クロコダイル プロの種類の見分け方 | CrocodileShopGaudieのブログ

CrocodileShopGaudieのブログ

東京都蔵前のCrocodile Shop「GAUDIE」のスタッフブログです。


テーマ:

よくスモールクロコという名前から
単純に小さいクロコダイルと思い込んでいる方が多いです。




実際は私たちが腑と呼ぶ鱗の部分(英語でスケールと言います)
小さくて細かいので、スモールスケールクロコ
略して、スモールクロコと言うのです。

CrocodileShopGaudieのブログ



クロコダイルも製品になってしまうと
特に財布、ベルト、靴などの小物類は
製品自体が小さすぎて、
ワニの種類まで見分けることはむずかしいものです。




ハンドバックであれば、
一番特徴のわかりやすいお腹の部分を
大きくバックの表と裏に使用するので、
小物よりもわかりやすいです。




今回はスモール、シャム、ナイルの3種類について
比較することによって、
その違いをご説明したいと思います。




お腹の中央部に広がっている四角い腑()を通称、竹腑と言います。
この竹腑から種類を見分けることは、私たちでもむずかしいです。



CrocodileShopGaudieのブログ

お腹の両脇の丸く細かい腑をまさしく、丸腑と言います。
竹腑と丸腑のバランスで見分けるのが、一番わかりやすいと考えています。




まずスモールクロコは、竹腑と丸腑の境目を見ると
竹腑ひとつに対して細かい丸腑が2あるのがわかります。



CrocodileShopGaudieのブログ

スモールクロコ



この同じ竹腑と丸腑の状態で大きくなったのがシャムです。
さらに言うと、シャムは全体的に細長く
ひとつひとつの腑がスモールより大きいのです。



CrocodileShopGaudieのブログ




余談ですが、スモールやシャムはアジアのワニなので、アジア人と同じく 

胴にあたるお腹が長く、足にあたる尻っぽが短いと言われています。




ナイルについては、丸腑の範囲自体が狭く
ほぼ竹腑と同じくらいの大きさで丸腑が存在しています。
竹腑と丸腑の境目があまりわからないように見えます。


CrocodileShopGaudieのブログ

ナイルは寸づまりで、かなり顎の部分からお腹の部分にかけて
短く
見えます。


スモール、シャムとは反対にヨーロッパの人のように

胴が短く、足が長いということですね





少し専門的でわかりにくいかもしれません
クロコダイル製品をご購入されるとき、

参考にして頂ければ嬉しいです。






クロコダイルレザーショップ/ガウディ http://www.gaudie.jp/

































Crocodile Shop Gaudie 店長 南澤健一さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります