カップヌードルのCMに出てくる「アオハルかよ」という言葉は、よくわからない新語と思ってましたが、ある時気がつきました。

アオハル=青春 

青春という言葉が持つ甘酸っぱいやら、照れくさいイメージが、新しい言葉になるとこんなにかっこいいイメージになるんだと感心するばかりです。


試作「ラムネあんロール」

パン屋さんでは、青色や青い食材は美味しいイメージがないので、ずっと敬遠されてきました。私もその固定観念でガチガチでした。

そんな中、先日若手スタッフから試作のパンが届きました。まさしく「アオハル」的な衝撃です。

やはり、私もサンクレールももっと変わらなくてはいけません!今、お客様が求めているものを考えるのはもちろんですが、時代に取り残されないように、もっとチャレンジしなければなりません。

ラムネあんも衝撃でしたが、私の行くてを阻むものがあります。「チョコミント」「パクチー」は個人的に嫌いなものの代表です。このパンがお店に並ぶ日は永遠に来ないと思ってますが、これを機に何かが変わること、期待してください。