自社が美容室検索サイトに登録しない理由 | Garret《公津の杜 美容室》

Garret《公津の杜 美容室》

〜成田市,公津の杜にある炭酸泉を使用する美容室〜


テーマ:
電車で移動中なのでこんな時に考えてた事を綴ります。

表題の件ですが

様々な理由があるわけで

まずは自社が検索サイトの中のいち美容室になってしまうこと、
各地域から検索をかけると何件かヒットしますよね?

主観ですがそのページのレイアウト、バックスクリーンはあくまでもその検索サイトのイメージなわけで見るひとからみたらそこに個性やらしさみたいなものを感じにくいかなって。

{EA99E155-8771-4E0D-8548-CE7EF17A13BE:01}

こんな感じ。

モチベーションも変わる。
そもそもご新規様が安い価格設定になっていることが多く固定客の皆様に申し訳ない気持ちになる。本来であれば固定客のお客様、リピーターのお客様のがサービスされて当然なのかなって。
ご新規様には正当な価格で確かな技術を提供した上で判断していただきたいし、自分自信のモチベーションにも繋がるって考えています。

費用対効果、集客率、来店動機が逆にわかりにくいのではないかという点
ネット経由で来店されるお客様にも色々なケースがあります。
通りがかりで雰囲気をみて検索
地域名+美容室で検索
ご紹介されて検索
こういったユーザーの皆様が検索サイトから入店されると自社の店舗力や人脈とかスキルみたいなものが一本化されてしまう為、本来の店舗力がわかりにくい。

SEO対策でなんてことなく差別化を図れる。
都内だとかなり難しくなるけど地域柄そこまで競争率が激しくない為、1ページ目に自社のHPを表示しやすくまた雰囲気も伝わりやすい。

よくHP業者等々から営業の電話がきますが
そもそもお店の雰囲気、電話番号、所在地、料金が明確であればいいんじゃないかなとも思う。

もちろん検索サイトに登録して売上を伸ばしている美容室様もあるし、集客のツールとして利用することに批判的でもないんです。
実際にオープン当初は自社も利用しました。
利用した上で今の考えに至るわけで…

個人的には最終的に集客に困ったら使う兵器みたいな考えです。

改めて店舗力を再確認する為にも
そういう選択肢があってもいいかもしれないですね。

引き続きお客様がお友達やご家族をご紹介したくなるサロンを目指していきたいと思います。 

Garret





Garretさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります