年末最終日にこっそりニュースをぶつけてきますが、不透水層汚染ダダ漏れ、PCBも全面検出されてこれで工事ができるはずがありません。
都知事選前にこのことを出さないあたりからして、「お。東京都も話が分かるな」などと勘違いしてはならないのは明らかです。

強行突破できないことをこそこそと大晦日に告白しているだけであり、油断は大敵です。

FNN
築地市場移転先の土壌汚染対策長引く 都、移転時期1年延期へ
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00237945.html
$Like a rolling bean (new) 出来事録-121231FNNニュース画像
$Like a rolling bean (new) 出来事録-121231FNN
$Like a rolling bean (new) 出来事録-121231FNN
$Like a rolling bean (new) 出来事録-121231FNN
東京都は、築地市場について、移転先の土壌汚染対策などが長引き、移転時期を1年延期する方針を固めた。
移転を予定している江東区豊洲の土地について、国が定めている基準の4万3,000倍のベンゼンが検出され、東京都は、これまでおよそ600億円かけて、汚染された土を取り除くなどの対策工事を行っている。
しかし、汚染された土の量が想定より4割ほど多かったことや、地中に残っている建物の基盤を取り除く作業に手間取り、都では、2015年3月までの移転計画を1年延期するという。
都は、2013年度の予算案に延期する計画を盛り込み、追加の対策に50億円以上かかるとしている。

こちらはNHKです。

築地市場移転 1年延期で調整
12月31日 11時22分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121231/k10014538791000.html
$Like a rolling bean (new) 出来事録-121231NHK
$Like a rolling bean (new) 出来事録-1212131NHK
東京都は、現在中央区にある築地市場を移転し、2年後の平成26年度中に江東区の豊洲に新しい市場を建設する計画でしたが、移転予定地での土壌汚染対策の工事に時間がかかっていることから、移転する時期を1年延期する方向で調整を進めています。

築地市場を巡っては、77年前に建設された建物が老朽化したことなどから、東京都はこれまで2年後の平成26年度中に江東区の豊洲にある40ヘクタール余りの土地に新しい市場を建設する整備計画を示していました。
ところが、新市場の移転予定地で行われてきた土壌汚染対策の工事が、地中からコンクリートの塊が出るなどして難航し、当初予定していた来年3月までに処理を終えるのが難しくなったということです。
このため、東京都は新市場の完成時期が平成27年度にずれ込むとして、移転する時期を1年延期する方向で調整を進めていてこれにともなって、今年度中に一部始まる予定だった新市場の建設工事についても見送られる見通しになりました。
東京都は、新市場の完成を延期する計画を来年度予算案に盛り込む方針で、年明け早々に猪瀬知事が判断する見通しです。


ずっとお読みの方からすればもう聞き飽きた、というところかもしれませんが、まずは、そもそも論としてこの官製地上げ移転(TPPも見据えた生鮮品市場流通の根本からの改変=食の投機化)を許してはならないのは明白であり、また、移転先の構想が(甚大すぎる汚染以外にも)あまりにめちゃくちゃなので、大卸すら難色を示していることなど、無理筋を遂行する上での不都合な事実が相変わらず報道されません。

真実の情報を伝えていかなくてはなりません。ただ、その100倍、1000倍の偽りのニュース・大本営発表・ジャンク情報で、本来の主権者の声を押し込めるマスメディアとの闘いがこの築地市場移転問題でした。

また、政権交代を壊滅させた一連の動き、そして震災と原発事故でも明らかになったように、この築地市場移転問題に限らず、マスメディア報道の洗脳作戦とはもはや本気で対峙しなくてはならない時期に至ったと考えます。

わたしたちは、主権者としての都政監視、国政監視などへの義務感を強くするとともに、そうした「硬め」な意気込みだけでなく、やわらかく緩やかで時に笑いもある連帯を大切にして、真に闘うべき相手を見間違えず、相互に力を補いあい、持続できる取り組みを続けていかねばと思います。

これは、言うにおよばず、憧れの誰かをヒーロー・ヒロインにする闘いでなく、または、自分たち自身が英雄やスターとして尊敬されるための自己実現の闘いでもありません。

特別に恵まれた環境に生まれなくとも、誰かを蹴落とし続ける狡猾な行動をしなくとも、権力におもねて自分にダブルスタンダードを課して白と黒を言い換え続けなくとも、または羨望される才能など持たなくとも、地球の営みからすればほんの一瞬しかない人生を誰もがまっとうできる社会を作りたいという、99%による99%のための闘いです。
(そして1%の方々も、専横への安住からできれば目を覚まして頂き、1対99の対立でなく、100%のための社会が作れれば。これはユートピアなのかもしれませんが、そんなことも思います)

昨年に続き、本当に想像の範疇を超えたあらゆることがあったこの2012年ですが、来年もめげず、たゆまず、進んでいきたいと思います。これからもよろしくお願いいたします。