5/4ブレスワークを終えて | 大阪のトラウマケア・インナーチャイルドセラピー・トランスパーソナルセラピーは心彩

大阪のトラウマケア・インナーチャイルドセラピー・トランスパーソナルセラピーは心彩

大阪の心彩は、トラウマに関する心理療法・トランスパーソナルセラピーボディ・ボディサイコセラピー・インナーチャイルドセラピーを行っています。ゲシュタルトなどの心理療法・セラピーにかかわって20年以上です。


テーマ:

ブレスワークはとても面白い。

ほぼ言葉を交わさずに、ワークが進んでいく。

深くて早い呼吸をすることで、身体の奥底にしまい込まれた感情が浮上しだす。
その際、筋肉の鎧化と呼ばれるストッパーが作動する。
ショートブレスでは、そのストッパーをボディアプローチで解除して、感情解放を促す。


呼吸がどのように入っているか
呼吸のペースは
肺と腹がどのような動きになるか
筋肉はどのような動きをしているか、
腕や足の様子は…
無力化していないか、

葛藤を起こしていないか
腕の動きの妨げは、ハートチャクラと関係しているため、肩甲骨の間にブロックはないだろうか
眉間のシワから察することは
頬の色、筋肉から感じるものは
顎の緊張度合いは
喉のブロックは
首の硬直は…
それぞれの関節

身体はありとあらゆる箇所で、感情の浮上を妨げている。
それは、身体が良かれと思いやっている自身を守るための手段。


ブロックが外れると、傷ついたインナーチャイルドが現れることもある。



オープンそうに見える方の関節周辺部筋肉に触れると、ギシギシいい出したりすることがある。
深部での硬直。
この場合は、恐怖を伴うことがある。
あるいは他者のためには動けても、自身の素直な欲求に対すりブロックがあったりもする。
そうなってくると、傷つき度が深ければ、自身の存在否定に繋がることが多い。

感情が伴わず、ただただ涙が出る場合もある。
その場合は、横隔膜で骨盤底の感情が浮上しないようにしている可能性が高い。


今回のブレスワークにもたくさんのドラマがありました。

ご参加ありがとうございました。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
心彩  からのお知らせ

・体験してみたい方へ
ボディサイコセラピー体験ワークショップ
インナーチャイルド体験ヒーリング

・自分自身をしっかり見つめたい方へ

ブレスワーク

リバーシング
ドリームワーク
個人セッション →随時

・お問い合わせ→info☆kokoaya.com  ☆を@に変えてください

大阪の心理療法ルーム心彩セラピストがっちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ