不妊治療しませんでした

不妊治療しませんでした

たった2年で妊活をやめた夫婦の記録


猫しっぽ猫からだ猫からだ猫からだこれまでの経緯猫からだ猫からだ猫からだ猫あたま

 

2017年6月・・・妊活開始

2018年4月・・・妊娠

2018年5月・・・流産

2018年5月・・・中等度異形成発覚 

2018年7月・・・2度目の妊娠左差し今ココ

 

猫しっぽ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫あたま

※しばらく陽性後の話が続きますが、不快な方はリターンか第一話をお読みください。

「迷惑をかけた。」

 

切迫流産とはいえ、退職前とはいえ、

 

急に2週間休んで迷惑をかけたという気持ちが大きかった。

 

そして業務でも力仕事は免除してもらっている。

 

その分、他の人がその仕事を多く請け負っている。

 

・・・迷惑をかけている。だからやっぱり残業くらいはしなきゃ。

 

職場にも、お腹の子にも迷惑をかけている気がして、罪悪感でいっぱいだった。

 

この頃、妊活や妊娠、子育てと仕事の関係について、ものすごく考えた。

 

妊娠中に限らず、不妊治療中や子育て中でも、急に仕事を休んだり早退したりすることが多いと思うけど、

 

それって、

 

「迷惑をかけている」のか?

 

それとも

 

「当然の権利」なのか?

 

もちろん休んで当然!みたいな態度はよろしくないとは思うけど、ここまで罪悪感を感じなくてはいけないものなのだろうか。

 

妊活したり、出産したり、子育てすることって、迷惑をかけることなんだろうか。

 

そもそも迷惑をかけると分かっているのなら、仕事なんて辞めるべきなんだろうか。

 

実際私も、妊婦さんが急に休んだ分の穴埋めをして、大変だった経験がある。

 

なんで独身だからって理由で、こっちに仕事ふるの?って思ったこともある。

 

(つーか、私より早く帰ってる男がいるんだから、そっちにさせろよ!って思ったりもしたな・・・。なにせ男女格差が根強い職場だったので。)

 

その大変さを知っているから、自分が逆の立場になった時、どうしても迷惑をかけているとしか思えなかった。

 

そんな中、社会の風潮は、

 

「子どもはたくさん産め!」

 

「女性もいっぱい仕事して!」

 

「そこらへんのいざこざは、各職場で何とか乗り切って!」

 

・・・もうね、考えても考えても答えを出せず、堂々巡り。

 

このジレンマで悩むのは、なんでいつも女性なんだろうね。

 

いつか答えが出る日が来るんだろうか。

 

 

【ダイエットブログやってます↓↓】

【日常ブログやってます↓↓】

【フォローしてね】

 

【ブログランキング登録中】

応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村 家族ブログへ

猫しっぽ猫からだ猫からだ猫からだこれまでの経緯猫からだ猫からだ猫からだ猫あたま

 

2017年6月・・・妊活開始

2018年4月・・・妊娠

2018年5月・・・流産

2018年5月・・・中等度異形成発覚 

2018年7月・・・2度目の妊娠左差し今ココ

 

猫しっぽ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫あたま

※しばらく陽性後の話が続きますが、不快な方はリターンか第一話をお読みください。

あなたなら、どうする?

 

この状況、あなたならどうする?

 

妊娠初期・・・

 

切迫流産診断からの仕事復帰・・・

 

先生からは仕事復帰OKの許可あり・・・

 

残業約4時間(21時ごろまで)×月初の3日間・・・

 

遅くなるのは月初の3日間のみ・・・

 

業務は担当制ではなく、みんなで一斉に終わらせるデスクワーク・・・

 

退職まで約2週間・・・

 

私以外の妊婦さんは、先月も残業してる・・・

 

出産経験の先輩も、妊娠中でも遅くまで残業していた・・・

 

もしこれで流産することになれば、2度目の流産・・・

 

この状況で、残業する?しない?

 

どっちが正しいとか間違いとか、ないと思う。

 

人それぞれ考え方違うんだから。

 

単純に他の人の意見を聞いてみたい。

 

ただコメント欄解放すると、案件が案件だけに炎上しそうで怖いわw

 

・・・残念滝汗

 

 

【ダイエットブログやってます↓↓】

【日常ブログやってます↓↓】

【フォローしてね】

 

【ブログランキング登録中】

応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村 家族ブログへ

猫しっぽ猫からだ猫からだ猫からだこれまでの経緯猫からだ猫からだ猫からだ猫あたま

 

2017年6月・・・妊活開始

2018年4月・・・妊娠

2018年5月・・・流産

2018年5月・・・中等度異形成発覚 

2018年7月・・・2度目の妊娠左差し今ココ

 

猫しっぽ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫あたま

※しばらく陽性後の話が続きますが、不快な方はリターンか第一話をお読みください。

未だに答えは分からない・・・あせる

 

仕事復帰する頃は、月初めの忙しい時期。

 

残業は絶対に避けられない時期だった。

 

仕事なら代わりの人間がいるけど、母親の代わりはいないという事実。

 

だから母体を優先すべきという意見。

 

私が残業しない分、その代わりに仕事を多く請け負わなくてはならない人がいるという事実。

 

残業を免除してほしいんなら雇用形態を変えればいいという意見。

 

都心では少なくなったこの考え方も、田舎ではまだまだ普通にまかり通っている現状。

 

母体に影響が出たら、自己責任という意見。

 

そもそも仕事やストレスに関係なく、流産するかどうかは、すでに決まってしまっているという意見。

 

どれが正しくて、どれが間違っているのか・・・。

 

これを書いている今でも、私はその答えを出すことはできない。

 

そしてこの時、私は・・・

 

 

【ダイエットブログやってます↓↓】

【日常ブログやってます↓↓】

【フォローしてね】

 

【ブログランキング登録中】

応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村 家族ブログへ