埼玉県飯能市の山中で犬の死骸(しがい)が大量に見つかった事件で、県警生活環境2課などは7日、廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いで、同県三芳町藤久保、動物葬祭業阿部忍容疑者(71)を逮捕した。
 同課によると、阿部容疑者は飼い主から引き取ったペットの火葬を別の業者に依頼することにしていたが、「火葬料金を浮かせたかった。悪いと思いながら投棄してしまった」と供述、容疑を認めているという。同容疑者は1983~99年の3期にわたり三芳町議を務めていた。
 現場からはポリ袋に入れられたマルチーズやシベリアンハスキーなど約100匹の死骸が見つかっており、県警は阿部容疑者が関与したとみて調べている。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕動物の赤ちゃん
山中に犬の死骸100匹=ペット処理業者、不法投棄か
「脳トレ」で高齢者事故防止=出張講座、「ゲーム感覚」好評
分散飼育のトキが産卵=石川
旭山動物園名誉園長が退任=「野生動物の保護に携わりたい」

鳥取不審死、上田美由紀被告を8回目逮捕(読売新聞)
個人情報5人分 ケアマネが紛失(産経新聞)
日本人死刑執行、疑問・懸念で対中感情悪化も(読売新聞)
<皇室>悠仁さま、お茶の水女子大付属幼稚園に入園(毎日新聞)
<ODA有識者会議>座長が役員の法人、外務省から事業受注(毎日新聞)