ボンベイ加工その②クライマックス | CrocodileShopGaudieのブログ

CrocodileShopGaudieのブログ

東京都蔵前のCrocodile Shop「GAUDIE」のスタッフブログです。


テーマ:

前回ボンベイ加工の前半の部分http://ameblo.jp/gaudie-shopstaff/entry-11147667619.html
おもにボンベイ加工そのものに至るまでの準備の段階をご説明しました。


今日はこれぞボンベイという仕上がりになるまでの技をご紹介します。


プレスした裁断革を専用のストーブの上であぶります。


CrocodileShopGaudieのブログ

ただ適当にストーブに革を乗せてあぶっているように見えますが、
これがまた長年に培われた技術と経験の勘が必要なのです。


あぶりながら革の表面を手で擦り、ボンベイが上がっている状態(ぼこぼこしてきている)
を確かめつつ、上がっていないところを更に手で擦りながら
ちょうど良い加減になるように、革を可愛がるように手で擦り続けるのです。


CrocodileShopGaudieのブログ


最後に製品になってもボンベイを上げた状態の絶妙な凹凸感がなくならないように
それ専用の裏打ち材を張り付けて終わりです。


CrocodileShopGaudieのブログ


どうして私がここまでボンベイについて詳しくご説明するかと言うと
実は超有名で誰しもが知るセレブブランドのクロコダイル製のバックなどでは
あまり行われていないのです。


有名ブランドではあまりクロコダイルの風合いや質感の良さとか
クロコダイルの素材としての特性である腑柄の味わいを生かす感覚はないのです。


牛革の型押しと見間違えるような平べったくて立体感のない
表情にしてしまっているケースが多いのです。


私たちは自分たちの素材の良さが少しでも生かされるような加工を心がけています。


シャイニング(グレージング)のクロコダイルに更に光沢感と凹凸感を加えることによって
仕上がった製品の革の質感がより他の素材にはない特別な感覚になるのです。



素材が醸し出す特別な味わいと長年かかって磨き上げた人の手によって
魔法のように素材の良さが引き出されるのです。


いつもは何の気なしに見ていましたが、
改めて自分たちの仕事の面白さ、奥深さを再認識できました。


クロコダイルボンベイ加工の動画



クロコダイルレザーショップ/ガウディ http://www.gaudie.jp/


Crocodile Shop Gaudie 店長 南澤健一さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります