北海道で働く女社長の夫の蝦夷日記

国際政治から映画・音楽・地元の温泉やラーメン紹介まで。難しい話は分かりやすく、がモットーです。


テーマ:
今日は19:00から「世界の果てまでいってQ」のイモトがアコンカグアに登るからという理由で、「早く夕食を終わらせたいので新しく出来たうどん屋さんに行きたい。時間もかからなそうだから」と女社長(←嫁の事)が言い出しました。

新しく出来たうどん屋・・・・「丸亀製麺」(旭川市4条通18丁目)の事です。何回か梅之助も近くを通った時、「あっ、なんか食べ物屋さん出来てる」と気づいてはいましたが、実際行くことまで踏み込んで考えてはいなかったので漠然と建物の外観の印象しか残っていませんでした。

まあ、特に反対する理由はないので息子と3人で行ってみる事に。



スッキリとしていて入りやすそうな外観の印象。女社長の言う事には実際、昼間などは結構混んでいたようです。
注文はセルフ方式。まず基本のうどんを注文して、後で好みに応じてかきあげや天ぷらなどをチョイス、そして会計という流れ。

梅之助が頼んだのは、写真にある「釜玉セット(玉子を生→温泉玉子に変更)」。日ごろソバ屋でうどんを食べる事はあっても、讃岐うどんは食べることがありません。そのせいか、かけつゆのないうどんに「だししょうゆ」をかけて食べるのはなんとなく・・・・と感じたので、かけつゆをカウンターから持ってきてかけて食べる事にしました。

息子はそのままだししょうゆをかけて食べていたのですが、どうも口に合わないようで、食べるのを中断して英語の単語帳に目をやったりと(受験生でピリピリしているのです)食が進まない様子。女社長の注文したものと交換して食べたり、最後は梅之助と同様かけつゆを持ってきて食べたようです。

う~ん、ラーメン文化で育った梅之助にとっては、自宅から外出してまで何度も食べに行きたいとまでは思わないけれど、外出中ちょっと立ち寄るにはそこそこ便利かもしれないですね。それとこれまで食べ慣れたうどんに比べると、麺にコシがあるせいか思ったより腹もちがするなぁ、という印象です。
ちなみに帰ってからネットで調べてみたら、全国に500店舗以上あるそうで、かなりメジャーなチェーン店みたいです。


【関連記事】
「丸亀製麺」の旨辛肉つけうどん(2017/08/10)
久しぶりに「丸亀製麺 旭川店」に行ってみた(2017/06/22)
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

梅之助さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。