CrocodileShopGaudieのブログ

東京都蔵前のCrocodile Shop「GAUDIE」のスタッフブログです。


テーマ:

めっきり涼しい秋の風が吹いてきましたね


寒暖の差が激しく、私の周りには風邪ひきが多いです。
皆さんもどうかお風邪引かれないようにご注意ください。


いくつかお知らせがあります。


既にフェイスブックではお知らせ致しましたが、
一昨日発売のLEON11月号に私たちのミニクラッチが掲載されました。


今回のテーマは「パイソン」ということでした。


CrocodileShopGaudieのブログ



ミニクラッチ本体のベースにダイヤモンドパイソン(ニシキヘビ)ナチュラルカラー
持ち手(ハンドル)部分にクロコヒマラヤという
うちならではの絶妙な素材コンビネーションで作りました。


CrocodileShopGaudieのブログ
LEONではご覧頂けない内側の仕様です。


そもそも爬虫類皮革専門にモノづくりを代々してきた職人さんたちにとって
クロコとパイソンは必ずと言ってよいほど手がける素材で
それだけ相性の良い素材だと思います。


さらに申し上げると、素材感の良さが売りの私たちGAUDIEですから
パイソンと言えどもセンター取りに拘っています。


ご注文はお早めに!


もう一つ、昨日より私どものスタッフ河本が関西のイベントに参加しております。


神戸から大阪心斎橋へと、


大丸神戸店9階イベントスペース     9月25日~30日
大丸心斎橋店5階紳士用品雑貨売り場   10月2日~15日


普段お電話やメールでしかお話できない何人かのお客様が

早速お見え頂いたようでとても嬉しく思います。


もしお近くにお住まいの方がいらっしゃいましたら、
是非お立ち寄りください。


お待ちしております。


遅めの夏休みも兼ねてヨーロッパに行ってきました。


フランスのパリからポルトガルのリスボン、ポルトへと
合計9日間の旅行でした。


実は私たちの事業の中で少ないのですがヨーロッパから靴を輸入していて、
中でもポルトガル製のコンフォートシューズは10年以上続けています。


ポルトガルのポルトにエージェント役の人がいて
その人に靴メーカー視察とサンプル依頼に行きました。


ご存知の様にドイツを除きヨーロッパ全体は相変わらずの経済危機だそうです。


町の雰囲気自体は10年前とさほど変わった感じはなく、
のんびりした雰囲気を感じたのですが、


ただ私自身にはとんだ災難がありました。


ポルトガルのリスボンからポルトまで電車移動だったのですが、
なんと車中でスーツケースを盗まれてしまったのです。


あちらの電車も日本の新幹線同様、荷物置き場の棚が車両と車両の間にあり、
大きいスーツケースなどは、当然そこに置かないと

他のお客様の邪魔になるだろうと置いておりたのです。


座席に腰掛けてすぐに車両を間違えていることに気が付き
正しい車両に移動しなければと荷物置き場に向かったのですが、
なんと置いた筈のスーツケースがないのです。


間違った席に座ってそれに気がつくまで5分もかからなかったと思います。


車掌さんに伝えたところ「そんなことは日常茶飯事だよ」とそっけない返事


実は車両に乗り込むときに、一人親切そうな初老の紳士がニコニコしながら
私の荷物を車両に運び入れるのを手伝ってくれたのです。


あちらの電車は車両の乗降ドアの位置がホームより高く、
重い荷物だと一人で持ち上げるのがかなり大変だったのです。


ポルトの駅に到着後、地元の警察に届けをだしに行きました。


対応してくれた警察官曰く、その紳士の可能性が高いとのこと

私もそんな気がしてならないのですが、
もし違うなら、親切なおじいさん御免なさいですね


とんだ災難もありましたが、

久しぶりにヨーロッパの雰囲気を肌で感じることが出来て
気分的にもリフレッシュ出来ました。


CrocodileShopGaudieのブログ

生憎、飛行機や電車での移動にかなりの時間を費やしたもので、
土日に落ち着いた時間があったのですが、
お店がお休みで、市場調査というわけにはいきませんでした。


経済危機のクセに自分たちのスタイルや習慣を変えないのは、
すごいと言うか、呑気というか

そう思うのは私だけでしょうか?



読者の皆様へ Facebookも頑張っています。

是非【いいね!ボタン】を押してください。http://www.facebook.com/Crocodile.Leathershop.Gaudie




CrocodileShopGaudieのブログ

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

秋風が吹きはじめたと思ったら、真夏日になったり、
まだ安定しない気候が続いていますね


今月11日より大丸東京店での「サンクスフェスティバル」がスタートし、
連日スタッフが7階の紳士用品売り場で頑張っています。


CrocodileShopGaudieのブログ
普段お見せできないグレージングのカラーを展示しています。


皆様お越しの際には、是非声をかけてみてください。


CrocodileShopGaudieのブログ
ベルトコーナーにGAUDIEスペシャルカラーベルトを展開しています。http://gaudie.jp/SHOP/13BELT.html


24日までですが、15日と23日の日曜日には、職人の小川さんによる
名入れサービスを行ないます。


さて今日は同じ業界の仲間から聞いた「クロコダイル製品の深刻な現状」
もっと言うと「クロコダイル製品の販売現場の深刻な状況」

についてお話したいと思います。


私たちの業界のみならず、革製品業界全体に言えることですが、
材料代、加工賃を含めたコスト自体は上昇しているにも拘わらず
製品価格は低いまま推移しています。


その根底にあるのは、お給料が上がっていないので、
安いもでないと売れず、値上げせざるを得ないのに、
値上げすると売れないという日本社会全体としての問題がありますね


「モノづくり」の観点から申し上げると、ああしたい、こうしたい
例えば、良い素材を使用したい。作りをよくしたいなど
製品をお使い頂ける方々のことを考えて、良い製品をお作りしたいと考えても
コストが許さないのが、今のご時勢です。


そんな状況の中、なんと小売店で質流れ品を買い入れて

販売しているところがあると言うのです。


よくよく話を聞いてみると、それら質流れ品の元は、

製品を作っている工場がお金に困って質入れしたもののようです。


この商品の流れは本当に怖いことです。


つまり仕入れになんの思い入れもなく、安く仕入れているため
販売するのも安く販売している筈です。


そんなことを何もしらない消費者は「クロコダイルはクロコダイル」ということで
普通に購入されているのだと思います。


そして知らないうちに有名ブランド以外の

クロコダイル製品の価格相場が形成され
そのシワ寄せが「モノづくり」の現場を直撃しているのです。


具体的に申し上げると、例えば財布、そう言った質流れ品の

価格に合わせたコストを現実、要求され、
職人さんには限界を超えた低い加工賃での仕事を求めてくるのです。


そういう意味で「心のないモノづくり」をしなくてはならず
心のない製品」が世の中溢れてきているということになります。


一方、テレビ通販等でも消化率(売れる比率)が低くなり、
売れ残り品を捌かなければいけない状況も私たちの周りではよく聞きます。


それぞれの企業が存続を欠けて売上を伸ばすことに

必死になっていることは言うまでもありません。


ただこのような「質流れ品」や「売れ残り品」が業界全体として
自分たちの首を絞めてしまっていることは事実です。


引いては購入されるお客様全員に対しても、
クロコダイル製品がなんとなく高級なもので、それを安くしているという
心のない販売」をしているわけです。


今日はあまり良くないお話をさせて頂きましたが、

そのような製品が氾濫すればするほど
本当にクロコダイル製品を愛する方々のために、
やるべきことがはっきりしてきているように思います。


また今日もクロコダイル製品ファンをお一人でも増やすために
販売の現場やネット対応も含めて、一生懸命ご説明させて頂きます。




読者の皆様へ Facebookも頑張っています。

是非【いいね!ボタン】を押してください。http://www.facebook.com/Crocodile.Leathershop.Gaudie


CrocodileShopGaudieのブログ
私も時間の許す限り売り場におります。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:


暑い夏も終わり落ち着くかと思いきや
悪天候続きでいったいどうなってるのと心配になるこの頃ですが、
皆様いかがお過ごしですか?

南澤です。


一つ前のブログでスタッフ河本より、
来週11日から大丸東京店の「サンクスフェスティバル」

参加するお知らせしましたが、


毎回このようなイベントに参加するにあたり、
他社には出来ないうちならではのオリジナリティーを出すにはどうすればいいか
頭を悩ますわけです。


その意味では私たちGAUDIEのセールスポイントはどこまでいっても革ですね


クロコダイル革の知識、情報、どうすればクロコダイル革の良さを最大限活かす
製品を供給することが出来るかに尽きるかと考えるわけです。


CrocodileShopGaudieのブログ
木陰に潜むクロコダイル


そこで今回のイベントの目玉としては、


①クロコのオールドファンには懐かしい「背ワニ」の財布




②スモールクロコ(ポロソス)コレクション


CrocodileShopGaudieのブログ


スモールコレクション代表作「比留間長財布無双」http://gaudie.jp/SHOP/HI1300.html


をお見せすることになっております。


なかなか普段見れないような商品ですので、

是非皆様大丸東京店7階にお越しください。


イベントの宣伝はこのくらいにして、
現在のクロコダイル革の状況をご説明したいと思います。


相変わらずスーパーブランドの皮買い占めは止まることを知らないようで
それらに追随するヨーロッパのセカンドブランド

(これから有名になりたい新興ブランド)までもが
産地に皮を買い求めてきているようです。


情報によるとうちの親会社をはじめとする

日本勢の倍近い価格を提示しているようです。


必然的に値がうなぎ登りに跳ね上がり、

日本勢は3番手、4番手になりつつあるようです。


慢性的なデフレに悩まされ続け、とにかく安く安く
安くないと売れない病に陥っているような日本市場
これからどうなってしまうのでしょう


挙句の果てに安く商品を作らされすぎて、
立ちゆかなくなって倒産もしくは閉鎖に追い込まれた

革製品工場の話は日常茶飯事です。


とまあ、後ろ向きなことばかりも言っていられないので
せめて豊富な情報、誠実なモノづくり、対応
微力ながら日本のクロコダイル業界を元気付けたいと考えています。


最後になりますが、昨日専門誌「日本の革」の取材を受けました。


そもそもクロコダイル製の商品は個性が強いので、
雑誌やテレビなどで取り上げやすい商材ではあるのですが、


「うちの商品は革の選別や自分たちと職人による革のチェックで価値が決まる」というポイントを強調しました。


1年に1度の発刊とのことで、

取材を受けた記事は10月中頃に発刊されるようです。


またブログでご紹介しますが、出来るだけ多くの方々に

見て頂けると嬉しいです。




読者の皆様へ Facebookも頑張っています。

是非【いいね!ボタン】を押してください。http://www.facebook.com/Crocodile.Leathershop.Gaudie





CrocodileShopGaudieのブログ




いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)