流れ

テーマ:
機運に乗る

導かれている運命の流れ

その流れを掴むのも
あえて遠ざけるのも
結局は自意識から

自己を承認してあげること

前へ進んでもよいと
自分自身へ許可を与えてあげる

わたし自身にその許可を
与えてあげることによって

自然と流れは進み始める

本来の生き方を模索していて
滞りのある状況にあるなら

きっとそれは、留まっていたい
という想いがあるから

先へ進んではならないという
鎖があるから、そうなっている。

今ある状況を明確に可視化する。

そして、辿り着きたい場所を
具体的にヴィジョンとして
捉えることによって

もう、迷わずに前へ歩みを進めることができるはず。

壁は乗り越えられるから
わたしに用意されている試練。

その壁を乗り越えよう!
という思いがあるか、ないかで

ほんとうの道がひらかれる。

暗闇のなかでさえ
その、状況にいまあるのは何故か

それは、望んでいるから
もしくは、それを体験することによって

先へ進んだときに
あの経験があったからこそ

いまを、感謝できる。
という贈り物

であったと、気づけるはず。