ギターデザインコンテストのグランプリ作品 part.3(塗装編) | ESPギタークラフト・アカデミー東京校のブログ☆

ESPギタークラフト・アカデミー東京校のブログ☆

楽器の街、東京・御茶ノ水にある「ESPギタークラフト・アカデミー(GCA)東京校」
楽器メーカー(株)ESPが直接運営するギター製作を学ぶことができる学校です。
スタッフが授業風景や製作・リペアを中心に楽器のこと、日々の出来事をアップしていきます!

ここまでの製作の流れはコチラから ↓

というわけで

 

いよいよ塗装です!

 

えいっ!

 

終わりました。www

 

今回はパレットのすべーっとした感じを忠実に再現する為

 

そのような塗装を施してあります。

 

もちろんマホガニーの木目を最大限に生かすため着色もしていません。

 

なんか手抜きしてるみたいですが

 

ちゃんとヤニドメ、目止め、サンディングシーラー、トップコート

 

フルコースで行なっています。

 

色をつける工程がないせいか、なんか全部同じ写真に見えるので割愛ww

 

 

導電塗料をコントロールキャビティに塗ってノイズ対策もバッチリです。

 

 

そしてこのギターの最も特徴的な部分。

 

パレット上の絵の具のパーツ製作です。

 

じっさいに絵の具を買ってきて、そのままのせてしまおうかとも思いましたが、、、

 

楽器として演奏している時に服がよごれたりするのも機能的ではないので

 

あくまでも絵の具風のものを作って取り付けることにしました。

 

ここでもデザイン画を尊重した色合わせをしました。

 

 

2液性のエポキシを固めてそれに着色をしてあります。

 

 

パーツが全て整ったので次回はいよいよボディーの組み込みに入ります!

 

 

ESPギタークラフト・アカデミー東京校のSNSリンクはこちらです↓

twitter
facebook
youtube

今後の体験入学と学校説明会の予定はこちら↓

今後のイベント情報一覧