CrocodileShopGaudieのブログ

東京都蔵前のCrocodile Shop「GAUDIE」のスタッフブログです。


テーマ:

上海に行ってきました。


目的は上海繊研時尚展というアパレルや革製品の展示会があり、

私たちが加盟する皮革産業連合会という組合で

日本の組合メンバー17社をまとめて日本パビリオンとして参加しました。


私たちガウディも仲間に加えて頂き、3日間展示してきました。


CrocodileShopGaudieのブログ


展示会場の上海マートという場所は、

羽田から直行便の出ている虹橋空港と同じ地域にあり、

空港からも15分。そういう意味では便利なところでした。


ただ いくら中国が経済的に伸びていると言っても

まだまだ一般的には、クロコダイルはとても珍しいもので、

値段も高いというのが、大半です。


それでも一部の富裕層、

しかも日本では考えられないようなお金持ち層は現実、存在しているようで

今回も展示会にいるときより、町に出かけていて肌で感じました。


そして今回長年お世話になっている取引先の社長であり、

かけがいのない友人でもある中国在住歴21年の台湾人より

とても壮大な計画を打ち明けられました。


実は私の今回の上海訪問はそのためだったのです。


私にとってもガウディにとっても最高にいい話です。

次回のブログで詳しくお話したいと思います。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

どんな製品でも同じものをたくさん作ることによって

職人さんの製造コストを安くすることが出来ます。


これは、クロコダイル革以外の副資材(財布の内側の牛革や

その他のパーツ類)もまとめて数多く仕入れることにより、

割安になることと、

職人さんも同じものを作ることで、ミシンの糸の設定を変えなくていいなど

製造効率が良いので、通常の加工賃よりも安くしてもらえるからです。


反面、同じものばかり作り続けていると、考え方がどうしても、ビジネス志向になり

数のまとまったものしか 作らないようになり、

少しでも良いものを作ろうとか、製品作りに工夫をしようとかいう探求心が

なくなるのは事実です。

また、製品の作りそのものに拘りや特殊な技術がないと

価格競争に巻き込まれ、最終的には海外に行かざるを得なくなります。


そもそもクロコダイル製品は、その素材の良さ、特徴を理解し、

製造工程で時間をかけるべきところが、たくさんあり、

あまり経済効率を上げられないものなのです。

安く作ることを追求しすぎたために、長くお使い頂いたときに

型崩れなどが起きやすくなり、素材の価値までも下げることになりかねません


高いものが良いもの、安いものが悪いものと言いたいわけではありませんが、

作りに自信のないものに限って、価格を安く設定して、

大量に販売するという傾向にあることは、間違いないことです。


もし同じクロコダイル製の似たような商品で価格の差がかなりあるなら

製造している会社のことやその商品の内容について

詳しくお調べになることをお勧めします。

おシャレだとか色が綺麗だとか表面的なセールスポイント以外に

どういう特徴があるのか どこに拘りがあるのか

よく理解した上でお買い求めになるべきだと考えます。

後悔しないようにしてください。


クロコダイルレザーショップ/ガウディ http://www.gaudie.jp/













いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ワニって何種類いると思いますか?


ワニ革を扱うようになって初めて知ったんですが、3科9属23種と言われ、

簡単にわけると、「アリゲーター科」・「クロコダイル科」・「ガビアル科」に分かれています。


その中で普段から扱っているクロコダイル革と呼べる「クロコダイル科」に関して少ずつ自分が革について覚えていった事と実際にさわった感じ等書いていきたいと思います。


まずはじめは、「スモールクロコ」です。

一言で説明すると

「ワニ革の代表格で、腹部の四角形(長方形)をした鱗が美麗に揃った最高級品と評されている革。」


そんな「スモールクロコ」で私が最初に驚いたのが3つの呼び名があったことです。


一般名 「イリエワニ」/「スモールクロコ」

商業名 「Saltwater Crocodile」

学名   「Crocodylus porosus」


普段生活していると、「商業名」・「学名」なんて意識してないから当たり前ですよね。

なんでお客様に「porosusuの革で財布作りたいんだけど~」と言われた時は

「スモールクロコ」と「ポロソス」がイコールであることに気づくのに時間がかかりました。

お客様によって呼び方が変わるので慣れるまでが大変でした。


革を見て触っての個人的な感想ですが、やっぱり竹腑と丸腑のバランスがとれていて綺麗で、クロコダイルの雰囲気を楽しんでもらえる革だと思います。


CrocodileShopGaudieのブログ-スモール革

なかなかクロコダイルの革を丸々見る機会はないと思います。

ガウディではご来店頂ければ、出来る限り革をお見せできますので是非見て頂ければと思います。

色々種類や個体差がありますが、実際にご覧になって気に入った革がお客様にとって「最高級品」だと思います。


ガウディ 河本


クロコダイルレザーショップ/ガウディ http://www.gaudie.jp/



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)