任天堂『ニンテンドーDSi LL』発表 | げむげむまにあ~ゲームニュースにツッコミを~

任天堂『ニンテンドーDSi LL』発表

ニンテンドーDSi LL公式サイト より


げむげむまにあ~ゲームニュースにツッコミを~


任天堂はニンテンドーDSiのバリエーションとして『ニンテンドーDSi LL』を発表しました。

発売日は2009年11月21日(スーパーファミコンと同じだ!)。

価格は20,000円となっております。


カラーバリエーションは「ワインレッド」「ダークブラウン」「ナチュラルホワイト」の3色。

大きな変更点としては以下の通り


・画面の大きさが大きくなった。(NDSLite=3.0型/NDSi=3.25型/NDSiLL=4.2型)

・視野角が広くなった。

・DSiウェアを3本内蔵。

・2種類のタッチペンが付属。


以上です。


【ツッコミ:よくできました】

正直なところ拍子抜けな感も否めません。

個人的にはNintendoDS2が発売されると思っていたので。


今回のNDSiLLは任天堂側からのプレイスタイルの提案ですね。

ズバリ!これまでよりも快適なプレイ環境の提案です。

また、内蔵ソフトが脳トレ系であることや、カラーバリエーションもシックなラインナップであることから

大人に向けた提案であることが推測出来ます。(今回のハードは子供の手には余るサイズだと思いますし。)


先日の日経新聞の報道で「iPodTouchに対抗して」というくだりを散見しましたが、

大人向けの新ハードであることを考えると、少なからず意識していると言えるかも。

ただ、個人的な話ですが、iPodTouch、iPhoneのユーザーは

既にこれらの機種がライフスタイルにしっかりと根を下ろしていると思うんですよね。

iPod+1の「1」の部分をNDSとPSPで争うかんじです。


過去の任天堂ハードのリリース直後の動向から推測するに、年内は品薄感が続くと思われます。

欲しい方は可能な限り予約をオススメします。