HID LEDの取り付け 自分で付けれますか? | 広島の車屋さん キレイな車の専門店 ☆゚・garage I-MAXブログ☆゚・

広島の車屋さん キレイな車の専門店 ☆゚・garage I-MAXブログ☆゚・

広島の車屋さん“ガレージ アイ・マックス”の日記です☆
国産・輸入中古車・ドレスアップなど車の事ならなんでもお任せください^^!仕事のこと、プライベートの事まで日々の日記に☆
BOSSをはじめ、店長から事務員まで、ランダム更新してま~す♪

こんにちわ。

 

よくメールのお問い合わせで頂く質問。

 

自分で付けれますか?

 

簡単かどうかは人それぞれの感じ方ですが、如何でしょうか。

簡単に紹介します。

 

HID編


まず、タイヤを外します。ここまでしなくても作業は可能ですが、作業スペースが狭いので、結構苦労します。

 


手順です。
①車体下からバンパー側を見ます。

 


②ビスが3本あるので、取り外します。

 

③左右とも、タイヤハウス内にあるクリップ1個、エンジン側にあるカバーを、クリップを外して取り外します。ただし、高確率でクリップが破損しているので、予備が必要です。

 


こんな部品です。大きいのは、別のアンダーカバーです。

 


①タイヤハウスのカバーを引っ張り出します。

 

⑤HIDキットの取り付けに入ります。必ず画のように組み立てて全体像を把握してから作業に取りかかりましょう。こうすることで配線の取り回しや、バラストなどの固定位置など、この後の作業イメージがつかみやすくなります。

 

⑥画は運転席側です。バラスト・イグナイターの取り付け位置です。

 

⑦点灯テストをして、バルブを取り付ければ完成です。

 

 

LED編


LEDの取り付けそのものは、通常のハロゲンバルブと変わりません。ただし、バルブ後方のスペースに気をつける必要があります。画ではわかりにくいですが、ハーネスが覆い被さっていて、クリアランスはギリギリです。
 

画の上方から伸びるハーネスが干渉しています。念のため、タイラップで持ち上げ。
 
運転席側。ウォッシャータンクが邪魔をしているように見えますが、取り付けには、それほど支障はありません。

完了。

 

 

 

 

如何でしょうか。