CrocodileShopGaudieのブログ

東京都蔵前のCrocodile Shop「GAUDIE」のスタッフブログです。


テーマ:

もうすぐ本格的な春到来ですね

皆様いかがお過ごしですか?

私は恒例の花粉症で涙を流しながら
頑張っています。(笑)

 

透明感抜群のグレージングゴールドブラウン

2つ折りウォレット[M0801]

http://gaudie.jp/SHOP/M0801.html

 

リニューアルオープンさせて頂いた本店サロンですが、

お客様に居心地の良さを感じて頂けるように

照明を増やしたり、テーブルを大きくしたり、
日々少しずつ変化させています。

待望の鯉のぼり?ミッドナイトブルー登場しました。

 

私たちのサービスをより多くの方に知って頂けるように
ブログを通じて詳しくご説明していきたいと思います。

今日は今年に入ってからの新サービス
「クロコダイル革製品鑑定サービス」についてになります。

 

クロコダイル革製品鑑定サービス
↓↓↓
http://gaudie.jp/hpgen/HPB/entries/215.html

 

本サービス発案の動機ですが、

1年に何回か「どこどこでクロコダイル革製品購入したのですが、
本物かどうか知りたいのですが、・・・・・」

と電話によるお問合せを頂くことがあります。

電話だけで終わるケースと実際に品物を
お持ちになるケースがありまして、

今のところ大半は本物のケースがほとんどです。

いろいろとお話しを聞くと、

共通しているのは、販売している方から
本物のクロコという確信が持てない

「私もよくわからないけど、本物だと言われているから本物です。」
みたいな

そういう印象をお客様に与えてしまっているようです。

ある意味でお店の方は、クロコだけ扱っているわけではないから
仕方のないことかもしれませんが、

でもそれだけ専門性のないことが
結果的にお客様を不安にさせている
ようです。

今の時代なんでもあることが売りの
百貨店が厳しいように

いろんなものがあることが
かえってアダになってしまっているのですね

もう一つは海外、東南アジアやヨーロッパなで
旅行先で購入されたもの、

心配になる理由として言われているのが、

本物のクロコにしては安すぎること

柄や風合いがイメージしているクロコと違う

などがあります。

この場合、本物のクロコか或いはカイマン
ということがありますが、

言葉の関係なのか確認することが出来ず
購入してしまったということのようです。

このように、普段普通に使用している
クロコダイル革製品

有名だから、ブランドが付いているから
大丈夫と思う時代はもう終わったのか?

そもそも安心という思い込みだったのか

いろいろなものを見させて頂くと
実感するものですね

だれもやっていないことでもあり、

私自身も勉強になりながら、
困っている方々のお役に立てれば

そんな単純な動機ではじめたわけです。

「これ本物?」とご心配の方

お問合せお待ちしております。

 

クロコダイル3人衆

 

フェイスブックも頑張っています。

是非【いいね!ボタン】を押してください。

http://www.facebook.com/Crocodile.Leathershop.Gaudie
https://www.facebook.com/Crocodile.Leathershop.Chameleon

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Crocodile Shop Gaudie 店長 南澤健一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります