読みました。『余命三年時事日記Vol.8 五十六パパかく戦えり上』 | ナニワの激オコおばちゃん(ミラーサイト)

ナニワの激オコおばちゃん(ミラーサイト)

わたし、大阪のおばちゃん。私は今、怒ってるねん。世の中、おかしなことだらけや。

http://gekiokoobachan.blog.fc2.com/blog-entry-317.html

こちらは上記のミラーサイトです。

 

余命三年時事日記8

 『余命三年時事日記Vol.8 五十六パパかく戦えり上』読みましたよ。この本は一般書店では発売されてません。同人誌?みたいな扱いなので、直接注文になります。注文用フォーマットを付けておきます。基本的には余命ブログで書かれていたことがベースになっていますが、ブログだけではわかりにくいことが、わりとまとめて書かれてます。川崎市で行なわれた一昨年平成28(2016)年6月5日の「日本浄化デモ」、および翌平成29(2017)年7月16日の「共産党に反対するデモ」のことです。

 

 五十六パパというのはこのデモの主催者です。ずいぶん前からいろいろと活動をされているようです。在特会との関係は、、、ようわかりません。私はまだ覚醒して4~5年ですが、そもそも拡声器を使ってがなり立てるデモが右でも左でも大嫌いやったんで、昔のことはよう知りません。ただ、いわゆる「ヘイトスピーチ法」が平成28(2016)年5月に成立したことで、「朝鮮人、出て行け!」とか「韓国人、○ね!」とかゆうたらあかんことになったと。せやからサヨクの人たちは勢いづいて、以前に在特会でデモしてた人たちを標的に、そのデモを妨害しようとしてきてたようです。

 

 余命が取りあげてる川崎デモは、五十六パパさんとかがちゃんと届けを出して「日本浄化」とか「共産党反対」とかを言うデモをすることに対して、反対派がいわゆる「カウンターデモ」をするために、阻止するための集団行動を呼びかけて無届けで人を集めたわけですね。そこに有田芳生議員とか福島瑞穂議員とかも参加して「シットイン」という、道路に座り込むようなやり方でデモを実力で妨害してたと。その映像はネットにもいっぱい流れてました。そして何と川崎市や神奈川県警の中の公務員が、どうもあちら側の味方をしてるんとちゃうか、というところまで行ってるみたいです。

 

 つまり、公務員の側にも朝鮮人勢力が浸透してしもてるんとちゃうか、ということです。それを暴くために近々、裁判が始まるようです。証拠はわんさかとあるようですが。果たしてどうなることやら。暴力だけは絶対やめてほしい、といつも思います。戦後の日本は暴力で脅され続けて来て駅前の一等地を奪われました。また、いまだに拉致された人たちさえ取り返すことができてへんねんからね。ホンマに日本を浄化してほしいわ。

日本を浄化しよう!と思う人は(思わなくてもww)クリック!⇒
人気ブログランキング