打ち上げ花火騒動のドサクサにまぎれて | 現代日本鳥瞰図

打ち上げ花火騒動のドサクサにまぎれて

打ち上げ花火騒動のドサクサにまぎれて



現代日本鳥瞰図


【ワシントン=柿内公輔】環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への日本の交渉参加問題をめぐり、米国が日本の郵政民営化見直しに不満を募らせている。完全民営化路線の後退で、米保険業界の参入が一層阻害される懸念を強めているためで、日本の交渉参加に大きな足かせとなる恐れが強まってきた。


http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120411/fnc12041117430017-n1.htm


北朝鮮の“打ち上げ花火”のニュースで大騒ぎですが、世界のニュースを見てると騒いでるのは日本だけw


隣国の韓国でさえ冷静です。


世界にとってはどうでもいいニュースってことです。


国内ではそのドサクサにまぎれて、日本国民すべての生活がかかってる重要な案件はほとんど報道されないですね。


郵政民営化改正案がまさにそう。


国民の虎の子の郵貯マネー350兆円がまんまと米国に収奪されるかどうかの瀬戸際で、


国内ニュースはくだらない北朝鮮の花火騒動一色・・・・ほんとすごい国です。


おそらくは・・・・


花火打ち上げ→ドサクサまぎれで原発再稼動&騒ぎに隠れてこっそり「郵政英米化法案」が採決


となります。


国民のためにならないことは100%確実に実行する野田ぶた内閣です。