11/6、大和市文化創造拠点シリウスの自分史コーナーに行った記事を書きましたが


https://ameblo.jp/gbra0408/entry-12542798636.html


ここで、「我が人生に感謝」という本に出会いました。


著者は、大和市にある電気会社の会長さん。


なんとなく興味がわいたので読んでみたら、お会いしたことがない方の自分史なのに面白い!


そして、なんと!


群馬県のお生まれでした!


図書館で最後まで読めなかったので、ズーズーしくお電話をして本が欲しいと伝えたら、その日に送ってくださいました。


なんて嬉しい!


お手紙を添えてお礼を贈らせて頂いたところ、昨日お電話を頂きました。


「自分の記録として、こんなこともあったな、あんなこともあったなと、書きとめたものです。


息子は3人いますが、読めと言っても読まないだろうから、でも置いておけば読むのでは?と思い

本にしました。


今年84歳になりました。


人生を整理するのはいいことですね。


ボケ防止にもなるし。


あなたは、みなさんの人生に関わる、いいお仕事をされていますね。


来年、創立50年を迎えるので社史を作っています。


出来上がったら送りますね」と。


本を通してのご縁に、感動でウルウルしちゃいました。


やっぱり、自分史っていい!!



(大和市文化創造拠点シリウス)



(そのなかの自分史コーナー)