石巻での出会い | 大阪のトラウマケア・インナーチャイルドセラピー・トランスパーソナルセラピーは心彩

大阪のトラウマケア・インナーチャイルドセラピー・トランスパーソナルセラピーは心彩

大阪の心彩は、トラウマに関する心理療法・トランスパーソナルセラピーボディ・ボディサイコセラピー・インナーチャイルドセラピーを行っています。ゲシュタルトなどの心理療法・セラピーにかかわって20年以上です。

石巻に初めて行ってきました。

友達が、宮城を案内してくれました。


鹿嶋御子神社に行ったときのことです。


二人連れのおじさんに声を掛けられました。

どこから来てるの・・・

からはじまり、津波の話をしてくださいました。


その時の話の中で、
各地から来てくれるのは嬉しいが、あそこは被害が大きかったから霊が憑く・・とか、
地元に帰るときは、浄化してから帰らないといけない・・とか、

そういうことを言う人がおる。

そんな話を聞くと、そんなこと言うなら来んでくれ! といいたくなる。

ここでどれだけの人が亡くなったか・・

人を助けようとして犠牲になった人もおる。
わしの身内も知り合いも親戚も亡くなっとるんよ。

それを幽霊扱いにして気味悪がって・・・


その話を聞いたとき、おじさんのいうとおりだ・・・

と思いました。

私は、阪神淡路大震災を知っているとは言うものの、怖い思いはしたが我が家は大した被害もなかった。

東日本大震災は、地震の後に津波があり、原発のメルトダウンも起こった。

おじさんがいってた

「そんなこと言うなら来んでくれ」

といってた来んでくれの一員だった。私も・・・とおもった。
何も解ってなかった自分に気づいた。そうして申し訳ない思いになった。

テレビで見て知っているのと、現地とでは全く違う。

その地に立ったことで、おじさんの話を聞いたことで、知っているからリアリティーが少しだけ上乗せされた。

ほんの少しだが・・


IMG_9104.JPG

もう一つ心に残る話があって・・・

亡くなった方は大勢いて、やっと見つかっても火葬までに時間がかかって・・・
土葬にしようかという話もあって・・・
死体ばかりを安置する場所があって、火葬を待っている間に遺体は変わり果てていく・・・

と・・・


そんな現実も経て、今に至っている。

生き地獄のような世界を目の当たりにして、歯を食いしばって今まで生きてこられた。


子の鳥居から見る景色は、工事中の街と海。

この山にある神社から、波に飲み込まれる街を眺めていたんだろうなぁ・・・

何もできない、どうすることもできない現実をただ見ているしかなかったんだろうなぁ・・・

途方に暮れて・・・

絶望して・・・

生き残った罪悪感を抱えて・・・

日々を過ごすだけで精いっぱいで・・・


そんな中から今現在は、道路が綺麗になって、土地をかさ上げして、鉄道はもう少し内陸に入って、堤防がより高くなって・・・

一人では何もできないかもしれないが、みんなで頑張ればここまで復活するんですね。

凄いなぁ・・・と思いました。

見るものが同じになり、同じ方向を向きながらともに歩きだすと、1+1=2ではなく、掛け算以上になる。

素晴らしいなぁ・・・と思いました。

また必ず行きます。

私にとっては、とても大きなギフトをいただきました。

身体の奥深くが揺さぶられる体験でした。





∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
心彩  からのお知らせ

・体験してみたい方へ
ボディサイコセラピー体験ワークショップ
インナーチャイルド体験ヒーリング

・自分自身をしっかり見つめたい方へ

ブレスワーク

リバーシング
ドリームワーク
個人セッション →随時

・お問い合わせ→info☆kokoaya.com  ☆を@に変えてください