『私はコレをしたら絵が描けるようになった!』 〜はじめてのお絵かき〜 | お絵かきサラリーマン三葉ヒロの「月刊328(ミツバ)」

お絵かきサラリーマン三葉ヒロの「月刊328(ミツバ)」

某スーパーマーケット本社勤務。インハウスデザイナー的なことをしている三葉ヒロ の、日々の出来事。
たまにイラスト載せてます。

漫画、イラストの無断複製、転載を禁じます。


もくじ




────────────

~はじめに~

①『好き』『楽しい』の感情を持つことが大事。

②トレーシングペーパーで遊ぼう。

③模写して遊ぼう。

④オリジナルのイラストを描こう!

⑤目から情報収集。

~さいごに~

────────────


~はじめに~



絵を描かない(描けない)とどうなるか。


絵が描けなくても、日常生活において何ら支障はありません。

絵が描けなくても、誰にも迷惑はかかりません。



絵を描く(描ける)とどうなるか。


絵を描いていると、夢中になりすぎて寝不足になることがあります。

絵を描いていると、目が疲れたり、長時間座るのでお尻が痛くなったりすることがあります。

絵が描けると、学校、職場、自宅でのコミュニケーションツールの一つとして役に立つことがあります。

絵を描くことでストレスを軽減させる効果があるそうです。



絵は、自分自身が『楽しい』と感じるだけでなく、人に喜びと興奮・感動を与えることもできます。



絵が描ける人と、描けない人との違いはなんだろうか。

特別な才能?教育?



漫画、アニメ、映画など。
それらの『娯楽』を作った人たちは、生まれたときから出来たわけではありません。


みんな、ほぼ同じところからのスタートです。

親や兄弟、環境によって「センス」「才能」の種が植えられ、
その種をどのように育てるかがカギとなります。





これから、絵を(イラストを)描いてみたい、そんな方に是非読んでもらいたい。

この『私はコレをしたら絵が描けるようになった!』では、自作の簡単なイラストをそえて、私のこれまでの経験を若干コミカルにお伝えしていきます。

※私のブログ『月刊ミツバ』で紹介した内容が一部含まれています。



みなさまの中に眠っている才能の種、またはこれから植える種が、成長し花を咲かせられるように、
その切っ掛けになれば良いなと思って書きました。





2019.8 三葉ヒロ






①「好き」「楽しい」の感情を持つことが大事。




好きだからする。楽しいからする。
という人は、知識を吸収しやすく、キツイことだって続けられますし、長い年月をかけて取り組むこともできます。

(やりたくてやっていることなので)

『好きな気持ち』が強ければ強いほど
継続が可能になります。

続けていくうちに、慣れてきて、
出来なかったことが出来るようになります。

続けていくうち、壁にぶち当たることもあるでしょう。
辛い時もあるでしょう。苦しい時もあるでしょう。

でも、「好き」「楽しい」この感情がある限り辛い時を乗り切ることも、壁に立ち向かうことも出来ます。


天才と呼ばれている人達は、
きっと私たちが思っている以上に絵を描くことが大好きで、尋常じゃないほど何枚も絵を描いているのかもしれません。



どうすれば「好き」「楽しい」という感情が生まれるのか。

私の場合は、やっぱり環境。
人とのつながりでした。