11/21夕マヅメ狙いで泉南・貝塚周辺へ釣行しました。前回泉大津では結構カタクチイワシが入っていたので、私のホームの泉南エリアでもそろそろタチウオが釣れてるかと思ったのですが、昨年に続いて全く入ってません。サヨリが4尾、サバ6尾、アジ1尾の貧果でした、まぁ夕飯には十分でしたが…。

 



 ポイントはよく行く貝塚の通称「年金波止」、大手釣具店の釣果情報なんかには載らない小場所で、釣り人はほとんど地元の爺ちゃんたちなのでこう呼ばれています(笑)。午後3時頃到着、サビキとサヨリ狙いの方がほとんどですが、サビキには音沙汰無いようです。お隣の常連さんに伺うと「サビキはここんとこアカンわ、サヨリはぼつぼつやなぁ…でも今日は群れが小さいわ」とのこと。とりあえずサヨリ仕掛けを準備して開始します。

 



 時折サヨリがライズするので居ることは居るようですが常連さんが言う通り群れは小さい様子、仕掛けを投入してもサヨリが集まってくる波紋が見えません。6人ほどサヨリ狙いの人がいて一斉に投げているのですが、代わりばんこにアタリがある感じです。型自体はまぁまぁ、25㎝クラスです。お隣の常連さんは朝からやって30尾ぐらいとのこと、粘ればそこそこ数も釣れるようです。

 



 午後4時半をまわると薄暗くなり、サヨリのアタリも途絶えたのでタチウオ狙いに切り替えます。常連さんによると「たっちょが釣れとる様子はないなぁ、でもサバは時々大きいのん来るで、40㎝ぐらいあるさかい面白い」とのこと。まぁこの際サバでもええか…見渡すとサヨリ、サビキの方はほとんどお帰りになり、夜釣りをする人は3人ぐらいのようです。去年もこんなんやったなぁ(ーー;。

 



 タチウオのウキ釣り仕掛けを投入してサヨリ仕掛けを片づけていると、目を離している間に餌が無くなっています。今度はじっとウキを注視していると、ツンッ、ツンッと動いたり一瞬消しこみますがすぐにウキが立ってしまいます。上げてみると餌のイワシがズタズタ、タチウオならスパッとキレイに切っていくので、どうやらサバのようです。

 



 ようやく掛け合わせたらやっぱり20㎝ぐらいの小サバ。サヨリだけじゃオカズが足りないのでキープ。餌を付け替えて投げ込むと今度は珍しくスーッとキレイにウキが入るアタリ…なんだけど引きがサバじゃない…?上げてみると、アジ!?しかも15㎝ぐらいの小アジです、こんなサイズのアジもイワシを食うんだ…しかしイワシって魚へんに弱いと書きますけどサビキで釣られちゃう仲間の小アジにまで餌にされるとは弱すぎでしょ(笑)。なるほど、タチウオ釣りしてる時小アタリで餌を取られる犯人はサバだと思ってましたが、アジも意外な犯人なんですね。

 



 しかし小アジ、小サバとて侮れません、実に上手いこと針を避けて食っていきよります(笑)。タチウオなんかは割と誘いを掛けてやると乗ってきてくれるんですが、サバは餌を咥えたところを掛けあわせないと乗りません、つい意地んなって遊んでしまいました(笑)。サビキやったら釣れるのではと入れてみたんですがサビキには全く反応せず、イワシの身エサにばかりアタります。ということは、今年も去年同様プランクトンが少なく、イワシが来ないからタチウオも入らないって事なのかな?午後9時過ぎまで粘ってみましたが大サバはなし、タチウオらしきアタリは一度もありませんでした、全く居ないようです。

 去年は紀北エリアではタチウオ好調でしたが今年は紀北方面も不調のよう、狙いモノ、狙い場所が見つかりません。代わりに今年は早い時期から余呉湖のワカサギは好調な様子、そっち行くかな~、でも遠いんだよな余呉湖(ーー;。悩みます。