{6557449E-9191-4BEB-B3DA-A321DBE9A959}

 

 

 

昨日に続き、「14歳で飛び級して高校卒業、名門ブリテッシュコロンビア大学に入学」

 

 

そんな日本人のギフテッド(天才)少年、大川翔君が卒業した、

 

 

Thomas Haney(トーマスヘイニー)高校レポートの続きです・・・

 

 

 

ここの学校のシステムにビックリしたのは、高2、高3など上級生はほとんど授業がないそうです。

 

 

授業がないってどうゆう意味なのでしょうか・・・?

 

 

 

 

日本だと最近はやっとアクティヴラーニングという言葉も浸透してきていますが、

 

 

今も基本は先生が大人数の生徒に対して座学形式で教えることが基本です。

 

 

先生が教えずに、生徒に委ねたら、ゆとりやら授業放棄、学級崩壊など・・・日本ではクレームがきてしまいそうですね。

 

 

 

この高校のユニークな授業は、先生からオンライン等で出される課題を、自分自身や生徒同士で調べていく

 

 

完全に自分の好きなペースで、自分の大好きなものを深堀していくそうです。

 

 

そう、つまり外から見ればずっと自習(?)、完全に自立型の究極アクティヴラーニングを取り入れた高校なのです。

 

 
 
生徒はもちろん毎日、学校には行くのですが、クラスルームではなく、カフェテリア、図書館、またはベンチなど・・・ 
 
 
この日も写真のような自分のお気に入りの場所で好き勝手にパソコンを広げて勉強していました。
 
 
さらにクラスルームの代わりに、英語(国語)や数学などは専用のホールがあります。
 
 
そこに各先生が常駐しているので、生徒はその場で何でもわからないことは聞けるそうです。
 
 
 
 
「それでは、どうやって成績をつけるのですか?」と質問すると、
 
 
期末テストなどはクラスルームで一斉に受けるのではなく、自分自身で準備ができたら、
 
 
テスト専用の受験部屋に申し込みして、個々でその場所でテストを受けるシステムだそうです。
 
 
 
 
通常はカナダの高校は1年で8クラス(教科)取っていくものですが、
 
 
ここの高校の生徒は自分でどんどん単位を取りたい、もっと勉強をしたい・・・
 
 
そんな生徒は自分でテスト申請をしてパスすれば、もの凄い数の単位を1年で取得できるということです。
 
 
人によっては高1~高3の英語(国語)を同時に取得して、パスすることも可能であるということなのです。
 
 
だから先の日本人ギフテッドである大川翔君のように、わずか14歳でも高校を卒業できてしまうのです。
 
 
 
 
カナダのメディアで取材を受けた大川君は下記のようにも言っています。
 
 
「日本にもこのような授業のシステムがあれば、もっと日本という国の可能性が生まれると思います」
 
 
大川君は日本では自分のようなギフテッドはたくさんいると自著でも言っています。
 
 
 
日本も受験システムの変革、教育改革など言われますが、まだまだ保守的です。
 
 
もちろん高校は勉強以外にも、部活や友人をたくさん作る、社会性を学ぶなどいろいろあります。
 
 
でも既存の大学合格を目指すための勉強でなく、このような自分の得意なものを最大限に伸ばしたい!
 
 
そんな前向きな日本の生徒さんがいれば、ぜひこの高校にもチャレンジしてみるのはおススメです!
 
 
 
 
 
 

★日本の春休みの予定は決まっていますか? 子供だけでも来れる(小学高学年以上)プチ留学のお問い合わせはコチラから・・・

 
 
 
 
{086ABA7E-E1AC-4347-B8D8-1ACE68C13278}

 
AD
 
{A15012BC-9512-48A1-A33C-DFF541862DDC}
 
 
 
今週は秋から高校留学予定の日本から来ている中学三年生の学校見学などサポートをしています。
 
 
 
多くの高校留学生はぶっつけ本番で「留学カウンセラー」の勧めるままに留学先を決める傾向も多々あります。
 
 
しかも、そのカウンセラーさんの多くは実際にはそのエリアや学校をまったく見たことないケースがほとんどです。
 
 
もちろん、お仕事だからしょうがないのですが・・・ 
 
 
留学生本人にとっては自分の人生を大きく左右するものです。
 
 
 
 
ボク自身、自分の高校留学した経験から、やはり1年~半年前には、
 
 
実際に自分の目で学校や街などを見て決めることが大事だと思います。
 
 
 
 
もし本当にお子さん本人が、高校から留学を目指したいのなら、
 
 
中学時代には一度、夏の勉強するプログラムを体験させることをおススメします。
 
 
わいわい楽しむサマーキャンプでなく、英語でまずは勉強してみることがポイントです!
 
 
 
 
さて、そんな今日はバンクーバーから東に車で1時間ほどの郊外の街、
 
 
MapleRidge(メープルリッジ)学区のThomas Haney高校 見学させてもらいました。
 
 
この学校ですが、実はバイリンガル教育に熱心な一部の親御さんや先生方には有名な学校です。
 
 
 
 
なぜなら数年前に、この学校に通う現地の日本人の生徒(もちろん留学生ではないですが)、
 
 
大川翔さんが、わずか14歳で高校を飛び級して、カナダで三番目に優秀なブリテッシュコロンビア州立大学へ入学したからです。
 
 
 

>詳しくはコチラの記事をご参考に見てください。http://president.jp/articles/-/14639

 

 
 
日本のメディアでもいろいろニュースで取り上げられたり、書籍も出版されています。
 
 
 
もちろん彼はそのブリテッシュコロンビア大学(ここも世界ランキングでは東大より上位の学校です)
 
 
以外の他の有名な優秀なカナダの大学から多数奨学金の特待生枠で合格しています。
 
 
 
そんなギフテッドと言われる天才児を育成するプログラム出身の日本人生徒の母校なのです。
 
 
 
 
さて、そんな予備知識はありつつも、今日ここの学校を訪れてビックリしたのは・・・
 
 
実は高校ながら上級生の多くはいわゆる授業そのものがないのです!
 
 
えっ、授業がないー?! この意味はわかりますか?
 
 
その驚きの秘密は、また次回にお伝えしたいと思います!
 
 
 
 

★カナダのバイリンガル教育現場からの最新レポートなど、日本の子供たちが、日本に住みながらバイリンガルに育てる学習法セミナー開催します! 詳細はコチラから・・・お問合せも大歓迎です!

 

★カナダ高校留学を目指す、親子留学を楽しみたいなら、まずはお気軽にご相談ください!

 

★現在、小~中学生だけで来れる春休みのプチ留学プラン(現地ホームステイ)も受付中です!(残席わずかです・・・)

 
 
  
 
 
 
AD

 

昨日は毎年二回恒例のカナダ大使館主催のカナダ留学フェアーに行ってきました。
 
 
例年に比べて、いつも以上に高校などのブースがすごく増えてたような気がします。
 
 
今日も東京、日曜は大阪でやってますので、ご興味ある方はぜひ伺ってみてください。
 
 
 
 
今やアメリカも国内でもどんどん分断化が進み情勢不安、イギリスもテロ問題など不安定要素を抱えているからこそ、それだけカナダの留学先としての需要が増えてきているかも知れません。
 
 
確かに安全なことは、送り出す親や自分が住む場所としては絶対条件ですからね。
 
 
お子さまのカナダ留学に関しては高校留学(半年~卒業まで)はもちろんですが、親子や子供だけでも安心して来れる冬休み、春休み、そして夏休みだけの短期間の留学など・・・
 
 
何かご質問あればカナダ留学コンシェルジェとしてお答えできます!
 
 
日本の留学えーじゃんとは違う、現地に住んで、子どもをカナダの学校に入れているからこそわかるリアルな生情報をお伝え出来ます!
 
 
>家族で移住を考えている方の問い合わせも大歓迎です。
 
 
★問い合わせ、個別のご相談(対面=横浜オフィス、LINE、スカイプなどもOKです)はコチラから・・・
 
 
ご相談はいつでもお気軽にメッセージください! 
 
 
 

 

AD

 

 

 

サマースクールでカナダに来ていた中学一年生の二人が無事に日本に帰国しました。

 

最後の二日間も青空の下、カナダをいっぱい満喫できました!

 

今回の彼らは私立のボーディングスクールのアカデミックコースを二週間体験しました。

 

昨年の語学学校主催のサマーキャンプと違い、今回は学校の寮に入って毎日授業を受けるまさに体験高校留学です。

 

中学、ロシア、メキシコ、タイなど世界中の中高生に混ざって、こうやって学ぶことは日本ではなかなか経験できない、貴重な経験になると思いますので、短期だからこそ夏休みにはすごくオススメです。

 

 

二人とも小学校時代からかなり英語に力を注いでいてるので、すでに普通に海外でも英語を自在に話せるレベルなので日本でその年齢においてはトップクラスです。

 

しかも一人は現在IBコースで学んでいますが、そんな二人でも今回はスピーキング、ボキャブラリー、グラマーとわずかな期間でもより英語がかなり伸びたそうです。

 

 

最近改めて感じるのは、英語を極めるのはすごく難しいなと(笑) もちろん、どこかゴールかでそれぞれ目標は違うと思いますが…

 

二人も日本に帰れば普通にバイリンガルと言われるレベルでしょう、でも、いわゆる二つの言語のネイティヴという意味のバイリンガルとは違います。

 

そこまでたどり着くのは、やはり早期からの教育と、何よりも継続と忍耐が必要です…(笑)

前回も言いましたが、例えるなら、それはプロのスポーツ選手を目指すか、学校の部活でやってましたぐらいの差です。

 

二人も日頃から日本で日々練習して、夏の短期留学では本場に力を試すために試合しに来て、また次の試合のために日本で練習を継続するようなものです。

 

今までの日本では英語ができなくても就職もできたし、実際には困りませんでした。だから多くは英語は必要と感じつつも、受験勉強の方が数倍大事だったでしょう。

 

今後も普通に生活するだけでは変わらないでしょうが、これからは間違いなく英語と日本語が標準装備された優秀なアジア人、バイリンガルの日本人を日本の大企業、外資を中心にリクルートされると予測されます。

 

もはや大学卒業の意味も日本では変わりつつある今、より自分のやりたい仕事に就職するために、または自分のやりたい夢を自己実現するためには、かなり英語の力は左右されるのではないでしょうか。

 

もちろん現実的に海外留学できる家庭は一部に限られると思います。

 

だからこそ留学しなくても、このような短期のリアルなグローバルな体験を早い時期からさせたり、ただ何となく英会話スクールに通わせるのでなく、しっかりどこに目標を定めるかで大きく変わってきます。

 

きっとそんな今の世界の中で感じる、日本の立ち位置や流れの情報を知ることだけでも、ものすごく今後の参考になるはずです。つまり自分の経験から自分が見てる世界を変える!ということです。

 

 

★10/9(月、祝)@横浜、高校留学や英語教育に関する情報交換できる会を開催します。

「グローバル子育てアイデア会議」

>詳細&申し込みはコチラからどうぞ・・・

 

ぜひ一緒にお子様の未来を考える機会になれば嬉しいです!

 

 

 

 

 

 

 

カナダのボーディングスクールを体験できるプログラムを終えた日本からの中学一年生の二人を明日の帰国までお預かりしています。

 

 

彼らは小学生ですでに英検も準一級を取り、話すレベルも立派なバイリンガルです。公立小学校に通った中一としては日本のトップクラスの英語レベルでしょう。

 

 

そんな二人を見ると真剣に取り組めば日本でインターに行かず、日本の学校に行きながらもバイリンガルを育てれることは実証されます。

 

 

ただ、そこには膨大な時間と投資、親の真剣に向き合う姿勢が必要です。それはアスリートや音楽家を育てるのとそっくりな構図です。

 

 

当たり前ですが、ただ何となく週1〜2回、目的を持たずに英語が話せるようになったらいいな〜と英会話スクールに通っても、残念ながら今の日本の英語環境ではなかなか世界でも通用するレベルに育てるこは難しいのが現実です。

 

今回の二人はある意味特別ですが、コツコツやれば高校卒業時には、かなりのレベルには達せることは十分可能です。もちろん、そのための準備とスキルは覚えなくてはいけませんが…

 
 

実は中国をはじめ他国の留学生は、自分たちの国で同様に英語をしっかり勉強してから留学します。ただ海外に行けば何とかなるのとは全く違います。

 

 

これもスポーツと一緒で自分の国でしっかり学び、さらにスキルを上げるために来るので、本当の意味で留学生であっても大学レベルの学習が高校から可能なのです。

 

 

★次回の帰国時10/9(月・祝)に横浜にて英語教育、海外留学などに興味ある方向けに、  また最新レポートなどいろいろお話しをシェアできたらと思います。

 

「グローバル子育てアイデア会議」@横浜

★詳しくはコチラをご覧ください… https://www.gccanada.net/最新のご案内/