苫小牧市TA様邸 植栽と防草シート+ウッドチップ | ガーデニングおじさんのつぶやき日記

ガーデニングおじさんのつぶやき日記

苫小牧市を中心にガーデニング・エクステリア工事をやっている中で、日々の出来事や感じた事をだらだらと書いていきます。(参考HP http://www.cgkikaku.com/ 「クリーン&グリーン企画」で検索)

9/20、TA様邸の植栽と植栽部防草シートの施工をはなぐるま さんに手伝ってもらって行いました。自分が作業していると、写真を撮り忘れてしまいます。9/20の終了状況を9/21撮りました。

TAさんのお庭にあった花木は、ブドウ、ライラック、グズベリ、紫陽花、クリスマスローズ、ホスタ、ラベンダー、ツツジ。新しく植えたのは、ヤマボウシ サトミ(赤花)、エゴノキ、コデマリ、ユキヤナギ(ピンク)、シャラ、シモツケ リトルプリンセス、アジサイ アナベル、斑入りヒメウツギ、シマススキ、風知草、アスチルベ ドイチュランド、アスチルベ ピンクブロッサム。バラは、ゴールデンボーダー、メアリーローズ、サソンダースホワイト、クシェルの4株。ブルーベリーは、寒冷地向けのハイブッシュ系4種。

9/21に、防草シートの上にウッドチップを敷きました。植栽部の完成です。防草シートを敷いてあるので、雑草が生えずらく、管理のしやすい花壇となりました。ウッドチップは、紫外線による防草シートの劣化を防ぐと共に、夏季の乾燥防止、冬季の防寒効果があります。また、カラマツのウッドチップは、植物の種の発芽を抑制するので、雑草が生えずらくなります。

TA様がご自分で施行する防草シート+敷砕石も5号砕石を搬入したG工業さんが手伝ってくれたらしく、9/21の午後にウッドチップを敷に行った時には、綺麗に終わっていました。

後、庭芝の張芝もご自分でする事になっていましたが、今日9/23に無事張り終えました。

張芝部は、牛ふん堆肥18ℓ/袋を、1m2に1袋入れて、10cmの深さで混合し、転圧整地までを当方で行って、芝生は、TA様がご自分で張りました。芝生を張った後、表面に水が浮いてくるくらい散水して、板を置いて足踏みで転圧している写真です。

TA様がご自分でする作業は、終了です。

TA様お疲れさまでした。

工事は、物置横のオンコの選定が残っていますが、雨が降ってきたので明日行う予定です。

9/21から苫小牧市K様邸の工事が始まっており、忙しい日が続きそうです。