二つあります。

一つ目はアーティストの発掘事業としてです。

老若男女に関わらず、多くのアーティストが世界中の様々なフィールドで活動しています。そんなアーティストの作品をGENETOを媒介として、少しでも多くの人々に知って頂ければという願いからです。

二つ目はGENETOバッジのテーマともなっている「GENETOの女神」に込められています。それは、我々の仕事は多くの女性の支えによって実現している事が多く、今日のGENETOがあるのは色々な場面で力を貸してくださった多くの女性が居られたからに他なりません。

そんな女性への感謝の意味を込めています。

 

以上の理由から、13年目になりますが今年もGENETOバッジを作る事にしました。

 

 

 

【アーティスト コンセプト】

神話においての女神といえば一番にアフロディティーが挙げられます。

アフロディティーは性に奔放な女神でしたが、愛の象徴として描かれています。 (とはいえ、アフロディティーは聖母マリアのような母性としては描かれていなく、性、愛、嫉妬心、親子愛、試練、支援の生々しい物語が描かれました。)

 

舞妓、花魁、白無垢、シンボリックな3つの姿は、日本のアフロディティー として女性の性愛をイメージすることができます。 そのストーリーには、思春期のあどけない愛くるしさと美しさがある少女を、駆け引きや嫉妬、欲心に塗れる耽美な遊女を、新しく生まれ変わり嫁ぎ先で生きていく女の覚悟、潔白の顕れである聖女としての姿があります。

「GENETOの女神」というテーマに対して、女性神話として、女性を深く掘り下げた姿を女神として表現できればと思い、少女、遊女、聖女の3つの姿を描きました。

 

また、「GENETOの女神」のコンセプトは、女性が大きな存在となってGENETOは支えられているという思いを込めて、「女神」となっているということなので、その女性が、GENETOにおいても、女神のような側面を見せる瞬間は、愛嬌のある少女のような姿であったり、自分を犠牲にしても仕事を貫く遊女の姿であったり、環境に柔軟に適応できる聖女のような姿があったのではないかと想像しました。

 

また、最初のミーティングの時にGENETOは性的な話もしていて、歴代のアーティストの方々も、性をテーマにバッジ制作されていることを教えていただいた部分から、性と愛の神話を持つアフロディテーを日本の舞妓、花魁、白無垢で表現できないかとも着想しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

【プロフィール】

 

大野涼菜

1993 富山県生まれ

2016 京都造形芸術大学 美術工芸学科総合造形コース 卒業

2013 「あぁとになりたい展」藝育カフェSankaku(奈良)、ワークショップ「わたしあぁと」、「泥の遊園地、WSわたしあぁと」INAX ライブミュージアム(愛知)、「わたしとあぁと展」Ort Project(京都)

2014 「京都造形大学精華大学合同展示」けいはんな水景園(京都)

2015 「総合造形三回生展」marronnier(京都)、京都大学フィールド科学教育研究センター芦生研究林シンポジウム「森とアートの接合面」、「のせでんSOCIAL ART WAVE」FMcocolo765

2016 京都造形芸術大学卒業展

2017 「アートストリーム2017」(グランプリ賞、NHK大阪放送局賞)大丸心斎橋店(大阪)

2018 「第23回NHKハート展」全国巡回展、「アートストリーム2018」(前年度受賞招待作家)大丸心斎橋店(大阪)

 

大野涼菜website→https://ryona-o.jimdofree.com

 

 

///////////////////////////////////////////////////////
過去のGENETOバッジ

2008年モデル/ジャパンメディアプロダクツ:サイトウジョウイチ ←

2009年モデル/クリム兄弟社:GUSTAV KLIM ←

2010年モデル/ポム企画:高木み江 ←

2011年モデル/佐川綾野 ←

2012年モデル/Chris Macarthur(クリス マッカーサー) ←

2013年モデル/紗英 ←

2014年モデル/Antoine Poupel ←

 

2015年モデル/TSUTOMU NAGAI

 

2016年モデル/松永亨子

 

2017年モデル / 高村総二郎

 

2018年モデル / FRY FACE

 

2019年モデル / Luchina Olga