柴犬「げん」とのお気にな暮らし

 初めて一緒に暮らした柴犬「げん」と暮らす毎日は、驚きや、癒しや、切なさなどいろいろな感情を沸かせてくれる日々。
散歩でみる風景や、趣味のフラワーアレンジメント、手作り雑貨のことなど毎日の出来事をつれづれに・・・・記していきたいです。


テーマ:
 げんが去年虹の橋を渡ってから、本当に寂しい日々を過ごしました。幸季節も寒い冬、引きこもるにはぴったりの季節で、ただただ編み物をして過ごして居ました。

  その子が保護された時から気になって居たこゆきという女の子の柴。横顔に少しげんの面影を見るような気がして、1月からずっとInstagramで見て居ました。年齢も推定10歳、病気もありそう、私、手をあげる勇気があるだろうか、まだ早いだろうか、色んな気持ちが毎日ぐるぐるしながら、かわいい子だからキットもう里親希望の方が出てきてるんだろうなんて、そんなこと思いながら…


 本当にひょんな事から、2月のとある日に、こゆきを保護してくださった方が、私のInstagramにコメントを入れてくださいました。げんのこと今気付きましたと。お悔やみの言葉をくださいました。そのお返事から、話がこゆきのことになり、里親に立候補することになりました。

こゆきは乳腺腫瘍を切除する手術をしてもらっていたので、その抜歯を待って、先月の15日にお見合いをしに、岐阜県まで行ってきました。

 京都に帰る時の車の中です。
{A32DA730-C77B-40E9-BBCB-8ACFD09BAA54}
こゆきは車に凄い執着があって、どんな車も乗りたがります。

 この日、京都に帰るととてもきれいな虹が見れました。
{6F63FA68-69F5-4E3D-B12B-18A8F351D2C8}
もしかして、げんが見せてくれたのかなぁ、こゆきを迎えて良いよって。


{632C657C-91C6-45E8-8797-E91D015C3BC6}

{87A833C4-0A79-4AE1-9588-E0D73A9C7EC0}

先週にはひるがの旅行にも連れて行きました。
{68AEFC83-7393-4D6E-B093-8C8E1E2FB062}

こゆきは迷子で保護されたようなので、本当にどんなお家で育ったのか、などわかりませんが、

とても人懐こく、お利口で、何も困らされることがありません。申し訳ないくらいです。

うちに来た頃と比べると表情も柔らかくなって来ましたが、まだ無邪気な笑顔は見られないです。

こゆきが本当にリラックスして、笑顔になる日をゆっくり待ちながら、一緒に暮らすことに慣れて行きたいなぁと思っています。

皆さま、またこゆきのこともげんと同じように可愛がってやってくださいね、よろしくお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 げんが虹の橋を渡って、そろそろ2週間。

げんがいないことになれてきたような、そうでないような不思議な日々を送っています。

 

 たくさんの方に、げんのこと忍んでいただき、励ましの言葉をいただいています。ありがとうございます。

 

 今日は、9月のお彼岸の頃の最後の旅行について書きたいのですが、

 

そう、今思えば・・・ということが予兆としてあったのかもしれないです。

 

 今年の夏は暑かったし、おまけに、引越しをして散歩道がとても暑いアスファルトの道が多くなったこともあり、散歩を早く切り上げる傾向にありました。

 涼しい夕方や夜にはたくさん歩きたがったりしたので、暑いからなんだろうな、という程度にしか感じられなかったのですが、散歩が大好きなげんがそんなことになるのは、今から思えば、相当しんどかったのかもしれません。

 

 8月にもげんのお誕生日のあたりに、岐阜のひるがの高原に旅行に行きましたが、9月も行けたら行きたいね、ということだったので、いつもお世話になる別荘のオーナーさんと決めていた日程で、出かけました。大きな台風が近づいてきていたので、最後まで、出るかどうしようか迷いましたが、天気予報とにらめっこで行くことになりました。

 

 

到着したのが夜で、げんは疲れてすぐにムートンの上で寝はじまました。

 

翌日は雨も上がり、朝の散歩を、と思いましたが、以前は別荘の周りを1周する結構なアップダウンのコースを毎回歩いていたのですが、夏の時、今回とすぐに引き戻るような感じで、とうとう、今回はコースを歩き切ることはありませんでした。

 

 それでも私たちは、出かけたりするたびに、台風の風が落としていった柴栗を拾うことができて、

 

思いがけず、栗ご飯を食べることができたり、

 

囲炉裏端で夕食に、飛騨牛のしゃぶしゃぶをしていたら、嬉しそうにしていてくれたり、げんも私たちもいつものように楽しく過ごしたのでした。

 

 2泊3日の最終日、帰路に着く前には、いつも夏の楽しみ、鮎をいただく川小屋さんでうなぎや鮎雑炊を今年最後でいただいちゃおうと・・・

 

 蕎麦の花咲く里山の風景の中へ車を進めました。

 

 

ここは、げんも私たちがご飯をおただくお部屋の外に繋げていいとおっしゃるので、

 

お料理ができるまで、長良川沿を散歩したり、こういうところはどんどん歩いてくれました。

 

 美味しい鰻をいただいて、

本当に、いつものように旅をしました。

 

また、11月に、冬支度に行こうね、と約束して。

 

その約束は、もう守れなかったけど、げんはもうこのころはそこそこ腫瘍も大きくなってきて、しんどかったのかもしれないし、無理をさせたのかも、と思うと辛いのですが、

 

飼い主の勝手かもしれないけど、夜ご飯の時には、嬉しそうに構ってもらおうとしたり、長椅子に飛び乗って見たり、元気な姿の思い出をくれました。

 

 元気がないこと、老化の現れなのか、病気なのか、判断本当に難しいです。

 

 それでも、気づかず普通の毎日を最後の最後まで、ほぼほぼさせてくれたげんは、なんて親孝行な子なんでしょう。

 

 私たちとげんの場合は、年齢も持病もあり、早めに病巣に気づいても、手術に踏み切れなかったかと思うと、気づかずいたことが良かったのかもと思えますが、

 

もし、健康なわんちゃんが、急に歩きたがらなくなった、とか、食欲がなくなったとか、老化と見間違いやすい状況になったら、早めに健康診断されることをお勧めします。

 

何となく、見逃してしまったこと、結果は同じだったかもしれないけれど、やはり心に残りますから。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。