風呂上りに、一息つこうと、ふと、布団に入ってしまい、あまりの心地よさに、何もしたくなくなり、後悔しかありません。

あー、出たくない、歯を磨いたりしなきゃいけないんだけど、あー、もう無理、なぜなら布団が俺を掴んで離さないから。

あー、外は寒いから、ここから一歩も動きたくない。

布団の中に洗面台があったらいいのに。

世界を布団で覆ってくれよ。