今日はまたまた日本の教育に関する気になる記事が出ていました・・・

 

 

2025年から大学入試の共通テストに「情報科目」が入るそうです。

 

 

今日はそれに関して、ちょっとだけ日本とカナダの違いについてレポートしておきます。

 

 

 

まさにカナダに来ていちばん感じるのは、まさに日本の小学生はこの「IT分野」における遅れです。

 

 

 

ボク自身は非常にアナログなので、まったく偉そうなことは言えないですが・・・

 

 

だからこそ、こちらの子供たちの当たり前には本当にビックリさせられます。

 

 

 

日本では良い大学に入るための高度な勉強をやっていきます。

 

 

でも、カナダでは将来の仕事として生き抜くための学び方の違いに危機感を感じます。

 

 

 

日本の小・中学生はみんな当たり前のようにi-pad、i-phoneなどタブレットは使えるのですが・・・

 

 

いわゆるComputerに関しては使えない子が多いようです。

 

 

{2B1AE3A9-2368-43D9-9524-AE555850A8CC}

 

 

 

前回も今住んでいるカナダに関してチラッとレポートしましたが・・・

 

 

小学校から当たり前のようにComputerは授業で導入されます。

 

 

(ちなみに写真のように公立小学校でもPCルームは標準装備です)

 

 

ウチの小学4年生の娘ですら、もう授業のプレゼン用の資料は自分たちでPowerPointで作らなければいけません。

 

 

上の子に関して言えば音楽の授業の課題プロジェクトも、実技の代わりにYouTubeにアップして先生に提出だったりなのです。

 

 

 

{C571660F-DC79-4DD4-8FDA-2E0010905218}

 

 

 

しかも、LAUNCH PAD(ウチの子の場合は) というマシーンを使い、

 

自分で作ったデジタルミュージックのサウンドを課題物としてYouTubeにあげて提出していました。

 

 

ちなみに、これは学校の課題用ではないですが、あくまでも自分の趣味ですがこんなオープニング映像などもよく自分で作っています。

 

 

 

 

 

あとは今後予想されるのは・・・ 

 

 

やはりここComputerでも言語問題かも知れません。

 

 

実際のコミュニケーションでもそうですが、やはり英語は日本人にとって大きな壁になっていくのではないでしょうか。

 

 

Computerは操作などに関しても日本語で覚えるよりも、絶対に最初から英語で覚えていくことが大事だと思います。

 

 

でも、日本の場合はやはり日本限定の日本語表記で学ばされます。 

 

 

(大人は今更かもですが・・・子供たちは絶対に英語で覚えるべきです)

 

 

 

将来、ここでもまた世界との大きな差が出てくるかも知れませんね。

 

 

10~15年後の世界の仕事環境がどうなっているか、ボクはわかりません。

 

 

 

でも当たり前ですが「AI、IT、English」というキーワードは、世界の中では完全なる標準装備になっている・・・

 

 

それは間違いないのかなと予測します。

 

  

 

★6月に一時帰国します!カナダの最新教育&子育て事情をいろいろお話しながら、日本の英語教育を考えるイベントやります!

 

 

6月8(金)、6月20(水) 横浜にて親御さん向け、他にも都内(大崎、品川エリア)でも予定しています~♪

 

>詳しくはブログ内記事やコチラのHPからもご覧いただけます!

 

 

 

 

 

AD
 
{17C38E93-C4D8-4EEF-AEB2-72FE4C172C06}

 
 
前回はカナダの子供たちが英語(国語)のクラスでやっていくことについてお話ししました。
 
 
今日はひき続き、カナダと日本の小学校の違いについてお話ししたいと思います。
 
 
日本とカナダの小学校でいちばん大きいなと思う違いは「IT教育」の部分です。
 
 
日本でも近年は習い事でプログラミングなどIT教育は流行っていると聞きます。
 
 
でも、学校教育の中では、PCではなくタブレットというのが一般的だと思います。
 
 
以前に聞いた話では、学校内では平等でなきゃいけないという格差問題等で、
 
 
皆さん誰でも授業のために購入してくださいというのは公立小学校ではさすがに難しいと思います。
 
 
カナダではタブレットでなく、PCを使います。
 
 
しかも、どこの公立小学校にも、写真のようにきちんとした専用ルームもあります。
 
 
なので、ウチの子も低学年の三年生からはもうパワーポイントで資料を作りはじめ、プレゼンをしていく授業があるのです。
 
 
日本の子も今では生まれた時からI-padやI-phone、ゲームなどに囲まれたデジタルネイティヴ世代ではありますが、
 
 
その一方でPCは使ったことがないという日本人留学生も少なくありません。
 
 
そんな意味では、公教育の早い段階でも、このような実践的なスキルを学ぶ環境が整っていることはすごく嬉しいかなと思います。
 
 
それぞれの国で教育などのやり方、目的は変わりますが、大人になって仕事で役立つスキルの導入はありがたいと思います。
 
 
また不定期ながら、気づいた日本とカナダの教育の違いなどはレポートしていきたいと思います。
 
 
★夏休みにカナダにお子様だけをプチ留学させてみませんか?!(現地サマークラス&ホームステイ)
 
8月11(土)~19(日) 小4~6   女の子
8月18(土)~26(日) 小5~中1  男の子
 

>概要はコチラからまずはお気軽にお問合せ下さい!

 
 
{C01C0E9F-2A2F-4563-83FB-D9C374BD9550}

 
 
 
AD
{D593A667-B5B8-4D5B-8677-7C869CD75FAF}
 
 
横浜&バンクーバーのカナダの子ども留学コンシェルジェの久野浩司です。
 
 

今日はカナダの小学校の授業参観のようなLEDカンファレンスという行事でした。

 
 
普段、子供が学校でどんなことをしているのか、先生を交えながらいろいろお話しできる機会の時間です。
 
 
下の娘のアイリは今は小学四年生です。小学一年から近所の地元公立小学校に通っているので、カナダの子に混ざってちょうど丸四年です。
 
 
残念ながら、カナダでは当たり前ながら、日本の英語教育で最初にやってしまう悪いクセとは何だと思いますか?
 
 
何かしら参考になるかわかりませんが、今はどんなことやっているのかをチラッとレポートしますね。
 
 
{CBABD57A-B09F-4E6E-AB62-47E5DFDE44F3}
 
 
日本の小学生は世界的にも1-2位を争うぐらいの学力のレベルは高いと思います。
 
 
それに比べると受験というシステムがあるわけでもないので、カナダの小学生は本当にビックリするぐらい自由でノビノビやっています。
 
 
もちろん、そんな子どもらしい生活をさせたいと望みつつも、日本の子どもたちの習い事や塾の事情と比べると最初の頃は不安になる時もたまにありましたが、今ではすっかりカナダ仕様になってます(笑) 
 
 
高校生のレベルの高さなどを見ると、小学校の時にはただ詰め込む勉強というより、より人間を育てる、考えさせるようなユニークな教育環境には、今はすごく満足しています。
 
 
まず最初に日本の小学生などがやってしまう悪いクセ・・・
 
 
それは、インプットされる前にいきなりコミュニケーション英会話を習ったり、単語のスペルを覚えたり、簡単な文法を覚えていったりすることです。
 
 
まず最初にやるべきことは、やはり大量のインプットです。
 
 
でも、このインプットが入っていないとアウトプットにつながることにならないのです。

 

 
ただし、これは残念ながら1~2年程度ではまったく結果で目に見えません・・・(泣)
 
 
なので、英会話教室に通い始めて、英語に少しでも慣れさせようとします。
 
 
でも残念ながら、いわゆる週1回の1時間程度、外国人の先生が一方的に会話をしてもあまり意味ありません。
 
 
もちろん、やらないよりはやるのは良いと思いますが、順番を間違えると実践的な部分では後々は遠回りになってしまうこともあります。
 
 
さらに今後は日本の小学校も英語が教科になるので点数をつけねばいけなくなるでしょう。
 
 
そうなれば、さらに今後は実践的に学べない可能性も出てくるのではと少し心配になります。
 
 
{FB379675-CC41-41CF-96CE-9385A0248085}
 
 
通常カナダの小学校で最初にやることは、フォニックスという発音の音読みから始まります。
 
 
そして、低学年の場合は、先生の読み聞かせや音読みなど読書がメインです。
 
 
しかも、このクラスルーム写真のように、読書や読み聞かせは床に座りながら自由に読んだり、聞いたりします。
 
 
日本でもフォニックス自体は、今や英語の勉強に熱心な方の間ではすっかり有名ですが、
 
 
現実的には日本の小学校では教えれる先生がいないのも事実です。
 
 
でも今や、YouTubeなどでお金を掛けなくても、今はいくらでも聞かせれる場所はあります。
 
 
でも日本の小学校では残念ながら、カナダ(ネイティブ)の子供が最初に通るフォニックスはすっ飛ばされてしまいます。
 
 
でも、これが後々の日本の子どもたちの発音にも、かなり大きな影響を与えることになる差だと思います。
 
 
{750C0019-DF14-43D9-90D1-B7DA912CFBC3}
 
 
そして、小学四年生にもなればエッセイの書き方の練習も始まります。
 
 
文章のキーワードからアイデアをいろいろ出していき、トッピックセンテンス、ボディー、結論という流れで書くことを学んでいくのです。
 
 
日本の子どもにオススメしたいのは間違えてても、スペルミスなど細かいことは気にしないクセをつけることです。

 

 
そして、最初の時点ではすぐに日本語に和訳するクセはつけさせないことです。
 
 
まずは楽しく、「英語を英語で学ぶクセ」をつけることが大事なステップかなと思うのです。
 
 
次回は英語教育以上に、カナダの小学校が日本よりも数倍進んでいる分野にもスポットを当ててみたいと思います。
 
 
 

★夏休みにお子様だけでカナダにプチ留学させてみませんか?あと2名様をまだ募集しています~、詳しくはコチラをご覧ください!

 
 
 
 
 
image
 
AD


{3A7A8658-91A8-4A2B-931D-D89B40773D17}


Happy Valentine 〜♪


娘のアイリも明日のバレンタインにむけて、せっせと準備中です。


さて、カナダの小学生のバレンタイン事情はどんな感じでしょうか?


実は海外は日本のように女の子が男の子にあげる習慣はありません。


あれは日本独自のものです。


だから男の子もドキドキする心配はありません 笑


基本的にはクラスの子でみんな交換しあうので、毎年お菓子いっぱいもらえる子供にとってはワクワクのイベントなのです。


そして、大人もどちらかといえば旦那さんが奥さんに感謝を伝える日です。


ぜひ日本のパパさんも欧米式に、今日は奥さんにお花でも買って帰れば株アップは間違いなしですね〜  😊



{8FE0EC4A-0090-46EB-B46E-55315E3F17DD}


今日は息子リオンが秋から通う高校のオープンスクールデー


わが家のエリアは中学はなくG8〜12が高校なので、日本では中高一貫校という感じですね。


小2終わりで日本から移住したのでアッという間です。


まずバンド、合唱、ミュージカル、ダンスなど生徒たちがパフォーマンスを披露してくれて、高校のクラスなどについての説明会〜学校内の見学でした。


彼が行く学校は全校生徒1500人ほどで、そのうち180人ほどが留学生だそうです。


{11397548-858A-4F26-B4F2-2C77ACEEF183}


選択の外国語クラスの中には日本語のクラスもここにはあるようです。


写真の国旗ようにローカルの生徒含めて世界中の生徒が集まって一緒に学ぶ環境は本当にバンクーバーエリアならではの魅力です。


ぜひ日本の生徒さんも中高生の時に夏だけでも良いので絶対にこの本当のグローバルというものを体感して欲しいです!


日本を外から見ると、きっと意識が大きく変わると思います。


★2/22金、23土曜に日本人の子供が英語が好きになるための学習法プチセミナー@横浜もやります! 

www.gccanada.net


グローバル教育の最新情報など興味ある方は、ぜひお気軽にお越しくださいね!  


{FC2D6E26-825E-40BE-B83C-A92E5C8E2AFA}