アガリスクエンターテイメント第19回公演『時をかける稽古場』@サンモールスタジオ

見てきました。が、少し遅れた上にトイレとか行っちゃって、たぶん私が開演遅らせてしまいました…。申し訳ありません!



そんな罪悪感から言うわけではありません。
面白かったです。
2時間超えてましたが、あっという間でした。

丁度飽きてきた(言い方悪いですが)頃に、新しい要素というか、展開がくるので、いいリズムで飽きずに観れましたー。

タイムトラベルっていう非現実的なことを、テンション高くても恥ずかしくない描き方を出来てる素晴らしさもありました。


かつてないくらい美術もしっかりしてましたし、映像も使っていて、サンモールスタジオデビュー?に相応しい作品になったのではないかと…!

って私何様なんですかね。笑


キャストも魅力的でしたし、役の関係性も素敵でした。


個人的には津和野さんが、大倉孝二さんに似た芝居(というかツッコミ??)をされていて、好きでした。

さいとう篤史さん、感情的で面白かったです。
(思えばナイゲンの時も榎並さんといい感じの役でしたね。)

塩原さんの「おくりびと」面白かったなー。
カーテンコールでの挨拶も面白かったなー。「パンフレットにアンケートがはさまっておる」って言ってた(笑)のをコータさんだけがひろっててより面白かった。


前説後説の冨坂さんがいつになくえぇ声でしっかり喋っててかっこよかったです。



トリコロと本番かぶってるのであんまり宣伝したくないのですが(笑)、一応載せときますね(笑)




------------------------------------------------



アガリスクエンターテイメント第19回公演
『時をかける稽古場』
2014年6月7日(土)~6月15日(日)
@サンモールスタジオ
【概要】
⚫︎時間移動もの × 演劇現場もの で描く、”劇団という青春”‼︎
台本が遅すぎる若手劇団が、偶然見つけたタイムマシンを用いて「完成後の台本を取りに行く」演劇公演の為だけに、稽古場の中だけで、ひたすらみみっちく時をかける!「時間移動もの×演劇現場もの」というトリッキーな設定で、普遍的な「あの頃」を描く、青春群像・時間移動・SF・ワンシチュエーション・コメディ!

残りの【公演日程】
6/10(火)19:30
6/11(水)14:30■/19:30
6/12(木)19:30
6/13(金)14:30■/19:30
6/14(土)14:30/19:30
6/15(日)13:30/17:30

【料金】
《平日昼料金(■)》
予約券:2,500円 当日券:3,000円
《一般料金》
予約券:3,000円  当日券:3,500円

【割引】
●高校生料金:500円均一
高校生以下の児童生徒のお客様は予約・当日ともに500円でご入場頂けます(要学生証提示)
●リピーター料金:1,500円均一
本公演に一度ご来場頂いたリピーターのお客様は予約・当日ともに1,500円でご入場頂けます。
また、リピーターとご一緒にご来場のお客様も一律1,500円でご入場頂けます。(要半券提示)


【脚本・演出】
冨坂友
【出演】
淺越岳人
鹿島ゆきこ
塩原俊之
沈ゆうこ(以上、アガリスクエンターテイメント)
榎並夕起
熊谷有芳
甲田守
さいとう篤史
斉藤コータ(コメディユニット磯川家)
津和野諒
細井寿代
前田友里子


チケットはこちらから予約出来るようです。