夕飯、ぉ何食いたい? 



食ってく前提の会話です。



あー、確か師匠が親子丼を作ってどうたらこうたらってのを思い出して、親子丼が良いなって。



てことで、買い出しに。

重散歩の始まりです。



重富さんの街には、昔からある大きなアーケードの商店街があるんですね。

そこをブラブラとお買い物。



ハマー家の親子丼は大きめのムネ肉がゴロッと入った、体育大生も喜ぶ食べ応えのあるタイプ。

玉ねぎはトロトロタイプで、隠し味に千切りにした生姜が入ってる。


冷え性なのか知りませんが、何かと生姜を入れる母...

そんなお陰で、ジンジャー超好き。笑

生姜ご飯、超旨し!



肉屋で鶏肉とコロッケとメンチカツを買って、それを食べながら重散歩。

八百屋で野菜と枝豆を購入。



重富さんの街を、Find my Tokyoするふたり。

意外と重富さんの街って、昔ながらの庶民的な商店街が広がってるんですよね。

五島慶太の功績か?




この石原さとみ、可愛いですよね。

冒頭に、あのメガネをクリッてする姿...

たまらねー。


で、重富さんの街のアーケードを重散歩しながら思ったんです。

あ、重富さんの街って言っても、重富さんが統治してる訳じゃないですよ。笑


側から見たら、俺らってどんな風に見られてるんだろう?って。



ついさっきまで顔にかけられたり、sumatanされたりなんて、誰も思わないはず。



親子丼だけじゃ物足りないから、俺は煮物を作ることにしました。

食物繊維が大好きだから、ゴロッとしたレンコンやこんにゃくがたっぷり入った筑前煮。


重富さんにもジンジャーになって欲しいから、千切りにした生姜を入れて...

生姜も食物繊維たっぷりですもんね。


キッチンに並んで、一緒にクッキングぅ〜。



枝豆を塩茹でしたら、先にやってろよ!って重富さん。

ここで言う【先にやってろ】とは、先にビールを飲みながら枝豆食べてろよって意味。

でも師匠ペアの【先にやってろ】は、先に072してろよって意味なんです。



きのうぉ何した?に触発された重富さん。

お菓子作りしようかなって。


重富さん...

あんた、どこへ向かってるの?!



重:ケーキ作って一緒に食おうぜ。


俺:ヤですよ、甘いもの好きじゃないから。笑


重:東京ラブストーリーみたいにローソクつけ合って、いついつ重富さんに出逢ったみたいな。笑



俺:お菓子作りなら、母親に習えば?


重:誰の?


俺:俺のマザー。笑



マイマザーは、気晴らしにお菓子をよく作る。

アップルパイなんか毎月作ってるんですよ。笑



重:じゃあ挨拶に行かないとな。


俺:何の?


重:一緒に暮らすから、そのための挨拶。笑


俺:ヤですって。笑


重:楽しいぞ。でさ、商店街をパレードしようぜ。笑