こんにちは。
日本ジェモセラピーカレッジです。


日本ジェモセラピーカレッジは、
本場フランスのジェモセラピー研究所と提携しており、
充実したカリキュラムで学ぶことができる日本で唯一のカレッジです。

 

 

image

 

 

日本では「ジェモセラピー」はまだまだ知られていませんが、

先日、講座受講中のセラピストさんがフランスに行かれた際のお話を聞かせてくださいました。


この方は、ジェモセラピーのほかにも、アロマやフラワーエッセンスなどの様々な植物療法にも精通していらっしゃり、

毎年フランスに行かれては、Herboristerie(エルボリストリー)と呼ばれる薬草専門の薬局を何件か見てまわられるそうです。


そんなフランスでの様子をうかがうことができましたので、皆さまにもお伝えしたいと思います!

 


--------------

<フランスに行かれたジェモセラピストさんのお話>


ジェモセラピーは私たちが思っている以上に、フランスでは一般的。


ヘルシーショップに行ってサプリを買うように、
フランスの人たちにとってジェモセラピーは、
生活に馴染んでいる植物療法のひとつになっている。


エルボリストリー(薬局)では、
アロマ(精油)を置いている範囲が少なくなってきて、
ジェモセラピーが伸びているのを去年も思ったけど、
また今年も感じました。


メディカルアロマでは対応しきれない症状を、
ジェモセラピーで対応するというように、
フランスではすごくポピュラーな植物療法として
使われているんだなと思いました。


-------------


提携先であるアカンティス研究所を設立したジェラルド・ドゥセル博士も、

アロマも勿論良いが、ジェモセラピーはより普段使いできるということ。

 

また、つぼみ・新芽の部分をいただくので、
植物全体を伐採することはなく、
環境にも地球にも優しいんだよというお話もされていました。

 

image


日本ジェモセラピーカレッジでも、
ジェモセラピスト向けブラッシュアップ研修として2019年4月よりフランスの研究所にて、ジェモセラピー研修を予定しています。

植物博士や植物療法士たちに直接学び、実践をします。

 

ジェモセラピーカレッジHP