CrocodileShopGaudieのブログ

東京都蔵前のCrocodile Shop「GAUDIE」のスタッフブログです。


テーマ:

クロコダイル革の鑑定!?

昨日今日と寒さも一段落
ホッと一息ですね

と言ってもまだまだ本格的な寒さは続くようですので、
お互い風邪ひかないように注意しましょう

さて我がGAUDIEは、リニューアル後
やっと通常の状態に戻りつつあり、

連日のように新しいお客様をお迎えしております。

 

http://gaudie.jp/salon/honten.html

 

「スモーキーグレー」のジッピーオーガナイサーウォレット

http://gaudie.jp/SHOP/0115KW06.html


今日は現在サービスとして考案中であり、
1年に何回かお問合せを頂く

クロコダイル革の鑑定について
お話ししたいと思います。

特に多いのはクロコダイル革なのに
信じられない方ほど安かった

海外で購入したのだけれど
本物のワニ革なのかどうか

など、いわゆる偽モノを購入してしまったのでは?

という不安感から

どこに聞けばいいかわからない

ネットでいろいろと調べたら、
ガウディが一番詳しそう

ということで

電話でお問合せ頂くことがあるのです。

ある時なんか、いきなり商品を持つてこられ、
見てくださいと

それだけ紛らわしいものが多いということなのでしょうね

まず価格が信じられないくらい
安かったということにつきましては、

長い間在庫で売れなかったから
悪く言えば「叩き売る」というケースもありますし、

もっと極端なケースでは、

質屋さんのようなところから仕入れてきて
少しだけ利益をのせて販売するとか

いずれにしても、低価格から
偽物とは言い切れないのです。

そして一番多い見た目の問題ですが、

最近では、牛革の型押しでも
かなり本物の質感を表現しているもの

例えば本物のクロコダイル革の証である
「穿孔」と呼ばれる小穴まで

そっくりに作られているものまで存在するので

我々でも「アレっ」と
判断に迷うものまであります。

私たちの場合は、お陰様で(笑)
嫌でも30年近くワニ革を毎日見ている私が見て判断し、

念のため親会社「堀内貿易」のスタッフの何人か
にも見てもらいます。

今までのほとんどのケースでは、
この方法で判定させて頂きました。

実は専門に判定する公的機関もあり、
革や製品の断面を調べてもらえば

本物のワニ革かどうかわかり、
証明書もだしてもらえるのですが、

そこまでやる必要があるのかどうか

今回鑑定をサービス化するにあたり、
心配していることがありまして、

製品を販売している方からすれば
「何を余計なことやりやがって」と

恨みに思われたり、

そうでなくてもお客様とお店とでトラブルになり、
鑑定した私たちもトラブルに巻き込まれるのではないか

など

でもそこにニーズがあればやるべきだし

それが出来るのも私たちだけ

ということで現在前向きに検討しています。

ちなみにクロコダイル革の種類まで判定して欲しいと
いうご依頼も頂くのですが、

商品が小銭入れやキーホルダーのように
小さかったり、

ベルトのように細かったりすると
いくら我々でも正しいかどうか自信がなく、

バックや最低でもお財布のように
面で見えるものでないと無理なのです。

お困りの方々の少しでもお役に立てればと
考えている今日この頃です。

 

 

フェイスブックも頑張っています。
 

 

是非【いいね!ボタン】を押してください。http://www.facebook.com/Crocodile.Leathershop.Gaudie
https://www.facebook.com/Crocodile.Leathershop.Chameleon
















 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

つい最近までの寒さがどこに行ったやら
昼間はかなり暖かくなってきました。


花粉症でお困りの方も多いかと思います。
何を隠そう私もその一人です。


私の自宅がある東京府中市は、杉の木が多いらしく、
毎年春になると、すごい花粉が飛び交います。


そのため遠くに引っ越した友人なども
この時期は府中に帰りたくないと


それほど花粉の量が多いようです。


皆さまがお住まいの地域はいかがでしょうか?


さて3月1日は、三越日本橋本店で
「大百万円均一」というイベントに参加させて頂きました。









当日朝から各テレビ局が取材に来ていて
お昼や夕方のニュースで報道されたようです。



撮影部隊のGAUDIEコーナー撮影風景


噂によると私が飾っていた大判のクロコダイル革と
私自身がテレビニュースで映ったようです。


かなり長時間撮影されていたので
知らないうちに映っていたようです。


他では見ることができない大判のクロコダイル革を
壁3面に全部で5枚飾らせて頂いたのですが、



大判「ミッドナイトブルー」



大判「バニラ」


さすがにめったに見ることができない大判、

迫力充分で見る人の目をくぎ付けにしていました。


今回の「大百万円均一」の企画は
これら大判の革からカラーをお選び頂き、


バック、お財布などお作りできます
というものでした。


これからもチャンスがありましたら、
どこか違う場所でもお見せできれば嬉しいです。


せっかくの機会ですので


今日は大判のクロコダイル革について
ご説明したいと思います。


そもそも私たちGAUDIEでは

バックやジャケット、コートをお作りするために


大判のクロコダイル革を常時在庫しております。


クロコダイル革の世界で大判というのは
横幅40cm以上のものを言います。


実は横幅を測る位置も決まっていて、
最大幅と思われている方が多いようですが、


そのことは割愛させて頂いて、


GAUDIEのセールスポイントであります
製品にして綺麗な腑柄になるように

サイズのバリエーションも必要になるのです。


種類は「ラージ」「スモール」「ナイル」「シャム」と
カラーによってそれぞれであって


それぞれの種類が異なる腑柄によって
革が大きいことで余計に個性的な柄模様を演出できるのです。


そこで私たちGAUDIEのサービスの中でも
大変ご好評を頂いている「オーナーズワンサービス」の一環として


大判のクロコダイルを使用していろいろな商品をお作りする
という新たなサービスを企画しております。


ことの発端はクリスマス交流会で司会の大役をお願いした
酒井さんが初めてGAUDIEショールームに来て頂いたときに


グレージング仕上げのダークブラウンで
ご自身が身に付ける小物をなんと8点もオーダー頂いたことです。



革をお選び頂いた酒井さんとのツーショット

その際私と職人「小川さん」で

それぞれのものがより理想的な腑柄になるように


「型入れ」をさせて頂いたことを懐かしく思い出せれます。


それぞれのアイテムが見事な出来栄えで
しかも革、カラーからお選び頂いているので、


ご本人もとても愛着をお持ち頂き、

今でも大切にご愛用頂いているのです。


同じカラーでいろいろなものを揃えてお持ち頂き、
コーディネートされる
のも


とってもお洒落だなと私自身、今でも心に残っています。


こんなサービスを考えられるのも
私たちGAUDIEならではことです。



お作りできるアイテムが多岐にわたること


特別なオーダー品でもご対応可能なため

そしてお作りする前に実際の革も見て頂きたいので


ホームページからご注文頂くという形にはできませんが


ご興味、ご関心のある方は、お電話でもメールででも
ご遠慮なくお問合せください。


最後になりますが、「くろこ塾」ご予約お受付中です。


http://gaudie.jp/salon/school-croco.html


もうすでに何人かのお客様からご予約いただいておりますが、


なかなかできないせっかくの機会ですので、


お一人でも多くの方々のご参加を
心よりお待ちしております。


GAUDIE店長 南澤



フェイスブックも頑張っています。

是非【いいね!ボタン】を押してください。http://www.facebook.com/Crocodile.Leathershop.Gaudie

https://www.facebook.com/Crocodile.Leathershop.C

「大百万円均一」会場正面








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)