夜回り先生・水谷修さんのホロスコープを読む | 【大阪】占星術未来創造カウンセリング

【大阪】占星術未来創造カウンセリング

西洋占星術カウンセリングを大阪市内サロンにて行なっております。
ブログ内コメントにて無料で占星術をしています。

夜回り先生で有名な水谷修さんが、「もう疲れました」「さよなら」とご自身のホームページも閉じることを宣言されており、かなり心配されています。
 
いったい夜回り先生に何があったのか?
 
ガンは克服されたようですが、うつ病では?と心配の声が上がっています。
 
水谷修さんのホロスコープは、太陽が牡牛座なので、地の男です。
 
やはり牡牛座ということで、結果にこだわる。
 
自分がやってきた実績の結果が重要。
 
結果がどうにかならないことが今回の「もう疲れました」につながってしまったのか?
 
牡牛座の太陽と水瓶座の火星がスクエアなので、夜回り先生は攻撃的であり、テレビで見てても、ケンカっぽい議論をよくされてた記憶がありますが、このアスペクトの影響でしょう。
 
でも、太陽火星スクエアがあるからこそ、闘争心にあふれて夜回りをやっておられたのでしょう。
 
牡牛座の太陽と獅子座の木星がスクエアなので、人生の方向性が思わぬ方向へ発展していくので、夜回り先生という、かなり変わった存在へと発展していったのでしょう。
 
太陽のアスペクトはこの二つのスクエアのみなので、葛藤ある太陽であり、波乱を含んでるので夜回り先生っぽいですね。
 
獅子座の冥王星と牡牛座の太陽はぎりぎりスクエアにはなりませんが、オーブ9度だとスクエアになります。
 
木星は獅子座で冥王星とコンジャンクションしてますし、冥王星のスクエアの影響が太陽にも出てるのかもしれません。
 
壮絶な人生、ということですね。
 
獅子座での木星と冥王星のコンジャンクションも、尊大な態度とかを表し、夜回り先生はかなりコワモテです。
 
そんな強烈な夜回り先生が疲れてしまった・・・
 
心配です。
 
おそらく、今の日本、子どもたちの嘆きがすごいのでしょう。
 
その子どもたちの嘆きを一手に引き受けていた夜回り先生は、もう心身ともにボロボロになってしまわれたのでしょう。
 
今の日本、夜回り先生のように徹底した奉仕精神で世直しをしようとするような人が減ってきてる。
 
夜回り先生ひとりの力ではもうどうしようもなくなったのかもしれません。
 
日本の学校は今や心の戦場です。
 
夜回り先生のように、子どもたちに寄り添う大人がもっと増えないと、もう夜回り先生だけでは無理。
 
ちょうど今土星期で、土星は射手座なので、まさに教育に関わっていく晩年。
 
射手座初期度数の土星が獅子座終わり度数の冥王星とスクエアなので、今の土星期の壮絶な葛藤が夜回り先生にきてるのかもしれません。
 
ちょっといったん休んでください。
 
頑張りすぎてこられたのでしょう。
 
なんとか夜回り先生の意志を継ぐような人々が出てきてほしいものです。
 
ボロボロになった夜回り先生。
 
しかし、夜回り先生がやってこられたことは誰も忘れない。
 
ここで休んでもいい。
 
休むことで、何か変化が起こるかもしれません。
 
今はお体を大切にしてくださいね。
 
ペタしてね