CrocodileShopGaudieのブログ

東京都蔵前のCrocodile Shop「GAUDIE」のスタッフブログです。


テーマ:

待ちに待った我がGAUDIEのクロコダイルデザイナーREY KURODA
のブログがスタートしました。

http://ameblo.jp/gk-4/




CrocodileShopGaudieのブログ
クロコダイルジャケットの製作で打ち合わせをしているところ


元々メンズシューズのデザイナーとして有名で
私と縁があって現在はGAUDIEのデザイナーとして活躍しています。


何を隠そう、私が親会社でまだまだ駆け出しの若い頃
当時私が営業していた靴工場のチーフデザイナーでした。


当時筆を使って靴のデザイン画を描いたいたのを見たときは、
びっくりしました。


一風変わった雰囲気ですが、内面は野武士ような
日本人丸出しの骨のあるタイプです。


ひときわ個性のある他の人が真似出来ない商品を考えだしてくれます。


時には職人泣かせで、製作がむずかしいものを依頼したりしますが、
そこはREY KURODAならではの魅力でなんとか形にしてしまうのです。


大量生産の時代は終わり、より個性のある商品が求められる時代


クロコダイルという個性的な素材とREY KURODAのような

個性溢れるデザイニングがGAUDEIにとって
かかせないエッセンスになっていると思います。


彼のブログもREY KURODAらしい変わった感じのブログになる筈です。

私の持っていない独特な世界感をどうぞお楽しみください。

店長 南澤


クロコダイルレザーショップ/ガウディ  http://www.gaudie.jp/




いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

上海から戻って来たばかりですが、
新宿小田急百貨店での「男の雑貨“Made in Tokyo”スタイル」
に参加しております。



CrocodileShopGaudieのブログ

新宿小田急百貨店11階


ショールームはあるものの、直営店を持たない弊社にとっては、
自慢の商品をお見せできるチャンス
今回は一人でも多くの方々に見て頂こうと
割り切ってGAUDIEの良さについてのご紹介に励んでいます。


他のデパートさんからもご興味を示して頂き
出来る限り取り組んでいこうと思います。


今回は我がGAUDIEを縁の下で支えてくれています小川さんにご協力頂き、
ベルトをお買い上げのお客様に、名入れ(ベルトの裏側に名前を入れる)
サービスを行っています。


とても好評なので、これからもこういうサービスを行っていきたいと思います。

・・・・と宣伝はここまでにして


前回のブログで中国の市場についてお話致しましたが、

http://ameblo.jp/gaudie-shopstaff/entry-11260090612.html


日本も中国の市場と違う意味での問題を抱えていると改めて感じました。


それは極端なデフレによって物の本来の価値(実体)と価格がアンバランス

になってしまっていることです。


我々は、ものづくりの立場からしか言えませんが、
基本的に革製品は特に手をかければかけるほど良質な品物が出来上がります。


極端に言えば、値段を抑えるために手を抜けば確実に商品のクオリティーに

反映されるのです。


我々の商品は、ほとんどの工程を人の手によって作られます。
丁寧に時間をかけてやれば、加工賃である人件費はおのずと高くなるものです。


高くなっていいとは思いませんし、企業努力で安く抑えることも必要なのは

わかっています。


過剰なほど価格に拘り、本来あるべき姿を見失っているのではないでしょうか

少し前までは、流通段階での中間マージンを除いているので

この安さを実現できたとかよく聞いたものです。


現実は本来必要不可欠なものまで、除いてしまっているように思います。


かなり安いと感じるものがあったら、必ず何か理由があります。


せめて我々だけは、良質なものを少しでもお買い求めやすい価格での

ものづくりをしようと改めて心に決めました。


わかって頂ける方がいなくならないことを信じてやみません。



店長 南澤


クロコダイルレザーショップ/ガウディ  http://www.gaudie.jp/



CrocodileShopGaudieのブログ



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本の革製品PRのために上海で日本皮革産業連合会主催の
常設展示場に参加していることを以前ブログでご紹介しました。


その展示場の商品入れ替えのために、先週末から上海に行ってきました。


今回の上海出張で自分の想像をはるかに超える中国社会の現実を知りました。


私は仕事柄他の日本人よりは中国のことを理解しているつもりでしたが、
そこは所詮現代の日本人、甘すぎると思われても仕方のないほど
過酷な社会がそこにありました。


今日はその一端をご紹介したいと思います。


まず私には上海在住の二人の台湾人の友人がいます。


その一人はもう知りあってから10年近くなる
我が社の靴OEM事業の靴を生産供給してくれている
靴工場のオーナーで卓さんと言います。

http://ameblo.jp/gaudie-shopstaff/entry-11035005969.html


卓さんは生まれは台湾ですが、大学卒業後、単身で中国に移り住みました。
その後、靴関係の商社、工場勤めを経験し、
自分の工場を持つに至りました。


現在50代後半なので、かれこれ40年近く中国にいることになり、
中国のことを知り尽くした存在であります。


工場は広州にあり、家族のことを考えて、少しでも環境の良い上海に移り住んできました。


私が中国に出張するたびに私の面倒を見てくれるし、
自分の知っている限りのことを教えてくれます。


その意味で私の中国での先生とも言えます。


今回も私の滞在中、行きたいところ 見てみたいところに連れて行ってくれました。


CrocodileShopGaudieのブログ


まず一番印象に残ったことは、
特に上海など大都市では、異常なほどのインフレで
物価がかなり高騰しているようです。


当然働いている人々の賃金も上がっていますが、
物価の上昇に追い付いていないようです。


例えば私たちが一番関心がある革製品(主に牛革)などは、
明らかに日本よりも高いものばかりです。


一番問題なのは、物の値段に品質やサービスが追い付いていないのです。


品質について、食べ物では化学薬品を使用した身体に悪影響のあるものが多い、
聞いたのは、古くなった野菜を薬品によって新鮮に見せかけるとか

その他有名ブランドの製品ですら、信じられないことにコピー商品が混じっているケースがあるようです。


また一部改善の動きがあるようですが、売ったら売りっぱなしで、
返品や修理の対応などあまり受け付けないないようです。


器(建物)ばかり立派に作り商品やサービスが価格の上昇に追い付いて

いないのです。


一番いい例が新幹線です。


スピードで日本をはじめ、世界の国々に勝っても
安全においては、低いレベルなのです。


発展や成長に伴って物の値段が高くなることは、仕方のないことだと思います。


上海の少しお金のある方々ですら、良質なものは海外で買うとも聞きました。


ひとつには値段の問題、もう一つは偽物が多い問題です。


つまり見せかけのお金持ちは増えているものの、
お金以上の付加価値が存在しにくい社会なのです。


今回の出張で改めて中国社会の現実とこの社会といかに向き合い

物を販売していくか


私にとって大きなチャレンジになります。



店長 南澤






クロコダイルレザーショップ/ガウディ  http://www.gaudie.jp/



CrocodileShopGaudieのブログ
上海でのもう一人の友人であり、販売パートナーとのツーショット






上海353広場前 中国の地方からの観光客で賑わっていた。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)