G'CLUB TOKYO ”茶水の散歩道"

G'CLUB TOKYO ”茶水の散歩道"

日本唯一のギブソンギター専門店、G'CLUB TOKYO(御茶ノ水)のブログです。入荷情報から裏話、よもやま話まで幅広くお届けしてます。


テーマ:

ナッシュビル工場にて現地選定したギターの数々。

木材を厳選して直接オーダーした物、完成品の中からピックアップした物等など色々とございますが、ここでは特にレアなモデルのみを集めて紹介致します。

選んできた藤川本人の言い訳お薦めポイントも一緒にご覧下さい。

当店特集HPはこちら

 

Custom Shop 

Modern Flying V

Ebony Prism

-完成品選定-

税別¥398,000

 

 馬鹿馬鹿しい程格好良い、阿鼻叫喚なルックスを誇るこちら。

 何処へ飛んで行こうとしているのか伝わりきらないこの流線型。

 そして、銀河をイメージしているとしたら頷くしか無い、玉虫色のラメ。

ボディーカラーに合わせてわざわざ特注したガンメタの金属パーツとの完璧なハーモニー。

 『何歳になっても尖っていたい』と思わせてくれるギターです。

 

『Modern Flying V』特集ページはこちら

商品ページはこちら

 

Custom Shop 

1959 ES-335

Brunswick Blue Sparkle

-完成品選定-

税別¥598,000

 

 ナッシュビルカスタムショップ工場にて見付けてしまったこちら。

 先のFlying V同様、ダークブルー系のスパークル。335の持つ大きなボディーのキャンバスを銀河の輝く宇宙の様に染め抜かれた様を見ると、彼女じゃなくても『2023年には月旅行に行きたい!』と思ってしまいます。

 実際は宇宙がモチーフではなく、海岸沿いのジョージア州の古い街Brunswickから見た大西洋の深い青をイメージしているとのことです。

 近年ES-335はメンフィス製が主流となりナッシュビル製は限定モデルのみとなっていますが、まさかの1本モノでこのルックス。至高のサウンドを伴った実力派です。

 

商品ページはこちら

 

Custom Shop 

Les Paul Custom

“RASTA”

-材選定・特別オーダーモデル-

税別¥550,000

 

 ナッシュビル・カスタムショップ工場にて恒例の木材選定をしている最中に、極上のフィギュアド・メイプルを手にしながら突然思いつき引き返せなくなってしまい、勢いのまま特注してしまった”愛と平和の”ラスタカラー。

 このギターを見ただけでカリブ海の熱いグルーブが蘇りそうな仕上がりは、まさに『No Woman No Cry』。

 世界にたった2本しか無いこのフィニッシュをGibson最高峰のカスタムショップに無理強いした優越感も手に入る1本です。

 唯一惜しかったのは、サッカーWカップ前に入荷していればセネガルの国旗に酷似していた事で話題になったかも、と思われる点です。

 

商品ページはこちら

 

Custom Shop 

Historic Collection 

1960 Les Paul Special Double Cut w/ Mini-Humbuckers VOS

Faded Cherry

-完成品選定-

税別¥410,000

 

本来のP-90 PUの代わりにミニハムバッカーを搭載したこちらのモデル。

LPデラックスタイプのミニハムであれば60年代エピフォン風になってしまう所を、ファイヤーバードタイプのメタルカバー&エスカッションをチョイス。

バーブリッジ仕様では無くABR-1 & ストップテイルも採用し、上位機種のサウンドと機能性、及び可能性が秘められた”アレンジ”モデル。金属部分にエイジングが施されたVOS加工も、程良い硬派な印象を与えています。

マホガニー単板のボディーはSG級の軽量を誇り、またハイポジションまでのスムースなアクセサビリティ等演奏上のストレスはほぼ皆無、『何故今まで無かったのか?』と思う程の高い完成度となっています。

『出来る大人が選ぶ』実力派のギターです。

 

商品ページはこちら

 

Custom Shop 

Historic Collection 

1956 Les Paul Standard

Cobalt Blue

-完成品選定-

税別¥460,000 

 True Historic同様のオールニカワ接着となった2017年製のHistoric Collection。

 こちらは現地で見つけた特別カラーの『コバルトブルー』。ソープバーP-90やPG等アイボリーカラーのプラスティックパーツとのコントラストが目を惹きます。

 通常のファット・ネックでは無く59タイプのやや細めのラウンドネックを採用。

 3.86kgの軽量ボディーと共に、ストレスの無い演奏性に一役買っています。

 クリアな立ち上がりとラウドなモディー鳴り、芳醇な倍音にP-90の切れの良いトーンが混ざる、至高のサウンドです。

 

商品ページはこちら

 

Gibson USA 

Les Paul Classic 2018 Satin

Manhattan Midnight

-完成品選定-

税別¥185,000

 

 こちらはメイン工場製のレギュラーラインナップのレスポール・クラッシック。

 試作カラーのプロトタイプとして製造されたレアカラーの鮮やかなブルーバーストに、アイボリーのソープバーP-90を搭載した一味違ったレスポールです。

 切れ味鋭いP-90のサウンド、他の誰も持っていない自分だけの個性的なルックスがライバル達に差を付けます。

 

商品ページはこちら

 

Gibson USA 

Les Paul Standard 2019 HP (High Performance) Prototype

Blood Orange Fade

-完成品選定-

税別¥312,000

 

 2019年モデルの企画用に、2018年に作られた”プロトタイプ”のこちら。

 実際の市販ラインナップとして発売されなかったのは、単に『企画会議でボツになった』だけなのか、それとも後々『幻のギター』として歴史の中で語られる為に仕込まれたアメリカ人らしいユーモアなのかは分かりません。ただ一つ、正確に言えることは『世界に1本しか無いギター』という事になります。

 当初【HP】シリーズは自動チューニングシステムを搭載、ハイブリッドなボディー構造やPUでのサウンドメイクの無限な可能性などを盛り込んだ未来志向のギターとして数年前に登場。現在は自動チューナーは廃止されグローバーを搭載、新型ボリュート等新たなスペックが盛り込まれた最新型となっています。

 

商品ページはこちら

 

Gibson USA 

Les Paul Standard 2018 HP-II (High Performance) Prototype

Proto Color

-完成品選定-

税別¥312,000

 

 2018年モデルの企画用に作られた”プロトタイプ”のこちら。

 『何故闇に葬られたのか?』については知る由もありませんが、世界に1本しか無い幻のギター、とう言うことになります。

 これまでのHP(ハイ・パフォーマンス)で採用していた自動チューニングシステムは廃止し、『普通のペグ』が搭載されている事も特筆すべきポイントです。

 PUを支えるエスカッションを排し、よりメタリック&ソリッドな印象を与えるルックス。メタリックなルックスに拘ったためPUをボディーバックからビスで固定(高低調節可能)することになったという逸話付きの、何ともアメリカ人らしい『行き当たりばったり』『出たとこ勝負』感にRockスピリットを感じずにはいられない、【コスト・パフォーマンス】とは縁遠い【ハイ・パフォーマンス】モデルです。

 世界に1本のみの、チャコール・フェイド風カラーとなります。

 

商品ページはこちら


テーマ:

新年あけましておめでとうございます!

 

昨年はG'CLUB TOKYOをご愛顧頂き

誠にありがとうございました。

 

本年もまた、変わらぬご愛顧をぜひぜひ

よろしくお願いいたします♪

 

戌年という事で、ドッグイヤーでご挨拶。

(イヤー違いw)


 

 

年始は2日より営業開始いたします。

3が日の営業時間は下記をご覧ください。

 

 




2日からは「新春初売り大バーゲン」も開催します!

 

 


 

 

ぜひ皆様、このお正月はG'CLUB TOKYOまで
お越しくださいませませ!

 

 

 

 

 

 


テーマ:

2017年12月で、G-Club Tokyoが10周年を迎える事となりました。

 

皆様の温かいご愛顧に感謝し、この度10周年記念大感謝セールを開催します。

 

G-Club Tokyo 10周年記念 大感謝セールHPはこちらをクリック!

 

今回のセールでは、

【夢の10億円プレゼントキャンペーン】

と題し、12月1日(金)~10日(日)までにお買上げのお客様に、ご購入金額に応じて『年末ジャンボ宝くじ』をプレゼントさせて頂きます。1等前後賞併せると10億円となります。

 

『なーんだ、宝くじか』

『10億円プレゼントって、人の金じゃん』

『どうせ当たらないんだろう』

等など、厳しい声も聞こえてきそうですが・・・

 

我々としても必勝を期待しつつ、当選確率の高い方法をGoogleで研究し、実践してみました。

 

『金運アップの神社にお参り!』

 

まずは何より神頼み!

多分、私のような小市民が普通に買いに行ったところでそう簡単に当たるわけがないので、金運アップで有名な神社にお参りし、身も心も清めよう!

と、言う訳で向かった先は神田明神。

  

当店のある御茶ノ水にほど近いこちら。

商売の神様として有名ですが、東京の経済の中心地、丸の内の企業の多くを氏子に持つという、日本経済を支える神社だけに『金運』のご利益が期待できそうです。

 

      

当選祈願をしました。

打出の小槌を持ったエビス様にもお参り。

 

      

縁起が良さそうな、獅子舞のおみくじ。

 

  

見事、大吉が出ました!

 

『都内最強のパワースポットへ!』

 

大吉が出て何となく良い予感がしてきましたが、この程度で宝くじで当選するなら誰でも億万長者になれるのではないか?

と思い、もう一つパワースポットに向かいました。

 

昭和の東京のシンボル、東京タワーのすぐ側、芝公園内にある蛇塚。

ネットで検索すると、80年代に雑誌『ムー』でも特集され都内最強のパワースポットとして知られているとのこと。

すっかりその存在を忘れていた『ムー』という名前を久しぶりに聞いたのと、『最強』とまで言われるスポットであれば行かない訳にはいかない、という事で訪ねてみました。

 

    

都会の真中とは思えない静謐な空間。

木々の間から東京タワーが見える、不思議な場所です。

 

      

このお地蔵さん(?)の後ろにいるのが祀られた蛇です。

この蛇塚のある『もみじ谷』は、都の改修工事の為今年の12月から2020年3月まで全面閉鎖となるので入場できなくなるとの事。ギリギリでここに来れたのも『運が良い』のかもしれません。

 

『日本で最も当選確率の高い売り場で買おう!』

 

お参りを終えて準備が整ったところで、いよいよ宝くじ売り場へ向かいます。買いに行くのは・・・

 

日本で最も1等当選が多いと言われる、有楽町マリオン前にある西銀座チャンスセンターに決定!

公式ホームページによると、年末ジャンボだけでも1989年(平成元年)から28年連続で1等当選が出ているとの事!

更に2016年は、同じく年末ジャンボだけで1等前後賞を含む1億円以上が6本も出ていると言う。

 

        

やってますねー。

TV局の中継やゆるキャラも登場して大賑わいです。

『自称』幸運の女神も発見!

 

それにしても流石日本一の売り場。

夢へと続く『億の細道』の長蛇の列にびっくりです!

 

      

チャンスセンターからグルッと半周して、最後尾は殆どJR有楽町駅のそば!

 

ジャーン!

そしてGetしたのがこちら。

 

当たるか当たらないかは運次第。しかしながら全力で願掛けした『年末ジャンボ宝くじ』をご用意しました。

 

12月1日(金)から10日(日)までの10日間、当店にてお買上げの金額に応じてプレゼント致します。

\1,000,000以上 30枚

 \500,000以上 20枚

 \300,000以上 10枚

 \100,000以上   5枚

 

尚、ご用意した宝くじは枚数に限りが御座います。

無くなり次第キャンペーンは終了となりますので、予めご了承下さい。

 

皆様の御来店をスタッフ一同、心よりお待ち致しております!

 


テーマ:

2階カスタムショップ&ビンテージ担当の藤川です。

カスタムショップ製レスポールで賑わう2階ですが、立て続けにビンテージレスポールが入荷してきました。

 

『ビンテージ』という言葉の重みから単純に畏敬の念を抱いてしまうのがギター好きの性というものですが、今から遥か昔、これらのギターが生まれた丁度その頃、世の中では一体何が起こっていたのでしょうか?

 

そんな時代へ思いを馳せながら改めてギターを見て、有る事無い事色々と妄想してみたいと思います。

 

使う資料は『ウィキペディア』と『グーグル』。

広く浅く、調べてみます。

 

かなり軽量(3.30kg)な1957年製のスペシャル。

程良い使用感はありますがラッカーの艶味もしっかりと残ったこちら。

よく弾き込まれたと思われる、鳴りの良い個体です。

ビンテージらしい細いフレットは、綺麗にリフレットされている可能性がありますが、オリジナルのようにも見えます。

それ以外はオリジナル、ハンダバージンのようです。

ケースは社外品。

→商品ページはこちらをクリック!

 

1957年といえば、現安倍総理大臣の母方の祖父、岸信介第一次内閣が発足したのがこの年の2月。

その少し前の1月、沢村栄治と並びプロ野球黎明期の大投手として活躍したロシア出身のスタルヒンが交通事故で亡くなったのもこの年になります。

また、『Mr.プロ野球』長嶋茂雄が立教大学4年生で、当時の記録である通算8ホーマーを達成した年でもあります。(後に新聞記者から『長嶋君は大学時代、学部は何だったの?』と聞かれ、『馬鹿だな! 野球部に決まってるじゃないか!』と答えたとか、答えてないとか)

また、日本で初めてコカコーラが発売されました。

 

因みに、前年の1956年にはエルビス・プレスリーの『Heart Break Hotel』が発売され、全米1位を獲得。有名なエド・サリヴァン・ショーでのパフォーマンスが話題となり、翌57年に主演映画『Jailhouse Rock』に出演、その主題歌も大ヒットし、一躍時の人となるのがこの頃。

 

また、既にChessレコードよりデビューしていたロックンロールの開祖チャック・ベリーがファースト・アルバム『アフター・スクール・セッション』を発売したのも57年です。

バディー・ガイがルイジアナ州からシカゴに活動の拠点を移したのもこの頃、マジック・サムの初レコーディングも57年と、まさにシカゴのブルースムーブメントがピークへと向かっていたその頃になります。

 

そして、このギターと同級生なのが森末慎二さんや山下泰裕さんらロサンゼルスオリンピックで活躍した世代のアスリートの面々、鹿取義隆さんや篠塚和典さん、高橋慶彦さん、北別府学さん、岡田彰布さん、元阪神の助っ人ピッチャーのオルセンやヤクルトのホーナーら80年代のプロ野球を盛り上げたスター達の世代となります。

格闘技界では佐山聡さんやジャッキー佐藤さん等も1957年生まれです。

70年代中期のスーパーアイドル、ピンクレディーの増田恵子さんも同級生。

また、アルカイダのオサマ・ビンラディンも1957年生まれとのことです。

 

こちらは1958年製、レスポール・ゴールドトップ、珍しいダークバックとなります。

しかも、タグ付き!

まるでカスタムショップ製かと思うほど、エクセレントコンディションのこちら。3.96kgと程よく軽い個体、握り心地の良いやや細めのラウンドネックシェイプ、衰えを知らない艷やかなトーン等、絶品です。

シュリンクしたオリジナルペグ、割れやすいジャックプレートはケースの中に保管されていますが、それ以外はオリジナル、半田バージンと思われます。

また、綺麗なブラウンケースも奇跡的です。

→商品ページはこちらをクリック!

 

そして1958年といえば、先の長嶋さんがジャイアンツに入団、金田正一投手に4三振というほろ苦いデビューとなったのが4月5日の開幕戦です。

 

また、このギターと同級生なのが東京のシンボル『東京タワー』です。

映画『3丁目の夕日』で窓の外に東京タワーが着々と出来上がっていく様子が描かれていましたが、まさに同じ頃産声を上げたのがこちらのギターとなります。

 

アメリカ初の人工衛星、エクスプローラー1号が打ち上げられたのもこの年。

第二次世界大戦、朝鮮戦争を経て、米ソの冷戦、また共産圏でも中ソ対立が顕著となり、この年の10月に中国軍が撤退しましたがアメリカ軍(国連軍)は駐留を続けたことにより南北朝鮮問題の火種が燻る事になるなど、東西の緊張が激化。

そんな背景の中で宇宙に打ち上げられた人工衛星へのアメリカ国民の関心は高く、未来を予感させるキャッチーなネーミングのギターである『コリーナ・エクスプローラー』や『フライングV』等がギブソン社より発売されたのも同年となります。余りにも斬新過ぎたこれらのギターは人工衛星とは逆に不発に終わり、世間に認められるまでに10年の月日が掛かることになります。

 

東京都の学校給食に牛乳が加わるのもこの年、1958年だったようです。

 

2月には第1回日劇ウエスタンカーニバルが開催、(これを記念し、2月8日はロカビリーの日と制定されました。)1週間で45,000人を動員、ドーム球場や日本武道館と言った大きな箱物が存在しなかった50年代当時としては異例の記録となりました。これが50年代のロカビリーブームを生み、60年代後半にはGSブームを巻き起こすことになります。

GSブームの終焉と共に客足も遠退き、70年代には主にジャニーズ事務所やスクールメイツのタレントをメインとしたアイドルショーと化し、75年8月にはキャンディーズの単独ショーも『ウエスタンカーニバル』として行われたことがありました。

 

日本が誇る名車『スバル360』、ホンダの『スパーカブ』、日清の世界初のインスタントラーメン『チキンラーメン』も同級生。

 

TVでは月光仮面が始まり、覆面ヒーローに日本中が熱狂します。

 

『打撃の神様』、赤バットの川上哲治が現役を引退したのも1958年。

 

マディー・ウォーターズが初のイギリスツアーを行ったのもこの年。

エルビスは陸軍の徴兵通知を受け取り、西ドイツにあるアメリカ陸軍基地に1960年3月まで勤務することになります。

 

レスポールがゴールドトップからサンバーストに変わるこの年、後の世界の音楽界に多大な影響を与えるミュージシャンが多く生まれたのも1958年です。

天才プリンスやマイケル・ジャクソン、マドンナは同級生。

日本でも小室哲哉さんや石川さゆりさん、秋元康さん、玉置浩二さん、中3トリオの内の森昌子さんと桜田淳子さん、原田真二さん等、錚々たる面々が誕生。プロ野球界の原辰徳さんも同級生です。

 

同じ頃、伝説のブルースマン、ビッグ・ビル・ブルーンジーが60年の生涯を終えました。

 

こちらは1959年製のバースト。

写真ではわかりにくいですが、珍しいバーズアイの"ブリスター・トップ"が硬派な色気を魅せる圧倒的な存在感の1本です。

程よく褪色した仄かなアイスティーの色味とセクシーなトップカーブ。

乾ききったラッカーはガラスのような透明感を持ち、人工的なエイジングでは再現できない、悠久の時間が凝縮されたような佇まいとなっています。

キュッと締まった細身のラウンドネックシェイプ、バランスの良い重量感、弦に軽く触れただけで音楽が生まれてくるようなパワーと優しさを共存させた極上のサウンドを響かせます。

ハンダバージンのこちらはフロントにゼブラ、リアにダブルブラックのオリジナルPAFを搭載。

→Dimensionの増崎孝司氏による試奏動画はこちらをクリック!

→商品ページはこちらをクリック!

 

前年の甲子園での優勝投手、後の『世界のホームラン王』王貞治が鳴り物入りで読売ジャイアンツに入団した1959年、デビューした4月に早くもプロ入り1号ホームランを飛ばすも本格的な開花とは行かず、荒川道場で厳しい特訓を受け1本足打法を習得するにはまだまだ時間を要することになります。

同じ頃、2年目の長嶋さんが有名な天覧試合でのホームランを放ち、『記憶の男』としてその勝負強さの片鱗を見せつけたのもこの年になります。

 

この年の1月1日、キューバのカストロが、同士チェ・ゲバラらと共にキューバ革命を実現、世界に衝撃を与えることになります。

 

南極の昭和基地にて置き去りにされていたタロとジロの生存が確認されるのがその2週間後。

9月にはソ連の月面探査機ルナ2号が月に衝突。初めて月面に到達した人工物となります。

 

このギターと同級生となるのがアメリカのバービー人形とナイロン製パンティーストッキング、週刊少年マガジン、同じく週刊少年サンデー、日産スカイライン、ヤマハ(当時は日本楽器製造)のエレクトーン、ヤン坊マー坊天気予報、緑のおばさん(当時の日給は350円)。

 

また、マイルス・ディヴィスが名盤『カインド・オブ・ブルー』を発表。これまでのコード進行に囚われないモードの方法論を示し、モダンジャズの金字塔としてその地位を確立します。まだビートルズが世に出る前、今考えてもジャズという音楽の早熟さを感じずにはいられません。

 

ビリー・ホリデイが44歳でその生涯の幕を下ろしたこの年、代わって新しい生を受けたのがブライアン・セッツァー、山口百恵さん、神保彰さん、嘉門達夫さん、前田日明さん、ヒクソン・グレイシー、元大洋のポンセ、榊原郁恵さん、加藤鷹さん、2代目引田天功さん等など、個性溢れる面々となっています。

 

3本のビンテージギターから、個人的な趣味に基づき歴史を紐解いてみました。

ここまで調べてみて振り返ってみると、『だから何だ?』という気分にもなりますが、今とは違う時代背景の中で生まれたギターと奏でてきた音楽を妄想するのも面白いものです。

この後の60年代、70年代、80年代と激変する音楽のスタイルや国境を超え、今現在日本で、更に新しい音楽を奏で続けるこれらのギターは今でも、またこれからも現役の銘機です。


テーマ:

G-Club Tokyoの藤川です。

スモールヘッドに、金文字&黒縁の所謂”トランジッション・ロゴ”、ブラック・カラーのボディーと言えば、ジミー・ヘンドリックスのファンにとっては1967年に行われた『モンタレー・ポップフェスティバル』での伝説のパフォーマンスが脳裏にしっかりと焼き付いている事でしょう。

 

ハードなカッティングから始まる『Killing Floor』でスタートしたこのライブは、終盤のギターを破壊するあの有名なパフォーマンスを抜きにしても、全てのオーディエンスを惹き込むキレキレの一挙手一投足、全身から放出されるエネルギーの奇跡は、今なお音楽史に残る伝説として語り継がれています。

 

あのモンタレーから今年で50年、当G-Club Tokyoはギブソン専門店でありながらこの伝説をセレブレイトしたい!と思っていた矢先に入荷したのが、こちら。

 

 

1965年製Stratocaster Black

まだテレビが白黒だった時代のせいなのか、はたまたサーフミュージック全盛のトレンドの為か、黒いボディーカラーのストラトが少ない60年代半ば。その中でも極めて稀なオリジナルのゴールドパーツ仕様。この点はジミーのストラトからは離れてしまいますが、コレクターも唸るレアな仕様となります。

 

打痕など若干の傷はありますが、ボディーの艶味、ネック周りなど全体的にもエクセレント~ニアミントという、ラッカー塗装期のストラトとしては奇跡的コンディションです。

残り8割以上のオリジナルフレット&ナットは完璧、と言った所です。

黒々と光るハカランダもタイトで真っ直ぐな木目、美しすぎます。

デカールが完璧に残っているのみならず、ヘッドやネック周りもまるでカスタムショップの新品のような、綺麗なミント状態です。

ネックデイトは【2 MAY 65 B】(1965年5月 Bネック)。

 

これだけ綺麗なコンディションの個体ですが、アッセンブリー等も手を加えられた様子がなく、所謂ハンダバージンです。

ポットデイトは【1376519】(CTS社製1965年19週目)

PUは65年から採用される”グレイボビン”。

【NOV 17 64】(1964年11月17日)の日付がスタンプされていますが、その前に”AY”のイニシャルがあります。あのアヴィゲイル・イバラ氏が現役時代に巻いていたPUが3基搭載されています。

ハードケースは珍しいホワイトトーレックス。時代的にはギター本体より若干前になりますが、ミュージアム級の貴重なストラトを保管するのにはもってこいの華やかなケースです。

 

サウンドは、60年代としてはやや出力があり、特に中域がファットで抜けの良い印象です。高域はあまりギラギラせず、倍音が乗った艷やかなサスティーンが心地良いです。

フェンダー系のアンプでは特有のブルージーなミドルが気持ち良く、いつまでも弾いていたいような気にさせられます。

しかしながらプレキシタイプのマーシャルに繋ぐと、やはり聞き慣れた”あの音”です。深みのあるロー、音圧感充分なトレブル等、幅広いトーンレンジで小気味良く暴れてくれる感覚です。

 

モンタレー50周年記念として、先日フェンダーMexicoよりあのペイント・ストラトが発売されました。

ご購入はこちら

手が届きやすい価格帯である事と、何よりもあのポップなデザインが目を惹きますが、”モンタレーのジミヘン”と言えば、やはり黒&ローズのストラトのイメージが強いファンも多いと思います。

 

只今こちらのギターは、G-Club Tokyoの2階にて、多くのカスタムショップ製レスポールに囲まれて展示中です。

1965 Stratocaster Black 商品ページはこちら!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス