卵は、1日6個食ってもOK!?

テーマ:

「現在の油の常識」

 

 

gatugatu佐藤です。

 

今回は、料理レシピではありませんが

あなたが普段必ず料理に使う

『油』に付いて話します。

 

「激変した油の常識」の

暴露です。

 

この話を知っておくと、

 

「脂分の多い物は食べたらダメだ!」

「油は全部敵だ!」と食べることを

過剰に

 

制限する必要がなくなります。

 

ある一定の油は、

「積極的に摂った方がいいんだ」

というのが理解でき、”油”を安心して

を食っていただけます。

 

 

健康になりたい、減量したい・・・

 

となれば、体にために食事で摂る

「”油分”は減らす」が常識です。

 

が、

 

これが、最新の栄養学ではくつがえろう

としています。

 

いや、すでにくつがえっているかも

しれません。

 

現に、

 

2010年の「日本人の食事摂取基準

(30代女性)」の1日で摂取する

エネルギーの割合のうち脂質が占める

割合は、25%に設定されていました。

 

ですが、

 

2015年には、30%にまで引き上げ

られています。

 

さらには、”コレステロール”。

 

摂り過ぎると中性脂肪になったり、

高脂血症になったりするといわれ、

卵に多く含まれていることは有名

ですが、

 

摂取しても血中コレステロール値に

ほぼ関係なしと今では言われて

います。

 

コレステロールは体内で代謝できる量が

1日で2gほどです。

 

その量で勝手に調節されるので、

食べ物から摂るほど体への合成量が

減っていきます。

 

「卵は、1日5~6個まで食ってもOK」

 

とまで言い切る医師もいます。

 

また、3731人の日本人を17年間

追跡調査した、

「脳こうそくと食生活の関係」の結果では、

 

コレステロールの摂取量が多い人ほど

脳こうそくの死亡リスクが”低かった”

そうです。

 

このように、今まで多くの人が信じて

いた油に関する常識がここ十数年の

研究によって激変しています。

 

「それじゃ、油物はいくら食っても

大丈夫なんだ!」

 

というわけではありません。

 

油の種類によっては過剰に

摂取すれば蓄積され、体に何らかの

悪影響が出ます。

 

摂取するべき、

体のために"いい油”というのが

あります。

 

反対に”悪い”油もあります。

 

簡単に言うと・・・

 

避けるべき、摂りすぎに注意すべき

”油”は、

 

使い古した油(使って長期間放置した

揚げ油など)、マーガリン、シュートニング、

サラダ油。

 

マーガリンとシュートニングは、

元は常温で液体の植物性の油。

特殊加工で固体にしているわけですが、

この加工処理の時に一部が

 

「トランス脂肪酸」

 

という油になります。

 

コイツは、冠動脈疾患を引き起こす

可能性があります。

 

冠動脈疾患とは、心臓まわりの冠動脈の

内壁に沈着した脂肪などが血管の内腔

を狭めて血液量が減少し、

 

酸素や栄養素を心筋に運べなくなる

病気です。

 

胸が痛くなったり、胸が圧迫される感覚を

招きます。狭心症の症状のことです。

 

アメリカでは現在、 「トランス脂肪酸」 に

徐々に規制をかけていますが、

日本では規制がありません。

 

ただ、日本人が摂取している「トランス

脂肪酸」は、摂取する油分全体の約1%。

 

アメリカが摂取する量に比べれば少なく

ほぼ影響はないとも言われ、

それほど心配する必要はないです。

 

長くなりそうなので続きは次回。

 

"いい油”についてと、

最近はテレビでも取り上げられて

いる”オメガ9、6、3”などについて

詳しく暴露します。

 

 

続き、 油の新常識Ⅱ「オメガ3、6、9とは?」