CrocodileShopGaudieのブログ

東京都蔵前のCrocodile Shop「GAUDIE」のスタッフブログです。


テーマ:

大丸東京店での販売も終了して束の間


テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」で
我が社のGAUDIEクロコダイル製品が紹介されることになりました。


放送は来週2日(火)PM11:OOからです。



ことの経緯は、販売最終日の前日


2月の大丸東京店での財布売上ベスト10が紹介されること


そして私たちGAUDIEのクロコダイル財布がなんと4位と9位にランクされている
ことを大丸バイヤーより告げられました。


年が明けて革財布がよく売れていることを取り上げ


どのような財布が売れているか


またどのような会社が製造しているのか


「ワールドビジネスサテライト」で紹介されるようです。


テレビ局側にしてみれば、ランクの中でクロコダイル製があるということは
インパクトがあり、ネタとしては悪くないということかなと思いました。


私たちの製品以外の革財布ということで5分くらいの枠だとのことですから
ほんの僅かな時間かもしれません。


でもテレビということで、今から楽しみですし、

一人でも多くの方に見て頂きたいものです。


さて私からしてみれば 心の準備もないまま
インタビューと撮影が行われました。



CrocodileShopGaudieのブログ
GAUDIEショールームでの撮影風景


私なりに一生懸命説明したつもりですが、
そこは昔からの上がり症


自分でもまとまりのないことを話しているなと
今では後悔しきり


GAUDIEショールームも入口から、
ショールームにあるクロコダイル革や製品も撮影して頂き、


編集でカットされないといいなとばかり考えていました。


GAUDIEショールームの後はGAUDIE製品の製造を主力でお願いしている
小川さんの工房へ


CrocodileShopGaudieのブログ
小川さんの工房での撮影風景


ここでは革の検品と型入れ、裁断と
私が常日頃申し上げているクロコダイル製品の一番大切な仕事


まさに製品の良さが決まると言っても過言でない仕事風景を
撮影して頂きました。


小川さんもやや緊張した面持ちながら、

一生懸命の仕事姿と説明は感動さえ覚えました。


今回の出来事を通じて改めて協力して頂ける人の大切さ
かけがえのない思いやりの気持ちが伝わりました。


どのような放送になるかわかりませんが、


放送では伝わりきれない裏側にある人間模様


人間が人間のために人間によって作られている革製品

その独特な世界観を感じとって頂けたら嬉しいです。

皆さん是非ご覧になってくださいね





クロコダイルレザーショップ/ガウディ  http://www.gaudie.jp/


読者の皆様へ Facebookも頑張っています。

是非【いいね!ボタン】を押してください。http://www.facebook.com/Crocodile.Leathershop.Gaudie



CrocodileShopGaudieのブログ


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

久しぶりのブログになります。


大丸東京店での販売も折り返し地点で
いよいよあと6日間になりました。


土日や昨日のような祭日には
お子様連れのお客様がたくさんお見えになりました。


小学校低学年のお子さんは
飾ってあるワニ革がリアルなのでビックリ


私も調子に乗って、動物園の職員の方のように
出来るだけわかりやすく説明してあげたりしていました。


特に頭付きのワニ革は衝撃的だったようです。


CrocodileShopGaudieのブログ


今回もいろいろと良い経験をさせて頂いております。


裏話になりますが、


今回設営した後、
売場の装飾係の方からクレームを頂きました。


私とするとせっかくの販売の機会


出来れば一人でも多くの方々に
クロコダイル革とクロコダイル革製品の良さを

アピールしたい気持ちでいっぱいでした。


そこは百貨店、なるたけスッキリとわかりやすく展示して欲しいようで


最終的には、私も妥協して、

「出来るだけスッキリ でも見せたいものをお見せする」


ということで、現在のような状態に落ち着きました。


それでも商品が無機質(言いすぎかも)に整然と並んでいる7階紳士用品売場で
少しは話題を提供できてるかなと自画自賛しています。


さて今週末土曜日(23日)以前ブログでご紹介しました「切り目の帝王」

http://ameblo.jp/gaudie-shopstaff/entry-11456365444.html


比留間隆さんが私と一緒に売場にいる予定です。


CrocodileShopGaudieのブログ


スペースの関係で財布は無理ですが、キーホルダーの

切り目作りの実演をお見せします。


ご興味のお持ちの方、またとない機会です。


日本一のクロコダイル財布職人のスゴ技ご覧になりませんか


お待ちしております。




クロコダイルレザーショップ/ガウディ  http://www.gaudie.jp/


読者の皆様へ Facebookも頑張っています。

是非【いいね!ボタン】を押してください。http://www.facebook.com/Crocodile.Leathershop.Gaudie



CrocodileShopGaudieのブログ
大丸東京店7階紳士用品売場にて

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日はショールームオープン日、

http://gaudie.jp/hpgen/HPB/entries/148.html

靴のお好きなお客様からお電話頂いたり、
いつもよりゆったりと仕事が出来ています。


来週13日からの大丸東京店「サンクスフェスティバル」に備えて

商品の準備をしたりもしてhttp://gaudie.jp/daimaru/index.html



CrocodileShopGaudieのブログ


先日とあるお客様よりバックの製作のご依頼がありました。


インターネットで見つけられた他社製のクロコダイルバック
と同じものをお作りになりたいとのこと


そのバックをネットを通じていろいろと調べてみると
正確にはクロコダイル革でなく「カイマン革」なのです。


おそらくこれは氷山の一角にすぎないのでしょう


皆様おわかりのように、私が言いたいのは、
「カイマン」が悪いということではありません。


「カイマン」なのに「クロコダイル」と誇張表現して
安易に販売してしまおうと言う気持ちが許せないのです。


もしかして販売業者はそれすらも知らないのか?


つまり「クロコダイル」「カイマン」含むワニ革の知識が
ほとんどないのに、
無責任に言葉を飾って売ってしまおうと言うことなのか?


今日はブログを通じて少し「カイマン」のことお話したいと思います。


「カイマン」通常流通しているのは
正確には「メガネカイマン」と言います。


南米のコロンビアやベネズエラの沼地や河川に生息していて
その革としての輸出量は一時クロコダイル全体(スモール、ナイル、シャムなど)と
ほぼ同じくらいであったのです。


つまり相当大量な「カイマン皮」が出回っていたことになります。


そんな大量な皮は東南アジアで鞣され、
そこで製品化されるか 中国で靴やバックなどに加工されていました。


なぜ過去形かと言うと、

現在では「カイマン」の流通量は以前程ではないようです。


早い話し、「クロコダイル」と違って「カイマン」は
完全な供給過多なのです。


従って大量な製品が作られ、大量に製品として出回るという構図になるのです。


簡単に見分ける方法ですが、


「カイマン」は皮(革)全体に骨質部が多く、硬いので
通常クロコダイルのお腹にはない石のようなものが
「カイマン」のお腹には見えるのです。


お腹なのにゴツゴツしている。

これが一番の特徴ですが、
ネットなどでは、これを「背ワニ」などと表現してしまっています。


以前あるお客様に「南澤さん、お客さんはそんなこと気にしないから
大丈夫だよ」と言われたことがあります。


果たしてそれでいいのでしょうか?


それらと比較させて自分のところの製品を販売したいということではないのです。


どうしても売ってしまえばいいやと思えないし、


そういうことなら正しく製品をお作りする意味がありません


どうか皆さん、

便利なインターネットで欲しい商品を探すときは、
お気をつけてください。


特に想像しているよりも「安いな!」と感じたら要注意です。



クロコダイルレザーショップ/ガウディ  http://www.gaudie.jp/


読者の皆様へ Facebookも頑張っています。

是非【いいね!ボタン】を押してください。http://www.facebook.com/Crocodile.Leathershop.Gaudie



CrocodileShopGaudieのブログ
大丸東京店 ガウディコーナーにて 現在では真ん中になっています




いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)