CrocodileShopGaudieのブログ

東京都蔵前のCrocodile Shop「GAUDIE」のスタッフブログです。


テーマ:

ゴールデンウィーク初日、本当にいい日本晴

今日ショールームオープン日です。



日差しいっぱいのショールーム前



名古屋のお住まいのお得意様が午後来られる予定


ショールームに来て頂くのは初めてなので、

とても楽しみにしております。


革製品で繋がっている人と人との結びつき

良いお客様と交流を図れることは本当に嬉しいことですね


他にも定期的にお手紙を頂いたり


デパートのイベントにわざわざ駆けつけてくださったり


たくさんのお客様に支えられて

GAUDIEが増々成長している実感が湧いています


本当にありがとうございます。



「GAUDIE JUNIOR]とコラボ 6店舗で展開されているIkka lounge風景


さて今日は久しぶりに日本及び世界の

クロコダイル皮の状況についてお話させて頂きます。


いつも申し上げているように、


私はクロコダイル皮革では日本一の取扱量の親会社「堀内貿易」の出身


今でもそのお膝元で製品作りをしているもので

常にクロコダイル皮(革)の取引状況など漏れ伝わってきます。


業界の諸先輩方からは一般の人達に

そんなことまで伝えなくてもいいのにと言われそうですが、


よくお問い合わせなど色々なお客様から

「クロコダイル製品の価格ピンキリ現象」について

ご質問を頂くもので、


その謎を解くヒントになればと思いご説明させて頂きます。


現在クロコダイル皮は大半が養殖と言ってもいい程

野生の皮が少ないのです。


それは天候、気候にあまり左右されず

計画的に皮を供給できるというメリットはあるものの


養殖業はそれはそれは莫大なコストがかかるものなのです。


それと同時にスーパーブランドの皮の買い占めは留まることを知らず、

加速しているようです。


従って養殖業者はよりコストを掛けて良質な皮を生産し、

買い占めに走るスーパーブランドがより高く買うという

構図が出来上がっています。


ここで問題になるのが、皮の等級です。


養殖と言えども皮には等級があり、

キズや穴、その他皮の粗によって1~4級まであります。


自ずと1級の比率は低くなりますので、

1級及び2級はスーパーブランドを中心にものすごく高く売れ、

3級、4級は安くしてもまとめて売ろうとする


そうなると3級、4級の皮の行き先はどういったとこになると思いますか?


つまり製品にするための製造コストの安い国や地域に

まとめて輸出されることになるのです。


そしてたくさん作られたクロコダイル製品が「高級皮革~」という枕詞とともに

世界中にばら撒かれることになるのです。


もう一つだけ申し上げたいのは、


時々お客様から「これどうですか?」

と見させて頂く他社製のクロコダイル製品


よくあるのがマット仕上げの革でキズを隠すために

革の表面に染料を吹き付けてあるもの


所謂我々が呼ぶ「スプレーマット」で作られたものが多いです。


この仕上げの場合、まず革には革本来の味わい

ある種透明感のようなものがなく、


当然のことですが、「経年変化」が望めるべくもないのです。


誤解しないで頂きたいのですが、

私はこれらの製品がダメだとか粗悪品だとか言いたいわけではありません。


あくまで購入される方のご予算や考え方で

ちゃんと理解されているなら問題ないのではないかと思います。


問題なのは、単純にクロコダイル革製ということだけで

有名なブランド(有名でも怪しいですが、)

と同じ品質の革かと思われてしまうことです。


そんなこと言ったって素人にはわからないよ」 と言われそうですが


ただ一つだけ言えることは


そのメーカーなりブランドが素材に関する情報

どこまで開示しているか


極端に価格が安い場合、例えば数万円の長財布など


理由は何なのか


わからなければ問い合わせみる しか方法はないと思います。


私にお答えできることであれば、

これからもどんどんお答えしますので、


お困りの方はどうぞお問い合わせください。


クロコダイル製品ご購入をお考えの方々の少しでもお役に立てれば幸いです。



読者の皆様へ Facebookも頑張っています。

是非【いいね!ボタン】を押してください。http://www.facebook.com/Crocodile.Leathershop.Gaudie


GAUDIEのスタッフもブログの応援も宜しくお願い申し上げます。

http://ameblo.jp/gaudiestaff






いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

朝晩はまだ冷え込みますが、日中はポカポカ陽気で
かなり春らしくなってまいりました。


皆様いかがお過ごしでしょうか?



バージョンアップした「シンプルカードケース」


http://gaudie.jp/SHOP/FK1216.html


先日FBである有名ブランドのクロコダイル製品の説明文に


「高級クロコダイルの中で最もポピュラーなケイマンクロコダイルの
子ワニの脇腹の革を厳選して使用」というのがあり、


ビックリして思わずFBに書き込んでしまいました。


私たちの視点から言うとただただ滅茶苦茶なのです。


世界中にマーケットを持ち、ファンの多いこのブランドで
一人くらい知識のある人がいないのかと


まず高級クロコダイルとは?


→高級なクロコダイルと高級でないクロコダイルがあるの?


その中で最もポピュラーとは?


→人気があるということ?
 確かにカイマンは革の流通量が多い。


ケイマンクロコダイルは正しくはカイマンワニ

→ケイマンは発音の問題でしょうね
 敢えてケイマンとか言うと、訳がわからず何となくいい感じ


子ワニの脇腹の革?

→とにかくカイマンの脇腹の革をティンガサイドと言い、
 子ワニに何の意味があるのか?


そこから厳選?


→選んでいるのかもしれないが、どういう基準でどういう革を選んでいるのか
 因みに「ティンガサイド」は等級さえないのです。


私なりに装飾せず正しい表現で書きなおしてみました。


「クロコダイル」と言えないカイマンワニの脇腹、

これをティンガサイドと言います。
このティンガサイドを使用しております。」





電子書籍「クロコダイル製品と買う前い読む本」に掲載した「ティンガサイド」画像


電子書籍

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00JL1YGYK

いくらなんでもこんなにストレートなことは言えなし、
イメージが悪くなるのは私にもわかります。


但し、間違った情報を堂々と言い切ってしまうのは、
問題ありますよね


依然もお話したことがあるかと思いますが、


私たちのお客さんで新宿の某有名百貨店で

紳士靴売り場に並んでいる
クロコダイルシューズのクロコの柄について聞かれたことがありました。


お聞きすると、完全にティンガサイドの柄
クロコダイルではないのです。


販売に当たる店員さんは悪びれもせず「クロコダイル」です。
と説明していたようです。


高級なイメージを作り上げたいのはよくわかりまし、
ブランドにとってイメージは命ですよね


他方、いろいろと偽装、詐称問題が明るみに出ているご時世で
クロコダイルほどグレーな部分が多い素材も珍しいような気がします。


グレーとは販売している側に正しい知識や情報がないために
余計にお客様を不安にさせてしまうということです。


敢えて申し上げるならば
ブランドが有名だからと言って

無条件に信頼する時代ではないのでしょうね


おそらく私が知る以上に調べればもっともっとたくさん
似たようなケースが出てくる筈です。


結果的に高いお金を払って自ら騙されている


そんな状況が想像していた以上に多いことも知りました。


きっとそれ以上に人間の見栄や自己満足感は
いつの世でも強いのでしょうね


そんなこと以上に誰しもが知っているブランドを身につけることに
満足感を感じる人がいる限り


特に「クロコダイル」では、この問題はなくならないでしょう


我がブランドGAUDIEはお陰様で
本物を愛するお客様に支えられ成長させて頂いております。


私はいつも革、革と泥臭いイメージがあるかもしれませんが、
必ず喜んで頂ける製品作りをこれからも続けていきます。



読者の皆様へ Facebookも頑張っています。

是非【いいね!ボタン】を押してください。http://www.facebook.com/Crocodile.Leathershop.Gaudie


GAUDIEのスタッフもブログの応援も宜しくお願い申し上げます。

http://ameblo.jp/gaudiestaff







いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

桜の花も散り初め、昼間はポカポカ陽気になってきましたね
私の大好きな夏もすぐそこ
考えるだけでワクワクします。


さて待ちに待った(?)私の電子書籍が発売になりました。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00JL1YGYK


プロの物書きでもない私が本を発売なんて
嬉しいやら、恥ずかしいやら


私がGAUDIEを立ち上げ、運営をしている中で
自分の感じていることや思いを正直に書き綴りました。


クロコダイルをはじめ革製品の一番の魅力は
まず何と言ってもその素材感


素材の良さ、素晴らしさを感じることによって得られる
充足感と使用したときに得られる心の豊かさではないでしょうか?


そして機械ではなく、人間にしか表現できない手作り感


手作り感と言うとやや雑な縫製などをイメージされる方も多いかと思いますが、

そうではなく、見る人が見ればわかる人間の仕事


素晴らしい素材を凄腕の職人が作ることによって
表現される深みのある革製品


そんな製品作りを理想として、日々私たちなりに努力しているわけなのです。


その大前提として、私たち自身が人間力を磨き
「この人たちから買いたいな」と思って頂けるような人間集団になること

そんな理想を胸にこれからクロコダイル製品をお考えの方々に向けて
若輩ながら本にさせて頂きました。


振り返れば昨年の春から本当にたくさんの方々にご支持頂き、


数えられない程のお客様とお目にかかり、
お話をさせて頂きました。


その中には、「この人の生き方素晴らしいな」と素直に思い
尊敬できる人とたくさん知り合わせて頂きました。


そんな方々からいろいろな刺激も私自身たくさん頂きました。


私たちの製品をお買い上げ頂きながら、
人間的な交流もさせて頂ける


こんな素晴らしいことはないですね


人間の人間による人間のためのブランド


これからもGAUDIEはいろいろな方々とともに

成長し続けるブランドでありたいです。


さて「電子書籍」関連のお話はこれくらいにして、
皆様にもう一つ嬉しいご報告があります。


そもそもGAUDIEはブランド立ち上げ時より
クロコダイル革の靴をブランドの強みとして
今後も力を入れていきたいアイテムとして考えてきました。





GAUDIEの靴を代表する「クロコダイルホールカットシューズ」


http://gaudie.jp/SHOP/FY1101.html


特に靴は実際にお履き頂くことが重要なアイテムであるという観点から、
置いて頂ける場所を探していたのです。


以前よりお取引のあった西武百貨店様の方でなんと4店舗で
お取り扱い頂けることになりました。


「池袋、渋谷、横浜、千葉」です。


まず今月に企画しているGAUDIE JUNIOR サンダルフェアの
「クロコダイルトングサンダル」からスタートします。


勿論インターネットを通じての直接販売が基本ですが、
見て頂ける場所を増やすことも大事かなと考えております。


お財布同様靴も企画、革、職人、そして販売と
クロコダイル革靴の魅力をお伝えできるように
力を入れていきたいと考えています。


4月以降も皆様にお楽しみ頂ける企画を構想中です。


私たちにしか出来ない私たちだけの企画・サービスは何なのか


スタッフ一同力を合わせて頑張っていきますので、
引き続きGAUDIEを応援してください。


読者の皆様へ Facebookも頑張っています。

是非【いいね!ボタン】を押してください。http://www.facebook.com/Crocodile.Leathershop.Gaudie


GAUDIEのスタッフもブログの応援も宜しくお願い申し上げます。

http://ameblo.jp/gaudiestaff









いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)