CrocodileShopGaudieのブログ

東京都蔵前のCrocodile Shop「GAUDIE」のスタッフブログです。


テーマ:


季節外れの台風のせいか
今朝からジメジメ雨模様


皆様いかがお過ごしでしょうか?


久しぶりのブログになります。


決して怠けていたつもりはないのですが、
イベントに行ったり来たりで
結果的に今になってしまいました。


言い訳お許しください。


大丸東京店でのイベントも終盤に差しかかり
来週30日(火)で終了となります。



大丸東京「サンクスフェア」GAUDIEメインテーブル




20日に行われた「名入れサービス」小川さんとのツーショット


今回もいろいろな方に来て頂き、
たくさんご注文を頂けました。


ありがとうございます。


その中の何人かの方から
「ブログ読んでいますよ」と言われ

恥ずかしいやら、嬉しいやら


それもあってしばらくブログ書いていなかったことが
実はストレスになっていました。


さて今週末は急遽松坂屋上野店本館5階イベントスペースにて
「プレシャスタイム」というイベントに参加することになりました。


それがあって今週のショールームオープンは
取りやめとさせて頂いたのです。


大丸東京店との同時開催になりますが、


東京はスタッフ宮根が、
上野は私が参加します。


ショールーム代わりとはいきませんが、
来て頂ければいろいろとお話が出来るかと思います。


お近くの方やお時間がおありの方々
是非お立ち寄りください。


お待ちしています。


さてイベント情報はこのくらいにして
今日のメインテーマ「クロコダイル革の現状」についてですが、



養殖場に佇むクロコダイル


スーパーブランドの皮買い占めは以前ブログで
何回かご紹介したことがありますが、


http://ameblo.jp/gaudie-shopstaff/entry-11881359069.html


それ以後も依然としてクロコダイル皮価格は上昇しており、
それに伴って買い占めも増々進行しているようです。


要するに買えるところは増々買い圧力を強め
高すぎて買えないところは本当に手に入らないという状況なのです。


残念ながら日本はどちらかと言うと
買えないグループにはいってしまっているのです。


世界でも有数のクロコダイル製品マーケットであるにも拘わらず
製品の付加価値が低いために、高い価格の革が使えない。


そんな現実に直面しています。


具体論になりますが、


私たちGAUDIEの製品は、
インターネットで他社のものと比較する限り

どちらかと言うと高い部類に入ります。


敢えて申し上げると安い製品がたくさんあります。


私は常にクロコダイル革の価格と向き合いながら、
製品作りに励んでいます。


そんな中で全てがそうだとも言えないものの


明らかに安すぎるもの、そんな製品を見つけると
単純に不思議であると同時に、
心配にもなるものです。


何も私は自分の決めた価格がベストだなどと
言いたいわけではありませんが、


●良質な革、


●使用する部位の選別


●専門の職人さんによる丁寧なモノづくり


これらのどうしても外せない条件を踏まえた上で
必要最小限なコストを考えると
現在の製品価格になるのです。


欠かせない上の3つのポイントは
満たしていないとしか思えません。


●クロコダイル皮価格の上昇により革が手に入りにくい現状


●老齢化が進み年々減る職人さん


など、そうでなくても厳しい商況に
どうやったら安く出来るのでしょうか?


日本人はかなりお腹いっぱいの筈です。


「安ければ売れる」

そんな時代はもうかなり前に終わった筈です。


うちの製品を買って下さいとは言いませんが、
「安物買いの銭失い」にならないように


皆様是非良く見極めてお決め下さい


見極めるのが難しいときは
クロコダイル製品に関する限り
どんなご質問にもお答え致します。


残り少ないイベントの日々ですが、
最後まで頑張ります。


追伸:私の電子書籍「クロコダイル製品を買う前に読む本」

    お役に立てれば幸いです。

    是非ご一読ください。


http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00JL1YGYK


読者の皆様へ Facebookも頑張っています。

是非【いいね!ボタン】を押してください。http://www.facebook.com/Crocodile.Leathershop.Gaudie





オーダーでお作りしたクロコダイルハット


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

かなり蒸し暑い日々が続いております。
皆様いかがお過ごしでしょうか?


私は今週の始め、名古屋、大阪と出張に行きました。


目的は松坂屋名古屋店、大丸心斎橋店など
お取引先を訪問すること





松坂屋名古屋店のGAUDIEコーナー


特に大丸心斎橋店は、7月後半のイベントを経て
9月より常設になります。



大丸心斎橋店外観



そのための売場視察とイベント打ち合わせをしました。





7月にイベントを予定しているコーナー



名古屋ではものすごい蒸し暑さで
体力がかなり消耗しました。


それはさておき、これから大阪方面の方々にも
商品をお手に取って見て頂ける機会が増えることは嬉しく思います。


さて話は変わって、私の親会社在籍時代の後輩が
クロコダイル皮の産地であるパプアニューギニア、オーストラリアに
皮の買い付けに行きました。


彼からは定期的に世界レベルでのクロコダイル皮マーケット情報を
聞き出すようにしているのですが、


スーパーブランドの買い占め現象は依然として続いているようで
買い付け価格にして、日本とは約2倍以上水をあけられているようです。


野生のワニ皮は現在雨季のため、
川の水位が高く、集まらないのですが、


ある程度計画的に生産できる養殖の方は
ヨーロッパ勢の買い付け意欲が旺盛のため
増産の流れが止まらないようです。


そんな状況下でヨーロッパ勢に対抗すべく
何とか踏ん張って皮を買い続けているのは
すごいことだなと思います。


さすがにスーパーブランドほどの付加価値の高さがなく
またデフレの続く日本のマーケットで
2倍も違う価格を埋めることはできません。


それでも日本でクロコダイル革と言えば「堀内貿易」と言われる程
不動の地位を築けていることは、
我が出身母体ながら、誇らしいことだと思います。


ここで興味深い話がいくつかあります。


ヨーロッパのスーパーブランド以外に
香港への革の輸出が増えていること


これは何を意味するか?


つまりスーパーブランドのクロコダイルバックが売れれば売れるほど
香港、中国でのクロコダイル革の需要も比例して伸びる


香港や中国でクロコダイル革製の有名ブランドってありましたか?


あとはご想像にお任せします。


もう一つの情報としまして、前述しましたスーパーブランドの
クロコダイル革買い占めが進めば進むほど


品質の悪い皮も同時に世界じゅうに出回っているようです。


養殖と言えども等級があり、
全ての皮が1級としてスーパーブランドの

メイン商品に使われているわけではありません。


私は以前ブログでスーパーブランドが皮を買い占め
使わない皮は破棄していると述べたことがありますが、


現在それはどうなっているかわかりませんが、
世界に流通されていることも事実のようです。


聞くところによると、相当数の皮が革になって
韓国や中国に入っているようで


それが安い製品となって、「高級皮革クロコダイル製」という枕言葉とともに
日本にも入ってきているようです。


私や私たちの職人さんが心配しているのは


何もわからない方々向けに安いクロコダイル製品がどんどん現れ

素材としての価値がどんどん地に落ちていってしまうこと


かってオーストリッチ革がそうなったように


こんな状況が続くことによって


クロコダイル革のステイタスが低くなってしまいます。


お客様が言う「クロコダイル製品の価格はピンキリですね」の
キリの商品があまり増えないように


願ってやまない今日この頃です。



読者の皆様へ Facebookも頑張っています。

是非【いいね!ボタン】を押してください。http://www.facebook.com/Crocodile.Leathershop.Gaudie


GAUDIEのスタッフもブログの応援も宜しくお願い申し上げます。

http://ameblo.jp/gaudiestaff










いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ゴールデンウィーク初日、本当にいい日本晴

今日ショールームオープン日です。



日差しいっぱいのショールーム前



名古屋のお住まいのお得意様が午後来られる予定


ショールームに来て頂くのは初めてなので、

とても楽しみにしております。


革製品で繋がっている人と人との結びつき

良いお客様と交流を図れることは本当に嬉しいことですね


他にも定期的にお手紙を頂いたり


デパートのイベントにわざわざ駆けつけてくださったり


たくさんのお客様に支えられて

GAUDIEが増々成長している実感が湧いています


本当にありがとうございます。



「GAUDIE JUNIOR]とコラボ 6店舗で展開されているIkka lounge風景


さて今日は久しぶりに日本及び世界の

クロコダイル皮の状況についてお話させて頂きます。


いつも申し上げているように、


私はクロコダイル皮革では日本一の取扱量の親会社「堀内貿易」の出身


今でもそのお膝元で製品作りをしているもので

常にクロコダイル皮(革)の取引状況など漏れ伝わってきます。


業界の諸先輩方からは一般の人達に

そんなことまで伝えなくてもいいのにと言われそうですが、


よくお問い合わせなど色々なお客様から

「クロコダイル製品の価格ピンキリ現象」について

ご質問を頂くもので、


その謎を解くヒントになればと思いご説明させて頂きます。


現在クロコダイル皮は大半が養殖と言ってもいい程

野生の皮が少ないのです。


それは天候、気候にあまり左右されず

計画的に皮を供給できるというメリットはあるものの


養殖業はそれはそれは莫大なコストがかかるものなのです。


それと同時にスーパーブランドの皮の買い占めは留まることを知らず、

加速しているようです。


従って養殖業者はよりコストを掛けて良質な皮を生産し、

買い占めに走るスーパーブランドがより高く買うという

構図が出来上がっています。


ここで問題になるのが、皮の等級です。


養殖と言えども皮には等級があり、

キズや穴、その他皮の粗によって1~4級まであります。


自ずと1級の比率は低くなりますので、

1級及び2級はスーパーブランドを中心にものすごく高く売れ、

3級、4級は安くしてもまとめて売ろうとする


そうなると3級、4級の皮の行き先はどういったとこになると思いますか?


つまり製品にするための製造コストの安い国や地域に

まとめて輸出されることになるのです。


そしてたくさん作られたクロコダイル製品が「高級皮革~」という枕詞とともに

世界中にばら撒かれることになるのです。


もう一つだけ申し上げたいのは、


時々お客様から「これどうですか?」

と見させて頂く他社製のクロコダイル製品


よくあるのがマット仕上げの革でキズを隠すために

革の表面に染料を吹き付けてあるもの


所謂我々が呼ぶ「スプレーマット」で作られたものが多いです。


この仕上げの場合、まず革には革本来の味わい

ある種透明感のようなものがなく、


当然のことですが、「経年変化」が望めるべくもないのです。


誤解しないで頂きたいのですが、

私はこれらの製品がダメだとか粗悪品だとか言いたいわけではありません。


あくまで購入される方のご予算や考え方で

ちゃんと理解されているなら問題ないのではないかと思います。


問題なのは、単純にクロコダイル革製ということだけで

有名なブランド(有名でも怪しいですが、)

と同じ品質の革かと思われてしまうことです。


そんなこと言ったって素人にはわからないよ」 と言われそうですが


ただ一つだけ言えることは


そのメーカーなりブランドが素材に関する情報

どこまで開示しているか


極端に価格が安い場合、例えば数万円の長財布など


理由は何なのか


わからなければ問い合わせみる しか方法はないと思います。


私にお答えできることであれば、

これからもどんどんお答えしますので、


お困りの方はどうぞお問い合わせください。


クロコダイル製品ご購入をお考えの方々の少しでもお役に立てれば幸いです。



読者の皆様へ Facebookも頑張っています。

是非【いいね!ボタン】を押してください。http://www.facebook.com/Crocodile.Leathershop.Gaudie


GAUDIEのスタッフもブログの応援も宜しくお願い申し上げます。

http://ameblo.jp/gaudiestaff






いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)