CrocodileShopGaudieのブログ

東京都蔵前のCrocodile Shop「GAUDIE」のスタッフブログです。


テーマ:

皆さまお元気でしょうか?


日中はポカポカ暖かくなってきました。
陽気は既に春ですね


私は寒さが大の苦手で
夏が待ち遠しいくらいです。


さて名古屋での「くろこ塾」


お天気にも恵まれて
無事終えることが出来ました。




テレビ塔



栄中心部


わずか2日間という短い時間でしたが、


お得意様をはじめ


時間の許すかぎりたくさんのお客様と
お目にかかることができました。


会場については私たちもネット情報しかなかったために
行く前から心配していたのですが、


名古屋中心部(栄地区)徒歩で15分くらい
ちょうどJR名古屋駅と栄の真ん中くらいにあって


静かなビジネス街という雰囲気


休憩に少し歩くと、小さな川もあり、




もうすぐ桜が満開になるのかな
などと思っていました。


会場スペースもほどよく広くて


今回、革をたくさん並べたいと思っていたので
ちょうど良い空間でした。


革を並べるということについては
企画したばかりの「キングオーナーズサービス」用の大判クロコ革


そのためにあるのかと思えるような
円形の大きなテーブル





バニラ、ミッドナイトブルー、クリスタルグリーンなど大判クロコダイル革


グレージングの革は、
とても気の利いたサイズのソファーとテーブルがあったので、



グレージング仕上げの革


見栄えよく並べることが出来ました。


製品もお財布など小物や靴はは本棚に
バックは横長の木製ラックの上など


ほぼショールームを再現することに

成功したと思います。


肝心のお客様ですが、


以前からGAUDIE製品をご愛顧頂いている方



お客様にご説明しているところ



お電話だけでお話しさせて頂いたことがあるお客様


ご購入履歴はないものの
はじめてくろこ塾にご参加頂いた方


そして大のお得意様がご家族で
わざわざ京都から来て下さったり、




京都のお得意様  素晴らしいご家族です。


皆さまとご交流を図らせて頂くことが出来て
本当によかった。


まずは大成功


という感触を得ることができました。


それもこれもご参加頂けるお客様がいらっしゃってのこと


今回ご参加頂きましたお客様
本当にありがとうございました。


また今回ご都合でご参加頂けなかった方々


わざわざご連絡まで頂いた方もいらっしゃいましたが、


是非次のご機会に宜しくお願い申し上げます。


さて次回(4月15日,16日)仙台で開催致します。


もちろん大きな目的は革、製品を見て頂きながら

クロコのことをより深く知って頂くことですが、


それとともにベルトコンベアー式に出来上がる

無機質な革製品と違う


クロコ本来の魅力、それを知り尽くした上で

長年モノづくりに携わるGAUDIEの作り手たちの想いまでお伝えできれば


こんなに嬉しいことはありません。


まだ空きがございますので、仙台、東北地区の皆さま

どうぞふるってご参加ください。


http://gaudie.jp/salon/school-croco.html


宜しくお願い申し上げます。





GAUDIE店長 南澤



フェイスブックも頑張っています。

是非【いいね!ボタン】を押してください。http://www.facebook.com/Crocodile.Leathershop.Gaudie


https://www.facebook.com/Crocodile.Leathershop.C












いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

いよいよ花粉の全盛期に入りました。


皆さまいかがお過ごしですか?


GAUDIEではスタッフ、職人の小川さんと
花粉症が大流行で


顔を見るのも辛いほど(笑)


日々苦痛の日々を過ごしています。


さて早いもので、もうすぐ3月も中頃に差し掛かり、


名古屋での「クロコ塾」開催


http://gaudie.jp/salon/school-croco.html


それに合わせて「キングオーナーズワンサービス」
お披露目と


毎日その準備に忙しくしております。


「くろこ塾」は仙台での会場も決定し、


今月25日よりホームページからご予約
お受け致しますので、


仙台及び東北地区のクロコダイルファンの皆さま


そしてこれからクロコダイル製品をお考えのビギナーの方々

ふるってご参加をお待ちしております。


宜しくお願い申し上げます。


さて前々回のブログに引き続き、


GAUDIEだからこそお伝えできる

「クロコダイル革の現状」


今回はいろいろな意味で一番有名な
「スモールクロコダイル」について


改めてご説明させて頂きます。


まずは基本的なところからのおさらいになりますので、


そんなことは聞き飽きたという方々には
申し訳ありません。


以前もブログで「見分け方」などお話しさせて頂いておりますので、

ご興味のある方はご覧ください。


http://ameblo.jp/gaudie-shopstaff/entry-11080100592.html


スモールクロコダイル、正しくは「スモールスケールクロコダイル」
別名「イリエワニ」と言います。


それよりも「ポロサス」と言ったほうが

ご存じの方が多いかと思います。


「ポロサス」というのは、学術名で「Crocodylua porosus」
「クロコディルス ポロサス」というところから


俗名「ポロサス」あるいは「ポロソス」
と呼ばれるようになりました。


野生の生息地はパプアニューギニア、オーストラリア、インドネシアなどの

海の水と川の水が混じるところに生息しています。


私がパプアニューギニア滞在中


パトロールと呼ぶ村々を訪問して、

皮を買い付ける仕事をしていたとき




パプアの悪役商会?人相の悪いメンバーでパトロール クロコもビビりますね(笑)


ごく稀に 比率で申し上げると
20枚に1枚くらい「ポロサス」に出会いました。


初めのうちはどれが「ポロサス」かも
見分けが付きませんでしたが、


何枚も見て経験を重ねるうちに

自然とわかるようになりました。


私にとって「ポロサス」は
「ラージクロコ」と同じくらい


若かりし頃を懐かしく思い出させてくれる
そんな存在なのです。


現在「ポロサス」がどんな状況になっているかと言うと


皮(革)の価格は過去に例がないくらい高止まりし、
日本のマーケットでも


今では数年前のおおよそ3倍くらいとなっております。


やはり最大の原因はスーパーブランドの買い占めによる
相場の上昇


そして養殖がメインの状況下で


特に私たちGAUDIEの主力商品である無双長財布のための


http://gaudie.jp/SHOP/34223/931017/list.html


束入れ用サイズ(20/24)は価格以前の問題として


サイズが小さいために


養殖場からの供給が圧倒的に少なく

とても手に入れにくい状況にあるのです。


なるべく大きくして売りたいという養殖業者の

意図があるからです。


※クロコダイル皮(革)の取引は横幅で行います。


なぜこのサイズ(20/24)にこだわるのか


やはり玉腑と竹腑がバランスよく入ってはじめて
クロコダイル革の価値、美しさがわかるものです。




スモールクロコダイルグレージング仕上げ20/24サイズ


いくらポロサスでも竹腑しかないお財布では
ポロサスの価値がないも同然なのです。


モノの価値は少なくなれば高まり
値段が上がるのはやむを得ないのかなと思いますが、


それでも便乗値上げのようなことは極力しないように
ならないように、これから考えていかなければなりません。



※スモールという名前から革自体が小さいと思われる方が多いのですが、

革の大きさは関係ございません。



私として出来ることは、これからも「ポロサス」を含めた
クロコダイル革の正しい情報をご提供し続けること


そして現実に即して正しいと思われる適正な価値観を
皆さまと共有させて頂ければと思います。


依然として日本のマーケットにおける
クロコダイル革の状況は良いとは言えませんが、


お伝えすることが大切だなと思う今日この頃です。



GAUDIE店長 南澤



フェイスブックも頑張っています。

是非【いいね!ボタン】を押してください。http://www.facebook.com/Crocodile.Leathershop.Gaudie


https://www.facebook.com/Crocodile.Leathershop.C











いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

つい最近までの寒さがどこに行ったやら
昼間はかなり暖かくなってきました。


花粉症でお困りの方も多いかと思います。
何を隠そう私もその一人です。


私の自宅がある東京府中市は、杉の木が多いらしく、
毎年春になると、すごい花粉が飛び交います。


そのため遠くに引っ越した友人なども
この時期は府中に帰りたくないと


それほど花粉の量が多いようです。


皆さまがお住まいの地域はいかがでしょうか?


さて3月1日は、三越日本橋本店で
「大百万円均一」というイベントに参加させて頂きました。









当日朝から各テレビ局が取材に来ていて
お昼や夕方のニュースで報道されたようです。



撮影部隊のGAUDIEコーナー撮影風景


噂によると私が飾っていた大判のクロコダイル革と
私自身がテレビニュースで映ったようです。


かなり長時間撮影されていたので
知らないうちに映っていたようです。


他では見ることができない大判のクロコダイル革を
壁3面に全部で5枚飾らせて頂いたのですが、



大判「ミッドナイトブルー」



大判「バニラ」


さすがにめったに見ることができない大判、

迫力充分で見る人の目をくぎ付けにしていました。


今回の「大百万円均一」の企画は
これら大判の革からカラーをお選び頂き、


バック、お財布などお作りできます
というものでした。


これからもチャンスがありましたら、
どこか違う場所でもお見せできれば嬉しいです。


せっかくの機会ですので


今日は大判のクロコダイル革について
ご説明したいと思います。


そもそも私たちGAUDIEでは

バックやジャケット、コートをお作りするために


大判のクロコダイル革を常時在庫しております。


クロコダイル革の世界で大判というのは
横幅40cm以上のものを言います。


実は横幅を測る位置も決まっていて、
最大幅と思われている方が多いようですが、


そのことは割愛させて頂いて、


GAUDIEのセールスポイントであります
製品にして綺麗な腑柄になるように

サイズのバリエーションも必要になるのです。


種類は「ラージ」「スモール」「ナイル」「シャム」と
カラーによってそれぞれであって


それぞれの種類が異なる腑柄によって
革が大きいことで余計に個性的な柄模様を演出できるのです。


そこで私たちGAUDIEのサービスの中でも
大変ご好評を頂いている「オーナーズワンサービス」の一環として


大判のクロコダイルを使用していろいろな商品をお作りする
という新たなサービスを企画しております。


ことの発端はクリスマス交流会で司会の大役をお願いした
酒井さんが初めてGAUDIEショールームに来て頂いたときに


グレージング仕上げのダークブラウンで
ご自身が身に付ける小物をなんと8点もオーダー頂いたことです。



革をお選び頂いた酒井さんとのツーショット

その際私と職人「小川さん」で

それぞれのものがより理想的な腑柄になるように


「型入れ」をさせて頂いたことを懐かしく思い出せれます。


それぞれのアイテムが見事な出来栄えで
しかも革、カラーからお選び頂いているので、


ご本人もとても愛着をお持ち頂き、

今でも大切にご愛用頂いているのです。


同じカラーでいろいろなものを揃えてお持ち頂き、
コーディネートされる
のも


とってもお洒落だなと私自身、今でも心に残っています。


こんなサービスを考えられるのも
私たちGAUDIEならではことです。



お作りできるアイテムが多岐にわたること


特別なオーダー品でもご対応可能なため

そしてお作りする前に実際の革も見て頂きたいので


ホームページからご注文頂くという形にはできませんが


ご興味、ご関心のある方は、お電話でもメールででも
ご遠慮なくお問合せください。


最後になりますが、「くろこ塾」ご予約お受付中です。


http://gaudie.jp/salon/school-croco.html


もうすでに何人かのお客様からご予約いただいておりますが、


なかなかできないせっかくの機会ですので、


お一人でも多くの方々のご参加を
心よりお待ちしております。


GAUDIE店長 南澤



フェイスブックも頑張っています。

是非【いいね!ボタン】を押してください。http://www.facebook.com/Crocodile.Leathershop.Gaudie

https://www.facebook.com/Crocodile.Leathershop.C

「大百万円均一」会場正面








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)