CrocodileShopGaudieのブログ

東京都蔵前のCrocodile Shop「GAUDIE」のスタッフブログです。


テーマ:

せっかく購入したクロコダイル製品
出来れば長く使用したいものです。


私どもが加盟している組合(JRA)に
デパートなどを通じて
製品が破損したなど、いろいろな事例が寄せられているようです。


ほとんどの場合、日常生活でのちょっとした注意で
防げる
ことが多いと思われます。


例えば取り扱いが乱暴でキズが出来てしまった。
また長期間タンスにしまっておいたために
カビが生えたなど


私どもからすれば何故もう少し大切に扱えないのかと
思ってしまうことも多いです。


売りたいがために、その革や製品が持つ性質とデメリットを
よくお客様にご説明しないケースが多いのも現実ですが、


そこはクロコダイルスペシャリストたる我々GAUDIEは、
出来るだけ正しい知識をお伝えしていきたいです。


そして末長くクロコダイル製品をご愛用して頂きたいのです。


今日はその中からシャイニング(グレージング)仕上げ製品の
特性とご注意頂きたいことをお話したいと思います


シャイニング仕上げの魅力は


なんと言ってもその光沢感でしょう
その光沢感は残念ながら絶対不変ではありません


またその繊細な風合いと透明感
これぞクロコと思わせる表情がある半面
使用中に細かいキズ付きやすく
紫外線などにより変化しやすいのです


CrocodileShopGaudieのブログ
GAUDIEの馬蹄型コインケース シャイニング仕上げ


まずその光沢感は、
革の加工の段階で、光沢を出す処理を施しています。


革の状態であれば、再処理で元に戻すことは可能ですが、
製品になると、光沢を出す処理を革と同じように出来ないので、
元どおりの輝きを取り戻すことは不可能です。


やはり丁寧に使用して頂くことにつきると思います。

そして手垢や汗などが付着した場合は、
なるべく早く柔らかい布で拭き取ることが重要です。


あまり詳しくご説明すると
そんな大変なら買いたくないと言う方々も多いかとおもいます。


でも大切にすることによって、
少しずつその愛着感が増してくるものです。


その結果として、長く輝きを保ったままで、
存在感を維持できるものと思います。


いま一度ご使用中のクロコダイル製品を見てみてください。

大切にしてくれてありがとうと微笑んでいるか
くたびれて悲しそうな顔をしているか


一番わかりやすいのが、シャイニング仕上げだと
私は考えます。





クロコダイルレザーショップ/ガウディ http://www.gaudie.jp/










いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:



日本語バージョンに引き続き

ついにガウディのプロモーションビデオ中国語バージョンが出来あがりました。




中国語圏の方々にも

日本製の品質の良さとガウディの物作りに賭ける情熱をお伝えできれば

幸いです。



これを機に気分も新たに

世界の人々に愛されるような商品を

少しでもご提供していけるよう頑張ります。




クロコダイルレザーショップ/ガウディ http://www.gaudie.jp/
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

よくスモールクロコという名前から
単純に小さいクロコダイルと思い込んでいる方が多いです。




実際は私たちが腑と呼ぶ鱗の部分(英語でスケールと言います)
小さくて細かいので、スモールスケールクロコ
略して、スモールクロコと言うのです。

CrocodileShopGaudieのブログ



クロコダイルも製品になってしまうと
特に財布、ベルト、靴などの小物類は
製品自体が小さすぎて、
ワニの種類まで見分けることはむずかしいものです。




ハンドバックであれば、
一番特徴のわかりやすいお腹の部分を
大きくバックの表と裏に使用するので、
小物よりもわかりやすいです。




今回はスモール、シャム、ナイルの3種類について
比較することによって、
その違いをご説明したいと思います。




お腹の中央部に広がっている四角い腑()を通称、竹腑と言います。
この竹腑から種類を見分けることは、私たちでもむずかしいです。



CrocodileShopGaudieのブログ

お腹の両脇の丸く細かい腑をまさしく、丸腑と言います。
竹腑と丸腑のバランスで見分けるのが、一番わかりやすいと考えています。




まずスモールクロコは、竹腑と丸腑の境目を見ると
竹腑ひとつに対して細かい丸腑が2あるのがわかります。



CrocodileShopGaudieのブログ

スモールクロコ



この同じ竹腑と丸腑の状態で大きくなったのがシャムです。
さらに言うと、シャムは全体的に細長く
ひとつひとつの腑がスモールより大きいのです。



CrocodileShopGaudieのブログ




余談ですが、スモールやシャムはアジアのワニなので、アジア人と同じく 

胴にあたるお腹が長く、足にあたる尻っぽが短いと言われています。




ナイルについては、丸腑の範囲自体が狭く
ほぼ竹腑と同じくらいの大きさで丸腑が存在しています。
竹腑と丸腑の境目があまりわからないように見えます。


CrocodileShopGaudieのブログ

ナイルは寸づまりで、かなり顎の部分からお腹の部分にかけて
短く
見えます。


スモール、シャムとは反対にヨーロッパの人のように

胴が短く、足が長いということですね





少し専門的でわかりにくいかもしれません
クロコダイル製品をご購入されるとき、

参考にして頂ければ嬉しいです。






クロコダイルレザーショップ/ガウディ http://www.gaudie.jp/

































いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)