ソーシャルグットな1年に 第3回 クロコダイル製品ご購入ご検討中の方々へ | CrocodileShopGaudieのブログ

CrocodileShopGaudieのブログ

東京都蔵前のCrocodile Shop「GAUDIE」のスタッフブログです。


テーマ:

皆さん こんにちは

 

3連休初日の今日はわりと暖かく、

 

寒さに弱い私としては
久しぶりにホッとした気分になりました。

 

 

今月は21日(水)より大丸東京店での
イベントを控え、少しずつ準備を進めております。

 

昨年の大丸東京店でのイベント時オーナーズワンサービスディスプレイ

 

今回も手染めシリーズの新開発色のお披露目をメインテーマに
オーナーズワンサービスでのご対応を計画していますが、

 

何よりご自分の目で見て、その質感をお確かめ頂けること

 

ありとあらゆる疑問や質問に

私自身が直接お応えできるチャンスということで

 

本店サロンにはなかなか行けないけど
東京駅ならなんとか

 

という方々、是非足をお運びください。

 

今回もたくさんの方にお目にかかれることを
今から楽しみにしております。

 

さて今日のブログでは、クロコダイル革製品のご購入を
ご検討中の方々が一番気になる正しい製品の選び方について

 

例によってQ&A形式でご説明したいと思います。


Q.~社(ブランド)の製品は安いのですが、実際どうなんでしょうか?

 

A.値段というのは、まず各社(ブランド)の考え方によって決まるので、
安いからと言って品質があまり良くないとは言えません。

 

反対に高いからと言って絶対にいいとも限りません。

 

クロコダイル革製品の場合は、製品そのものの見栄えよりも
販売している会社やブランドの背景や考え方を知ることができるか

 

例えば革や製品のことをオープンに説明しているか

 

革の種類のこと、

 

どんな人たち、どんな作り手さんが製作しているのかなど


どこまで顔を見せながら販売しているのか

 

など、

 

~社(ブランド)のクロコダイル革製品については、

そこまでクロコダイル革に精通されているようではありませんし、

あくまで低価格ありきで販売されているようです。

 

Q.一般的にクロコダイル製品は柄が細かい方が価値があるのでしょうか?

 

クロコダイル革の他の皮革にはない醍醐味は
部位によって柄が異なり、

 

四角い竹腑と丸い丸腑(玉腑)が製品にバランスよく配置されて
いることが理想と考えられています。

 

 

そしてこの特徴を最大限に活かすために

 

伝統的にクロコダイル革製品と言うのは、
作る製品に寄って革のサイズが異なるもの

 

例えば、財布など小物用には幅20cm代の革、


バック用にはバックの大きさに寄りますが、

基本的には35cm以上のいわゆる大判を使用する

 

など

 

要は作る製品によって少しでも綺麗な柄になるように
革の大きさを選ぶことが重要と考えられているのです。

 

そのため仮に財布なのに柄が大きな四角(竹腑)だけのものだと


私たちからすればそもそもバック用の革を使用しているなと考える

 

と言うことは、そもそもバック屋さんか
或いは手に入らないから大きめの革を使用している

 

もしくはファッション性を重視して、あえてそういう柄にしているか


ということになります。


今日のところはこれくらいにさせて頂きますが、

 

最後にこれだけは付け加えさせて頂きたいのですが、

 

どんな製品でも異なる2社が同じ条件(革代や加工賃)で

まったく同じ製品を作っても必ずしも同じ価格にはならないものですよね

 

単純に見栄えや値段だけでは判断できないもの

 

業界に身を置くものとして、強く感じます。

 

フェイスブックも頑張っています。

是非【いいね!ボタン】を押してください。

http://www.facebook.com/Crocodile.Leathershop.Gaudie
https://www.facebook.com/Crocodile.Leathershop.Chameleon

 

本店サロンにて  小川さん、比留間さんと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Crocodile Shop Gaudie 店長 南澤健一さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります