北海道で働く女社長の夫の蝦夷日記

国際政治から映画・音楽・地元の温泉やラーメン紹介まで。難しい話は分かりやすく、がモットーです。


テーマ:

8月4日~6日にかけて、第55回旭川夏祭りが開催されました。
旭川夏祭りは、道新花火大会やさんろく祭り、烈夏七夕まつりなど複合的に構成されています。さんろく祭りが第37回、烈夏七夕まつりが第26回で、それぞれ別チラシになっていたりと、ちょっと分かりずらいところも。
さて6日の夕方、その日は休日だったので、さんろく祭りの会場まで足を運んでみました。



3条本通り5丁目の旭川ラーメンフェスティバル会場。
10店舗位出店しており、一杯500円。当然、器は小さめです。殆どが食べた事のあるお店でしたが、一風変わったお店がありました。
「旭川大学 江口ゼミナール 経済学ラーメン」。以前から市内のフードフェスティバルなどで出店しているみたいです。このゼミでは地域産業としての旭川ラーメンを研究しているようで、市内のラーメン屋さん食べ歩きはもちろん、食材から経営までも研究しているのだそうです。
折角なので食べてみる事にしました。

 


オーソドックスな味でした。美味しい事は美味しいですが、インパクトに欠ける感じかな。

19:00を過ぎると空は暗くなってきて、さんろく祭り会場にお神輿がやって来ました。



梯乗りも披露されています。

 


旭川夏祭り会場にやって来たのは、多分10年ぶりくらいでしょうか。
今回、ノコノコ出かけてみる気になったのは、あんどん行進があるという話を聞いての事。そろそろその時間です。
そこで、人のごった返す3条6丁目から、昭和通りを常盤ロータリーの方へ歩き出してみました。あんどん行進は烈夏七夕まつりのプログラムになります。
昭和通り沿道は敷物の上に座りこんだあんどん見物の市民の姿で、ずっと連なっていました。
それではNHK旭川放送局のあたりで見物する事にします。

 


これはどこのあんどんでしょうか。大規模で大変見栄えがいいです。

 


きれいな女の人が子供と共に乗っていました。

 


あんどんだけでなく、巨大な太鼓や山車も行進していました。

 


梅之助が予想していたよりも、数多くのあんどんや山車が参加しているようです。普通の人は翌日が日曜日なので、夜遅くまであんどん見物を楽しんだでしょうが、梅之助は仕事です。全てのあんどんを見届けることなく、適当な時間で切り上げる事にしました。

旭川夏祭りも終わると、後はお盆を残すのみ。お盆を迎えると、夜の気温もめっきり下がって少しずつ秋の気配が旭川にも忍び寄ります。

 

 

【関連記事】

2017 旭川夏祭り(2017/08/08)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

梅之助さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。