「ガッツリ!山芋と海老の
ふわふわトロロ焼」

 

 

gatugatu 佐藤です。


「100円ショップのグラタン皿で
作れる簡単!山芋のトロロ焼」

 

を伝授します。


結構、幅広く何でも作って出す
居酒屋にいくと必ずメニューにある
のが、

 

これ、「山芋のトロロ焼」。
 

あなたは、食ったことありますか?


山芋をすりおろし、鉄板で焼いて
マヨネーズやソースや、濃口醤油を
かけて食う一品料理。


焼いた山芋とろろは焼くと香ばしく
なって旨いです。


生のトロロ芋を食べるのが苦手な
方でもとろろ感が少ないので
食べやすい。


が、


「山芋のとろろ焼」は、焼加減が
そこそこ難しいです。

 

焼きすぎると鉄板の底のとろろ芋が
こげる。


焼き足りないと”生々”します。


絶妙の焼加減にするには、何度も
失敗を繰り返す必要があります。

 

ですが、何度も失敗なんかしたく
ないですよね・・・


そこで、


初めて「山芋とろろ焼」に挑戦しても
失敗せず、簡単にできる方法が
あります。


しかも、ある食材を入れることで
フワフワ感も加わわりさらに
おいしい食感にできます。


焼きすぎたり、焼き足らなかったり
失敗しない方法、それは・・・


1つは『レンジ』を使うです。


先に9割ほどレンジ加熱で熱を通して
後は、グリルで焼くだけ、細かい
火加減の熟練テクニックなど
要りません。


もう1つ、『卵をぶち込んで混ぜる』


卵が混ざると固まりやすくなり、
「焼足りない!」ってことが無く
なります。


で、「フワフワ感」を出す”ある食材”
が、この”卵”なんです。


卵が加わることで”フワフワとろろ”
になります。


この2つの方法によって
「山芋のとろろ焼」が簡単に誰でも
できます。


この方法、私が大阪にいた頃働いて
いた居酒屋で実際使っていた方法。


この店の「山芋のとろろ焼」は
上記の2つの方法を使い作って
ました。


そうとうおかしなことしない限り
失敗したことがなかったです。


当時、一緒に働いていた料理未経験
のアルバイトの50歳のおっちゃんも
いつも完璧に作ってましたから・・・

 

間違いなくあなたにも作れます。


1つ問題点がありました・・・
 

「山芋のとろろ焼」の
オーソドックスな焼き方は鉄板を
使います”丸い鉄板”。


が、
 

家庭で専用の「鉄板」をこの料理の
ためだけにわざわざ購入するのも
もったいない、しかも高価です。

 

そこで、私のおすすめは、


「グラタン皿」。


これなら、100円ショップで
売ってます。

 

グラタン皿で十分に代用できます。


海老をぶち込んで”ぷりぷり感”も
追加した、「ガッツリ!山芋と海老の
ふわふわトロロ焼」の美味しいレシピ
は、

この先↓↓↓です!

 

 

 


【材料】

無頭海老(中)・・・2匹
山芋(長芋)・・・200g
卵(M玉)・・・2個

刻みネギ・・・適量
ソース(お好み焼き)・・・少量
マヨネーズ・・・少量
もみ海苔・・・少々


 

1、山芋をとろろにします。


山芋は、流水でよく洗いピーラーで
皮を剥きます。


おろし器ですりおろします。
(回しながらすりおろすと滑らかな
トロロになります)

 

 

 

 


2、海老は、皮と尾を剥きます。(全剥き)


背の部分を少し切り開いて、背わたを
取り出します。


(包丁の先を使い、上の方の背わたを取り出し
包丁で押さえ、海老を動かして背わた全部を
ひっぱり出します)

 

 

 

 

 

 

 


3、2本並べて1cm幅に切ります。

 

 

 

 

 

 

 

4、卵をボウルに割り入れ、菜箸で溶きほぐします。
 

白身と黄身が全体に混ざったらOK。

 

 

 

5、溶いた卵に山芋トロロと切った海老を
入れよく混ぜます。

 

 


 

6、(5、)をグラタン皿にどろどろっと
流し入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

7、ラップをして(空気が抜ける少し隙間を空ける)
レンジ(600W)で2分~2分30秒加熱し、
熱を通します。


(表面がほんの少し生っぽいくらいが
ちょうどいいです)

 

 


 

8、強火のグリルで表面にこんがり焼き目が付くまで
焼きます。(2~3分)

 

 

 

 

 

9、グラタン皿が入る大きめの平皿に
キッチンペーパーを敷いてその上に(8、)を
のせます。


(グラタン皿が超激熱なので「鍋つかみ」など
を使ってください)


ソース、マヨネーズ、刻みネギの順で盛り付け、
最後にもみ海苔をのせて完成です!


スプーンですくいながら食ってください。
 

 

とろろ芋に卵を混ぜてレンチン加熱、
後はグリルでパパッと焼くだけ。


「ガッツリ!山芋と海老の
ふわふわトロロ焼」


は、簡単にできて、


フワフワ、トロトロ、ぷりぷり感を
同時に味わえます。


調理時間もほんの15分です、
酒の肴に是非!作ってみてください。