洋服が好きだと思う。

服を選ぶのが好きだし、自分で納得の行くコーディネートが出来た時は一日中気分がいい。

何気なくいつもとは違う合わせをしたら、案外、というかかなりいいんじゃね?みたいな偶然の出会いも最高。

ここぞという時にはお気に入りの服で出かけるし、本番初日にしか着ない服もある。

服も靴もいっぱい持っているので、何年も着ていない服、履いていない靴もある。

特別な日に履こうと思ったまま履いていない靴が4足ある。

この前一年前に買ったマルセルブロンの靴をようやく履いてみた。

ちょっと前に流行ったリックのジオバスケットとナイキのエアフォースワンを組み合わせてソールを厚めにしたような感じのスニーカーだ。

嬉しくて、無意味にうろうろしてみた。


勿体無いから使えない、というのは1番勿体無い。
大事だから、とっておく、というのは1番大事にしていない。


昔から思うのは、俺は洋服が好きなのか、洋服を買うのが好きなのか、という事だ。


出し惜しみせず、いろんな服を着よう。