夏まつりの時期がやって来ていますね。

丁度、隣町の東川町では本日29~30日にかけて羽衣公園(上川郡東川町東町1丁目15)界隈で、「どんとこい祭り」と称した夏祭りが開催されています。

まあ、地方自治体のローカルな夏祭りの一つに過ぎないのですが、今年は一味違います。何と本日夕方からプログラムの一つとして「大黒摩季ライブ」が行われるというのです。

お~。特別ファンではないけれど、歌唱力に定評のあるプロの歌声に触れてみたい気もする。

よし、行ってみるか。

 

東川町は「写真甲子園(全国高等学校写真選手権大会)」というのを毎年開催しています。今回で24回目。最初はどこまで継続して開催されるかなぁ~と思っていたそのイベントも、関係者の努力もあって今年は大会をテーマにした映画「写真甲子園 0.5秒の夏」が製作されるにまで至りました(公開予定は今年の11月予定)。

大黒摩季さんはその映画主題歌・挿入歌を担当したご縁のようです。

 

 

ライブは16:30~18:30の予定とプログラムにあったので、時間に合わせて16:00過ぎに現地に到着。

当然、会場には数えきれないほどの人が来ていました。何でも1万2000人だったとか。

予定時間が来て、まずは数曲Boooozeという札幌出身の若いバンドが前座を務めます。映画の挿入歌を大黒さんと共に担当したのだそうです。

 

 

その間、小腹を満たすお買い物。白老牛サイコロステーキ1000円ナリ。うん、美味しい。

 

17:10頃、大黒摩季さん登場。

事前のアナウンスで「大黒摩季ライブの写真・動画撮影禁止」とありましたので、愚直に守りますよ。ただしBoooozeは「バンバン撮って、むしろPRして欲しい」という彼ら自身の言葉がありました。

 

 

という訳なので、上の写真は「大黒摩季 公式ツイッター」からのものです。

予定時間の18:30頃までヒット曲や映画の主題歌など全12曲を熱唱されました。

とてもパワフルで良かったですよ。梅之助、実は彼女の歌声を2~3曲聴いたら帰るつもりだったのですが、結局は最後まで居ちゃいましたから。

ラスト近くではBoooozeがもう一度出てきて大黒さんと共に映画挿入歌を歌ったり、最後は映画のプロモーションとして監督や出演女優さんなども登壇していましたね。

 

いやぁ~久しぶりにメジャーなプロの歌声を堪能出来て、思った以上に満足出来ました。