お腹の痒みも落ち着いたので(タイツの締め付けも助長させてたな~)

面倒な日や今日は気分転換♪って日はシャンプー使うように。


ただ、眠くてパパッと終わらせたい。けど、なんだか肌が不安定だなぁ~

って日は直接洗浄剤が付かないように、お風呂前にワセリンを薄く塗って保護してから

シャンプーを使うようにしてました。


一応、シャンプーもそれなりに気を使った基材のシャンプーではありますが、

界面活性剤には変わりません。

お肌が強い人は何を使っても大丈夫です。反応しません。


ただ、肌の弱い人、不安定な人は同じように使うと反応が出ちゃう。

これは無添加石鹸であっても、です。

石鹸も「界面活性剤」には変わりません。洗浄剤です。


通常、お肌には「常在菌」がいて外敵からお肌を守ってくれています。

お肌は皮脂や汗で弱酸性に保たれています。

そして、菌は弱酸性の環境でしか増殖できません。


菌は私達の皮脂や汗を食べ、ぷりっと排泄しています(笑)

酸性物質を排泄する事によって量産し、私達の肌(自分達の住処)を守っているのです。

不思議なことに、病原菌は酸性の環境では増殖できないんだそうです。

(上手くできてますなぁ~)


私達と常在菌は共存関係にあるのですね。


常在菌は洗浄により洗い流されてもしばらくするとどこからともなく現われ、

またせっせと酸性物質を量産し、増殖するのです。


その常在菌はどこにいるのか?

毛穴の奥というシェルターにいて、表面の奴等が流された後にまた出てくるのです。

一時期、「毛穴の中に潜む顔ダニを滅殺!」とかって酵素洗顔が流行りましたよね~。


この、常在菌との共存仕組みが分かっていればそれがどんなに恐ろしい事か分かると思います。

お湯で洗うだけでも流され、洗浄剤でも一掃される常在菌。

そんな洗浄力が強いもので洗えば・・・復活するまでにかなり時間がかかってしまう。

(皮脂や埃などを洗い流す際、多少残っていると増殖しやすいらしいです)


その間、お肌は無防備っていっても過言ではない?のか?

お肌は外敵から内部を守る役目があるので、かなり驚異的な回復力を持っています。

なので、ほおっておいても復活はしますが、お肌に相当なダメージを与える事は想像に難しくない。


体やお肌の仕組みはそのままで、手を加えなくてもパーフェクトな状態に作られているって事なのね。

(特別に何の疾患もなく、通常(健康)の状態での話ですが)



湯シャンに切り替え、顔も手ぬぐい洗顔のみ(石鹸は一切使いません)に切り替えて気付いたこと。


数日たったある日、鏡を見ててふと「あれ?」と。


鼻の毛穴の黒ずみがかなり減ってる!

あまりに興味深かったので、その後の経過も観察。

そこに、角栓でお肌がザラザラした場合に推奨されている方法も付け加えてみました。


それは、お風呂に入って充分に毛穴が開き、お肌がやわ~くなったら、
やさし~く優しく指の腹でこするか、手ぬぐいでこする。

ここでのポイントはあくまで優しく。

取れない角栓は決して無理して取らないこと!

(無理に取ると赤くなるうえに、まだ剥離する時期じゃない角質も取れてしまいます)


毎日するわけじゃなく、そろそろ溜まったかな~?と思った頃に。気ままに。

かーなーり!頑固で、オイル(もちろんピュアオイルです)で角栓お手入れしていた頃でも

なっかなか取れなかった小鼻の黒ずみすらも、早い期間で確実に取れてます・・・。


今までの努力って・・。


もちろん、全て綺麗に取れたわけじゃないんだけど、明らかに減少。

一番スッキリしたのは、先述のように小鼻!!

側面だもんで押し出すこともできないヵ所ですよ。

(もちろん押し出すこともダメです・笑)



いや~・・・思わぬ副産物。

ちょーっとクセになりそうです(笑)



では(唐突に)、また!ちび顔

眠いす・・。



王冠 chiwacorone 王冠