昨日、「福田の戯言に付き合っている暇はない」という記事をアップしたのですが、梅之助は頭が悪いおかげで誤字脱字や文章表現のおかしな部分が多く、普段は記事を更新した後も時間さえあれば時々見直すようにしています。

また1日1記事を越えてアップはしない方針でもあるので。

それで6日も日曜日という事もあって、記事アップ後は通常生活の合間にチマチマとブログ記事の見直しをしたり、他の方々の記事を眺めたりしていました。

そして、何気なく手に取ったスマホの我那覇真子氏のツイッターアカウントを見ると。

 

   

 

日本会議の主催のようです。

 

 

OH MY GOD!!

時刻は15:30。もう間に合わないじゃないかYO!

不覚でした。

「福田の戯言に付き合っている暇はない」と書いておきながら、勝手に戯言に付き合って貴重な機会を逸してしまいました。

シャレにならない。。。

 

それにしても、「地元の某新聞が案内の掲載を断って来た」ですか。

北海道新聞、やってくれるね。ウチは読売だから今回の講演会の案内が北海道新聞に掲載されていても気付かなかっただろうけど。

北海道は北海道新聞こと「道新」のシェアが圧倒的。選挙で自民党に投票するような人でも、「地域情報とお悔み記事」の充実度を重視して道新を取っている人が多いのが実情です。

対抗できる有力な地元紙がない為、政治面では朝日新聞以上に偏向記事のオンパレードやりたい放題です。

沖縄同様に論調の異なる対抗紙がない地域は、赤い勢力にホントやられてしまいますね。

 

日本の北端と南端は地政学的にも国防の最前線。

それこそ沖縄では熱き戦いが繰り広げられていますが、旭川周辺ではあまり聞かないものの、北海道の方は土地買収などの静かな外国勢力の浸透が進んでいます。過疎により地域の経済力が失われ、やむなく外国資本(チャイナ)に土地を売ってしまう・・・

取っていないので断定出来ませんが、こういう問題の報道も道新はあまり積極的ではないのかもしれません。

梅之助も、もっと地元に目を向けねばならないな。

こういう事態は戦後経験した事のない局面であり、国家の安全保障を考えると過疎地だからといって国会議員の定数を減らしていい話にはなりません。都会の人にはこの事を十分理解して頂きたいと思います。

 

スミマセン、今回はボヤキがメインでした。