こんにちわ。

 

今日、LEDライトを購入いただいたお客様より LEDライト交換後に

ラジオにノイズが出始めた。とのお問合せを頂きました。

 

 

昨今始まったことではなく、結構昔からある事なんですが、

このノイズについては、顕著に発生する場合とまったく気にならない場合と

いろいろとパターンがあり、一時になってくるとなかなか難しいものとなります。

 

 

そこで本日は改めて電子機器ノイズの発生原因とご自身でも行える対策方法について。

 

 

ライトをHID・LEDに変えると電子機器からノイズが出る理由

ごく稀ですが社外品に変えるとラジオ、オーディオ、バックカメラ等の電子機器にノイズが発生するケースや、またオートライト、コーナーセンサー、クリアランスソナーが正しく機能しないなどの症状が発生する場合があります。

このノイズの正体はHIDの場合、高電圧による機器への電波干渉。LEDの場合は発光させるためのスイッチング電源(ものすごい速さでON/OFFを繰り返して光を発生させる構造)が原因なんです!

ノイズは製品の異常ではない

そもそもノイズとはノイズの元と車両側のデジタル機器、車体の個体差によりノイズ音が増幅、同調してしまう事で発生する現象。つまり、製品と車の相性が悪いと発生してしまうものなのです。では一体どんな対策があるのかを次に説明します!

ノイズの対策方法

ノイズへの対策というと配線が原因と難しい印象を抱いてしまうかもしれませんが、方法は至ってシンプル。

HIDの場合→ノイズが出ている機器とバラストを遠ざけるまたは配線をアルミテープやシールドメッシュで保護して放電を遮るなどの対策を施す。

LEDの場合→ノイズが出ている本体を金属で覆うなどの対策を施す。

ポイントはノイズ事態を消そうとするのではありません!HID・LEDをデジタル機器から物理的に距離を設け、干渉しないようにしてあげるということです。作業内容も難しくはないので、ノイズが気になっている方はぜひ挑戦してみてください!